【ヨハネによる福音書連続講解説教】  辻 幸宏牧師

「起き上がりなさい」  ヨハネによる福音書5章1~9節



ヨハネによる福音書5章1~9節

  5:1 その後、ユダヤ人の祭りがあったので、イエスはエルサレムに上られた。5:2 エルサレムには羊の門の傍らに、ヘブライ語で「ベトザタ」と呼ばれる池があり、そこには五つの回廊があった。5:3 この回廊には、病気の人、目の見えない人、足の不自由な人、体の麻痺した人などが、大勢横たわっていた。5:3 (†底本に節が欠落 異本訳<5:3b-4>)彼らは、水が動くのを待っていた。それは、主の使いがときどき池に降りて来て、水が動くことがあり、水が動いたとき、真っ先に水に入る者は、どんな病気にかかっていても、いやされたからである。5:5 さて、そこに三十八年も病気で苦しんでいる人がいた。5:6 イエスは、その人が横たわっているのを見、また、もう長い間病気であるのを知って、「良くなりたいか」と言われた。5:7 病人は答えた。「主よ、水が動くとき、わたしを池の中に入れてくれる人がいないのです。わたしが行くうちに、ほかの人が先に降りて行くのです。」5:8 イエスは言われた。「起き上がりなさい。床を担いで歩きなさい。」5:9 すると、その人はすぐに良くなって、床を担いで歩きだした。その日は安息日であった。



序.38年間の病
 私たちにとって朝が来ると起き上がることは普通のことです。しかし、今日与えられた御言葉には、38年間、病気で苦しんでいる人がいます。彼は、足の不自由な人や体の麻痺した人などと一緒に横たわった状態に回廊に横たわっています。それだけ長い期間、病気であれば、病気が癒され、元気な姿になることなど、夢のまた夢であり、希望を失っていたのではないでしょうか。

Ⅰ.病気を癒す池
 このベトザタと呼ばれる池には5つの回廊がありました。二つの対になった池があり、四方と二つの池を分ける所に回廊が造られていたのです。この回廊に多くの病人が運ばれてきて横たわっていたのです。見るからに異様な風景です。
 しかし、彼らがここに運ばれてくるのには、理由があったのです。7節のこの男の言葉に答えが記されています(参照:5:3b~4(ヨハネ福音書巻末))。水が動いた時、最初に池の水に触れた者の病が癒されたからです。つまりこの池の水は、たまに自ら動くのです。間欠泉があり、地中にガスがたまり、それが上がってくる時に水が動くのです。私は諏訪におりましたが、諏訪では約1時間おきに間欠泉が何メートルも吹き上げ、観光客を喜ばしていましたが、この池もそうした間欠泉のようなものがあったのではないでしょうか。 しかも、水が動いた時に、真っ先に水に入る人は、病気が癒されたのです。まさに主が創り出した神秘であり、病人たちはこの池に希望を抱いていたのです。

Ⅱ.男のあきらめと、主イエス・キリスト
 ところで、この主の癒しの業に与ることが出来る人とはどういう人でしょうか? 水が動いて一番先に水の所に行くことの出来る病気の軽い人です。38年もの間、病気で苦しんでいる者にとっては、あきらめしかありません。周囲にいる人びとを確認して、「次はあの人だろう」と思い、自分の番はまだまだだと思います。次々他の病人も運ばれて来ます。本人にとっては病気が癒されるとは考えることも出来ない絶望の人生でした。ここで一生を終えるのだろうとの思いで、毎日、この池に運ばれてきていたのです。
 こうした絶望の人生を送っている男の前に、主イエスは立たれます。そして、主イエスはこの男に「起き上がりなさい」と命じられます。男にとって、最初、何が語られたのか、理解できないことであったでしょう。しかし、見るからに手が、足が、そして体全体の病気が癒され、健康な体が回復する状況を理解することが出来たのです。だからこそ、彼はすぐに床を担いで歩き出すのです。つまり、主イエスはこの男に病気の癒しを行いますが、この男にとっては、単に病気が癒されただけではありません。絶望から希望に、死に行く者が生きる者へと変えられたのです。

Ⅲ.苦しみの中に光る希望
 しかし、今日の御言葉が与えられた私たちは、素晴らしい感動的な御言葉を読んだ、それで終わっては何もなりません。私たちは「自分は不幸だ」、「こんなこと誰にも話せない」、「理解してもらえない」、「自分だけ何でこれだけ働き時間がないのか」と思い、悲劇のヒーロー、悲劇のヒロインであろうとします。これはいわば不幸である自分を誇ります。他人をうらやむのと裏返しに、自分の不幸を自慢し、納得させようとするのです。
 しかし、私たちは、この男を癒された主イエスがどの様なお方であるか、はっきりと知るべきです。御自身、十字架の死を遂げられながらも、三日目の朝に復活し、甦られ、死に打ち勝たれたお方です。そして主イエスは、ユダヤ人たちにこの様に語ります。5:24~25 はっきり言っておく。わたしの言葉を聞いて、わたしをお遣わしになった方を信じる者は、永遠の命を得、また、裁かれることなく、死から命へと移っている。はっきり言っておく。死んだ者が神の子の声を聞く時が来る。今やその時である。その声を聞いた者は生きる。
 生涯を絶望の内に終えようとしている男の横に立たれ、いやして下さった主イエスは、この御言葉を通して私たちと共にいて下さいます。この男の癒しを信じる者は、この男と同じように死から命へと移されているのです。主イエスは、あなたはもう死に行く者ではなく、永遠の生命に生きる者であると宣言して下さいます。ここに真の希望があります。
 そればかりではありません。今も、キリストは私たちと共にいて下さり、私たちの苦しみを共に担って下さっています。
 この病気が癒された男は、この後どうなるでしょうか。今までは、まがりなりにも家族によって食べさせていただき、世話をしてもらっていました。しかし、病気が癒されたことを知った家族は共に喜ぶと同時に、この男への援助を止めるのです。つまり男は、その日から生活をするために働くことが求められたのです。男は「なんで、癒したんだ。希望はなかったが、池の前に横たわっている方が楽であった」と不平不満を語ったでしょうか。それ以上に、生きる喜びがありました。働くことによる労苦は、自分一人で担っているのではなく、病気を癒し命をお与え下さったキリストが共に担って下さっていることを知っていました。だからこそ男は苦しみの中にも喜びが伴うのです。
 それでもなお「自分が一番苦しい、不幸だ。最低だと」の声を発する時、私たちは、この苦しみを共に担っていて下さるキリストを忘れているのです。自分の不幸を他人の責任、神の責任になすりつけることにより、不信仰というその本当の苦しみをキリストに背負わせているのです。
 主イエス・キリストは、この男の病気を癒し、そして共に歩み続けて下さったのです。それと同時に、キリストは、今、私たちと共にいて下さいます。私たちを死から生命へと移し、さらに苦しみを覚えている私たちと共にいて下さり、私たちの苦しみを担っていて下さいます。私たちに生命を与え、苦しみを担い続けて下さるキリストの姿を、是非、避けずに御覧頂きたい。キリストと共に生きることを感謝し喜びましょう。

                                              (2009.7.26.)


COPYRIGHT(C) 2009 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る