【ヨハネによる福音書連続講解説教】  辻 幸宏牧師

「主に委ねた結果」  ヨハネによる福音書6章1~15節



ヨハネによる福音書6章1~15節

  6:1 その後、イエスはガリラヤ湖、すなわちティベリアス湖の向こう岸に渡られた。6:2 大勢の群衆が後を追った。イエスが病人たちになさったしるしを見たからである。6:3 イエスは山に登り、弟子たちと一緒にそこにお座りになった。6:4 ユダヤ人の祭りである過越祭が近づいていた。6:5 イエスは目を上げ、大勢の群衆が御自分の方へ来るのを見て、フィリポに、「この人たちに食べさせるには、どこでパンを買えばよいだろうか」と言われたが、6:6 こう言ったのはフィリポを試みるためであって、御自分では何をしようとしているか知っておられたのである。6:7 フィリポは、「めいめいが少しずつ食べるためにも、二百デナリオン分のパンでは足りないでしょう」と答えた。6:8 弟子の一人で、シモン・ペトロの兄弟アンデレが、イエスに言った。6:9 「ここに大麦のパン五つと魚二匹とを持っている少年がいます。けれども、こんなに大勢の人では、何の役にも立たないでしょう。」6:10 イエスは、「人々を座らせなさい」と言われた。そこには草がたくさん生えていた。男たちはそこに座ったが、その数はおよそ五千人であった。6:11 さて、イエスはパンを取り、感謝の祈りを唱えてから、座っている人々に分け与えられた。また、魚も同じようにして、欲しいだけ分け与えられた。6:12 人々が満腹したとき、イエスは弟子たちに、「少しも無駄にならないように、残ったパンの屑を集めなさい」と言われた。6:13 集めると、人々が五つの大麦パンを食べて、なお残ったパンの屑で、十二の籠がいっぱいになった。6:14 そこで、人々はイエスのなさったしるしを見て、「まさにこの人こそ、世に来られる預言者である」と言った。6:15 イエスは、人々が来て、自分を王にするために連れて行こうとしているのを知り、ひとりでまた山に退かれた。




序.
 前回に引き続き、5000人養いの箇所から聞きます。前回は、「持っていないこと」を嘆くのではなく、必要を主に委ね、祈ることこそが大切さであることを語りました。

Ⅰ.主イエスのしるし
 ガリラヤに戻られた主イエスの所に、男性だけで5000人、総勢1万人を超す人々が、熱狂的に集まっていました。そして、主イエスが彼らに食事を与える奇跡を行うことにより、人々の熱狂は最高潮を迎え、イエスを王にするために働きかけることとなります。
 しかし主イエスはひとりで山に退かれます(15)。それは彼らが「しるしを見たからではなく、パンを食べて満腹したから」(26)です。人々は、主イエスが食事に与るという肉的なことにしるしを見て預言者であると確信しましたが、肉的なことに留まってはなりません。むしろ主イエスが語られるしるしとは、目に見えない大いなる奥義であります。それは、主によって食事に招かれることにより、キリストに繋がり、信仰を確認することです。
 主イエスは、十字架にお架かりになる前の夜、弟子たちと共に最後の晩餐に与り、主の晩餐を制定されました。ルカ福音書を例に取ると、5000人養い、最後の晩餐、エマオの途上があり、新約の教会の主の晩餐へと繋がります。しかしこのヨハネによる福音書は、最後の晩さんの出来事を書き残しません。しかし6章22節以降、命のパンについて記します。そして21章において復活の主イエスが弟子たちの前に現れ、漁における大漁をもたらし食事を取る所に飛ぶのです。つまりヨハネは、この主イエスの5000人養いのしるしと神によって与えられる永遠の生命を結びつけ、説明しようとしているのです。

Ⅱ.キリストの十字架によって満たされている罪の赦しと救い
 主イエスは、人々に食事をもてなし、すべての人々が満腹になりました。つまり、私たちが主イエスによって招かれる食卓には、有り余る食事が用意されています。そして主の食卓に招かれた私たちは、欲しいだけ、満腹になるまで食べることが出来ます。もちろん、私たちが礼拝の主の晩餐において食すパンとぶどう酒はわずかな量です。しかしこれはあくまでしるしであり、主イエスがお招き下さる神の国の食卓には実際に豊かな食卓が準備されているのです。つまり、主イエスへの信仰を告白し主の晩餐に与ることは、食事をとって満腹になるように、霊的に信仰的に満たされ、神の恵みに生きることが出来るのです。
 つまり主イエスの食卓に与ることは、主なる神さまとの十分な霊的に繋がり、罪の赦し、永遠の生命の約束が十分に与えられていることを確認することです。この救いの約束を、主はキリストの十字架によって私たちにお与え下さったのです。
 カトリック教会では、ミサに与ることにより、霊的な力が注がれることを教えます。しかしそうではありません。罪の赦しと救いは、キリストの十字架の御業により完全に成し遂げられています。そして私たちは、主の御前に信仰を告白し洗礼を授かることにより、完全なる罪の赦しをすでに得ており、神の子として、永遠の生命に既に与っているのです。改革派教会でも礼拝出席を求め、特に聖餐式のある礼拝に出席を求めます。しかしそれは、主なる神さまを礼拝することを神さま御自身が望んでおられるからであり、被造物である私たち人間の最も祝福された状態が礼拝にあるからです。私たちは主の晩餐に与ることにより、主による罪の赦し、救い、永遠の生命が、すでにキリストの十字架によって与えられていることを確認するのです。だからこそ、私たちは主の御前に礼拝を献げ、主による晩餐に招かれる事により、救いの感謝と喜びに満たされるのです。ミサに出席する行為を通して、救いを獲得するのではないのです。主を愛し、主を礼拝し、主の食卓に与ること、また隣人を愛し、善き業を行っていくこと、それらはすでに与えられている主による救いの感謝の応答です。喜びをもって主に仕えていく姿の表れです。

Ⅲ.残ったパン
 主イエスは人々に食事を振る舞った後、弟子たちに「少しも無駄にならないように、残ったパンの屑を集めなさい」と語られました。「無駄にする」とは、「滅びる」とも訳されます(参照3:16,10:28,17:12,18:9)。パンのかけらが一つも無駄にしないことは、キリストの恵みの下に置かれている人が一人も滅びないで永遠の生命を得ることの確かさを語っているのかと思います。神の子は、神のご計画に定められています。その全ての民が主の御前に集められる時を主は待っておられます。ここで残ったパンとは、まさにまだここには集められてはいないが、主によって集められるべき神の民のことです。残ったパンが12籠であったことは、「全員」であることを象徴しています。

                                              (2009.10.18)


COPYRIGHT(C) 2009 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る