【ヨハネによる福音書連続講解説教】  辻 幸宏牧師

「主の試み」  ヨハネによる福音書6章1~15節



ヨハネによる福音書6章1~15節

  6:1 その後、イエスはガリラヤ湖、すなわちティベリアス湖の向こう岸に渡られた。6:2 大勢の群衆が後を追った。イエスが病人たちになさったしるしを見たからである。6:3 イエスは山に登り、弟子たちと一緒にそこにお座りになった。6:4 ユダヤ人の祭りである過越祭が近づいていた。6:5 イエスは目を上げ、大勢の群衆が御自分の方へ来るのを見て、フィリポに、「この人たちに食べさせるには、どこでパンを買えばよいだろうか」と言われたが、6:6 こう言ったのはフィリポを試みるためであって、御自分では何をしようとしているか知っておられたのである。6:7 フィリポは、「めいめいが少しずつ食べるためにも、二百デナリオン分のパンでは足りないでしょう」と答えた。6:8 弟子の一人で、シモン・ペトロの兄弟アンデレが、イエスに言った。6:9 「ここに大麦のパン五つと魚二匹とを持っている少年がいます。けれども、こんなに大勢の人では、何の役にも立たないでしょう。」6:10 イエスは、「人々を座らせなさい」と言われた。そこには草がたくさん生えていた。男たちはそこに座ったが、その数はおよそ五千人であった。6:11 さて、イエスはパンを取り、感謝の祈りを唱えてから、座っている人々に分け与えられた。また、魚も同じようにして、欲しいだけ分け与えられた。6:12 人々が満腹したとき、イエスは弟子たちに、「少しも無駄にならないように、残ったパンの屑を集めなさい」と言われた。6:13 集めると、人々が五つの大麦パンを食べて、なお残ったパンの屑で、十二の籠がいっぱいになった。6:14 そこで、人々はイエスのなさったしるしを見て、「まさにこの人こそ、世に来られる預言者である」と言った。6:15 イエスは、人々が来て、自分を王にするために連れて行こうとしているのを知り、ひとりでまた山に退かれた。



序.
 ヨハネによる福音書は共観福音書とは異なり独自の出来事が記されています。しかし今日与えられた5000人養いは、すべての福音書で取り上げられています。またさらにマタイ15章、マルコ8章では別に4000人養いが記されています。この事実は、今日取り上げられているこの出来事が、とても重要なことであることを物語っているのではないでしょうか。

Ⅰ.予想を超えて集まったガリラヤ人たち
 主イエスは、エルサレムにおいて奇跡を行われ、ユダヤ人たちと論争をされてきましたが(5章)、6章に入り、ガリラヤにおける出来事が記されています。そしてエルサレムではユダヤ人たちには受け入れられなかった主イエスが、ガリラヤの人々には受け入れられたのです。男性だけで5000人であり、女性や子供たちを含めれば1万人を超えていたことでしょう。それだけの人々が主イエスを追って来たのです。食事の時間を忘れるほど、彼らは主イエスを求めていたのです。
 私たちは、先日、中会設立50周年記念信徒大会を行いました。私たちが安心して参加することが出来たのは、プログラムや食事・宿泊などの準備が十分に整えてあったからです。
 一方、主イエスの周辺では1万人の人々が集まることは想定されていません。そして食事の準備すら行われていません。そうした中、主イエスはフィリポに問いかけます(5)。主イエスは、人々の空腹を無視して、癒しや福音を語り続ける様なお方ではありません。
 フィリポは、200デナリオン(デナリオン=日給)が必要であると現実的に答えます(7)。彼は現実的に解決する能力があったことを示します。

Ⅱ.弟子たちへの試み
 しかし、主イエスの狙いはフィリポを試みるためでした(6)。しかし、主イエスが弟子たちに求めておられることは、目の前におられるお方が誰であるかを確認することです。
 弟子たちは、毎日何を目撃してきていたのか。1万人もの人々が、なぜ大挙して押し寄せてきたのか。主イエスは人々の病気を憐れみ、癒し、救いの宣言を行われてきたのです。サマリアの女に罪の赦しと救いを宣言し、命の水をお与え下さったのです。つまり、弟子たちの前におられるイエスは、真の救い主です。そして弟子たちは、メシアとしてのしるしを示される主イエスと共に歩んできたのです。ユダヤ人たちはイエスがメシアであることを拒絶しましたが、あなたたちはどの様に思っているのかが問いかけられているのです。

Ⅲ.私たちの救い主
 イエスがメシアであれば、人々の空腹を満たすこともお出来になることがお出来になるのです。出エジプトを果たしたイスラエル人は、壮年男子だけで60万人(12:37)でした。彼らは結果として40年もの間、荒れ野をさ迷い歩きますが、その間イスラエル人は飢え渇きを覚えることはなかったのです。主がイスラエル人を養うために、マナとうずらと水をお与え下さい続けたからです。
 十戒の序文に、「わたしはあなたの神、主であって、あなたをエジプトの地、奴隷の家から導き出した者である」とあります。私たちに救いをお与え下さる主なる神さまは、何も持たない出エジプト時のイスラエル人に日々の食事をお与え下さったのと同じように、わずかなパンと魚により1万人の人々を養われたのです。
 この主イエス・キリストは、今私たちと共にいて下さいます。そうであるならば、私たちは、現実に嘆くばかりではいけないのです。確かに日本の教会、そして私たちの教会は、小さく、力がありません。経済的にも援助を受けなければなりません。しかしないことを嘆くのではありません。主イエスは、私たちの必要を満たす力を持っておられます。
 私たちはすでに与えられたものを用いて、必要な奉仕、準備を行うことは出来ます。しかし私たちに出来ることは限られています。だからこそ私たちは自分の力ですべてを行おうとするのではなく、主を信じ、主に委ね、求めることです(参照:マタイ7:7~8:「求めなさい。そうすれば、与えられる。探しなさい。そうすれば、見つかる。門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。だれでも、求める者は受け、探す者は見つけ、門をたたく者には開かれる。」)
 私たちは今から聖餐式に与ります。主は人々を養って下さったように、主を信じる私たちに神の国における永遠の養いをお与え下さいます。主は私たちを永遠の生命、永遠に続く晩餐に招いて下さっているのです。このことを私たちが受け入れる時、私たちは、今日のこと、明日のことを煩う必要はありません。主が必要を整え、満たして下さいます。現状を嘆くのではなく、私たちの思いを超えて働いて下さる主なる神さまを信じましょう。
                                              (2009.10.11)


COPYRIGHT(C) 2009 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る