【ヨハネによる福音書連続講解説教】  辻 幸宏牧師

「あなたの息子は生きる」  ヨハネによる福音書4章43~54節



ヨハネによる福音書4章43~54節

  4:43 二日後、イエスはそこを出発して、ガリラヤへ行かれた。4:44 イエスは自ら、「預言者は自分の故郷では敬われないものだ」とはっきり言われたことがある。4:45 ガリラヤにお着きになると、ガリラヤの人たちはイエスを歓迎した。彼らも祭りに行ったので、そのときエルサレムでイエスがなさったことをすべて、見ていたからである。
  4:46 イエスは、再びガリラヤのカナに行かれた。そこは、前にイエスが水をぶどう酒に変えられた所である。さて、カファルナウムに王の役人がいて、その息子が病気であった。4:47 この人は、イエスがユダヤからガリラヤに来られたと聞き、イエスのもとに行き、カファルナウムまで下って来て息子をいやしてくださるように頼んだ。息子が死にかかっていたからである。4:48 イエスは役人に、「あなたがたは、しるしや不思議な業を見なければ、決して信じない」と言われた。4:49 役人は、「主よ、子供が死なないうちに、おいでください」と言った。4:50 イエスは言われた。「帰りなさい。あなたの息子は生きる。」その人は、イエスの言われた言葉を信じて帰って行った。4:51 ところが、下って行く途中、僕たちが迎えに来て、その子が生きていることを告げた。4:52 そこで、息子の病気が良くなった時刻を尋ねると、僕たちは、「きのうの午後一時に熱が下がりました」と言った。4:53 それは、イエスが「あなたの息子は生きる」と言われたのと同じ時刻であることを、この父親は知った。そして、彼もその家族もこぞって信じた。4:54 これは、イエスがユダヤからガリラヤに来てなされた、二回目のしるしである。




序.
 主イエスと弟子たちは、サマリアのシカルにおいて、女と多くの人々を救われ、二日間そこに滞在された後、再びガリラヤのカナに向かわれます。

Ⅰ.カナの記事を取り上げるヨハネ
 カナは主イエスが婚礼の席で水をぶどう酒に変える奇跡を行った場所です(2章)。カナは、他の福音書には出てこず、ヨハネ福音書のこの2つの箇所にしか出てきません。
 ヨハネ21:2では「カナ出身のナタナエル」と記されています。つまりカナの記事は、このナタナエルが鍵を握っています。この主イエスの弟子ナタナエルも、他にはヨハネ1:43以降で、フィリポの友人として主イエスの弟子となったことが記されているだけです。
 一方主イエスと弟子たちは、ユダヤからサマリアを経由してガリラヤに下ってこられたのですが、通過しているはずのナザレについても、カファルナウムについてもヨハネは語りません。5章に入ると主イエスは、再びユダヤのエルサレムに上って行かれるのです。
 こうしたことを考え合わせると、2章と4章にある二つのカナの記事は、主イエスの宣教活動の初期の段階に行われた奇跡であり、それをヨハネはナタナエルから聞き取り、ヨハネがまとめて記しているのではないかと推測することが出来ます。

Ⅱ.人々の主イエスへの態度
 さて44節で、主イエスは自ら「預言者は自分の故郷では敬われないものだ」とはっきり言われます。「はっきりと言う」とは、「証言する」です。御言葉を語る使命を帯びる主イエスの生き方の厳しさが示されています。つまり神の御子として、本来は敬われて当然なお方です。しかし現実はその反対に、侮辱され、排斥され、迫害されるのです。つまりメシアとして受け入れられることはないと、主イエスは御自身の口で語っておられるのです。
 一方、45節でガリラヤにお着きになると、ガリラヤの人々はイエスを歓迎します。おそらくカナの人々は、主イエスが前に行われた奇跡を知っていたのではないでしょうか。
 この主イエスの証言と人々の歓迎の両極端な姿を、私たちは覚えておかなければなりません。主イエスがここで語られたことの真意が、後からはっきりしてくるのです。

Ⅲ.役人の信仰
 そうした中、カファルナウムにいた王の役人は、主イエスがカナに来られたことを知るとカナに下ってきます。カファルナウムからカナは約30kmの道のりですから、当時は片道で一日を費やすほどの距離です。この役人がどれ程の決意で主イエスの所まで行こうとしたかを思い浮かべていただきたいのです。
 彼の息子は病気であり、医者にもさじを投げられていました。死んでいく子どもです。日本でも戦時中までは、子供は小さい頃に多くが亡くなっていたのです。だからこそ当時は、成人するまでは一人前の扱いをされることなく子どもは邪魔者だったのです。
 しかしこの王の役員は、息子の命を助けようと動きます。時間をかけ、労苦しても、イエスならば癒すことが出来るだろうと信じての行動です。藁にもすがる思いです。
 しかし主イエスは彼に何と語られたか?「あなたがたは、しるしや不思議な業を見なければ、決して信じない」(48)。役人に取って衝撃的な言葉です。この主イエスの言葉は、主イエスをメシアとして受け入れ信じようとしないユダヤ人に対して語られた批判です。彼らは奇跡を見ても信じないのです。出エジプトの時がそうでした。繰り返し主の御業を見ながら、彼らはモーセがシナイ山に登りいなくなると、偶像を造ったのです。主イエスは最初にカナで奇跡を行います。それに人々は賞賛し、主イエスを歓迎します。しかし彼らの多くは、主イエスをメシアとして受け入れることは出来なかったのです。
 一方サマリアでは、罪人とされていたサマリア人は、誰一人ユダヤ人である主イエスを歓迎することはありませんでした。しかし、一人の罪深い女が生きた水を得て、信仰に導かれたことをきっかけに、多くの人々が主イエスを信じて、信仰を告白したのです。
 主イエスは役人に問いかけられたのです。この役人は、この時は人々に奇跡を行うこともしていない主イエスを信じたのです。つまり役人の行動は、ガリラヤのユダヤ人たちではなく、むしろ異邦人であるサマリア人の姿と重ね合わせることが出来る行為です。そして役人は、主イエスの言葉に対して怒ったり、あきらめることなく、「主よ、子供が死なないうちに、おいでください」と願い続けます。信仰・祈りとは、忍耐が必要な時もあります。こうして主は、私たちの信仰を確認し、また私たちの信仰を養って下さいます。
 信じることは、継続的であり、永遠に続くものです。一時的に信じても、祈りがかなえられなければあきらめる、信じることを止めるのは、真の信仰ではありません。半信半疑に祈り続けるものでもありません。信じ切るのです。私たちは、有神論的人生観世界観の下に生きています。「飲むにも、食べるにも、何をするのも主の栄光のために行う」のであり、主なる神さまは常に私たちと共にいて下さいます。もちろん、信仰も山あり谷あり、神さまを信頼しきっている時もあれば、疑いつつ半信半疑になることもあるでしょう。しかし、それでもなお主なる神さまは私たちと共にいて下さり、最後に私たちの祈りは聞き届けられるのです。そのことを信じて私たちは祈るべきなのです。
 この役人の信仰告白に対して、主イエスは「帰りなさい。あなたの息子は生きる」と語られます。そうすると、役人は、イエスの言われた言葉を信じて帰って行きます。ここに私たちの求めるべき信仰があります。
 ヨハネは、主イエスが十字架の死から復活した時、主イエスの復活を信じなかったトマスについても語っております(21:24~29)。しるし・奇跡を見ることによって信じるのではなく、見ないのに主がお語りになる御言葉を受け入れ、信じる者でありましょう。


                                              (2009.7.19)


COPYRIGHT(C) 2009 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る