【ヨハネによる福音書連続講解説教】  辻 幸宏牧師

「命をお与え下さる神さま」  ヨハネによる福音書6章22~33節



ヨハネによる福音書6章22~33節

  22 その翌日、湖の向こう岸に残っていた群衆は、そこには小舟が一そうしかなかったこと、また、イエスは弟子たちと一緒に舟に乗り込まれず、弟子たちだけが出かけたことに気づいた。23 ところが、ほかの小舟が数そうティベリアスから、主が感謝の祈りを唱えられた後に人々がパンを食べた場所へ近づいて来た。24 群衆は、イエスも弟子たちもそこにいないと知ると、自分たちもそれらの小舟に乗り、イエスを捜し求めてカファルナウムに来た。25 そして、湖の向こう岸でイエスを見つけると、「ラビ、いつ、ここにおいでになったのですか」と言った。26 イエスは答えて言われた。「はっきり言っておく。あなたがたがわたしを捜しているのは、しるしを見たからではなく、パンを食べて満腹したからだ。27 朽ちる食べ物のためではなく、いつまでもなくならないで、永遠の命に至る食べ物のために働きなさい。これこそ、人の子があなたがたに与える食べ物である。父である神が、人の子を認証されたからである。」28 そこで彼らが、「神の業を行うためには、何をしたらよいでしょうか」と言うと、29 イエスは答えて言われた。「神がお遣わしになった者を信じること、それが神の業である。」30 そこで、彼らは言った。「それでは、わたしたちが見てあなたを信じることができるように、どんなしるしを行ってくださいますか。どのようなことをしてくださいますか。31 わたしたちの先祖は、荒れ野でマンナを食べました。『天からのパンを彼らに与えて食べさせた』と書いてあるとおりです。」32 すると、イエスは言われた。「はっきり言っておく。モーセが天からのパンをあなたがたに与えたのではなく、わたしの父が天からのまことのパンをお与えになる。33 神のパンは、天から降って来て、世に命を与えるものである。」




Ⅰ.足元ではなく、前を向け!
 主イエスは、男性だけで5000人もの人々に食事のもてなしをされる奇跡の御業を行われた後、ひとり山に退かれました。しかし弟子たちが湖を渡ろうとして強い風のために困った時、主イエスは弟子たちの所に行かれ、さらに向こう岸カファルナウムに行かれました。こうした主イエスの行動を知った人々は、主イエスを追いかけます。ティベリウスから小舟に乗って来た人々と合わせると、どれだけの人々が主イエスを追ってきたでしょうか。彼らの行動は熱狂的であり、スターを追いかけるファンのようです。彼らが主イエスは預言者であり、自分たちをローマ帝国の支配から解放して下さる王であることを信じて疑わない熱心さ、熱狂さを、私たちキリスト者も見習わなければならない面もあるでしょう。それは、主がお語りになる御言葉に従うことに熱心であることです。
 主イエスは彼らに語られます。「はっきり言っておく。あなたがたがわたしを捜しているのは、しるしを見たからではなく、パンを食べて満腹したからだ」(26)。この主イエスの言葉は、主イエスが奇跡を行われた意図と、彼らの受け止めが異なっていることを示します。つまり彼らが求めていたのは、今空腹を満たして下さるメシアであり、今、ローマの軛から自分たちを解放し、ユートピアに導いて下さるメシアであったのです。それは、現実的、物質的な満たしです。つまり彼らは「目の前に置かれた食べ物」、「今日の生活」、「今の喜び」を求めていたのです。だからこそ主イエスは、彼らがパンを食べて満腹したことに対して言及するのです。
 しかし主イエスが求めておられるのは、朽ち果てるパンではなく、朽ち果てない永遠の食べ物です。主イエスはサマリアの女に対して、決して渇かない永遠の命に至る水をお与え下さいましたが(4章)、ここでも主イエスは私たちに朽ち果てないパンを求めるのです。それは人間としての根本的な解決です。言い換えれば、自分の生活という足元ばかりを見ている人間に対して、「人間としての存在理由は何か」、「人間としての希望とは何か」、という根本的なことを問うておられるのです。まさに私たちは、足元にある今の潤いばかりを求めているのであれば、真の希望を見つけることは出来ないのです。目線を足元から上にあげ、究極の目標、生きる目的とは何であるかを見なければなりません。

Ⅱ.救いは自分で得るのではなく、神の恵みである!
 27~29「朽ちる食べ物のためではなく、いつまでもなくならないで、永遠の命に至る食べ物のために働きなさい。これこそ、人の子があなたがたに与える食べ物である。父である神が、人の子を認証されたからである。」そこで彼らが、「神の業を行うためには、何をしたらよいでしょうか」と言うと、イエスは答えて言われた。「神がお遣わしになった者を信じること、それが神の業である。」ここで人々が語る「神の業」と主イエスが語られる「神の業」とに相違があります。人々が語る「神の業」とは、彼ら自身が神さまによって救われるために行う善き業です。つまり彼らは、足元で自分たちの生活に直接的に与えられる食事の供給の奇跡、病気の癒しの奇跡は、受け入れることが出来るのですが、救いという究極的な目標に対しては、自力でなければ得ることの出来ないと、思っているのです。
 一方主イエスが語る「神の業」とは、神の側から私たちに一方的に成し遂げられる御業であり、神さま御自身が行われる奉仕行為です。つまり「神の業」とは、神さまが私たちにお与え下さる恵みであります。救い、永遠の生命を得ようとしても、人間は自力で勝ち取ることは出来ないのです。
 この違いを、まず理解しなければなりませんし、だからこそ主イエスは、あなた方が求めているものは、真の信仰ではないことを、最初に指摘されるのです。

Ⅲ.救いは御子によって!
 では、神さま御自身が私たちを救うために、何をお与え下さったのでしょうか。神がお遣わしになった者によって与えられる救いです。つまり主イエスは、御自身こそが、父なる神によって遣わされた御子であることを告白しておられるのです。主イエスを得ることにより、救いがもたらされるのです。それはまさに、キリストの十字架と復活です。私たち人間が、今の生活ばかり求め、神さまによって与えられる永遠の恵みの生活を求めようとしないのは、私たちにある罪の故です。神さまが見えなくなっているのであり、真の喜びを失っているからです。この私たちの持っている罪を、主イエスは御自身の十字架によって取り除いて下さり、私たちが救いという目標を見ることが出来るようにして下さったのです。だからこそ私たちは、前を向き、救いを求めようとする時、神によって遣わされたイエス・キリストの十字架を信じること、十字架に繋がることが求められるのです。
 最初に申命記8章をお読みしました。イスラエルの民はエジプトにおいて奴隷でしたが、主がお立て下さったモーセによって解放され、さらに40年間荒れ野で彷徨っていた時にも、主は毎日マナによって養い続けて下さいました。彼らはこの恵みを知っていました。しかし主は、あなたたちは、約束の地カナンに入ることにより、この恵みを忘れてしまうので、忘れてはならないと念押しをされます。まさに私たち人間は、目の前に与えられた恵みには感謝し感動しますが、救いという究極的な恵みを忘れてしまうのです。
 だからこそ、主は、絶えず、私たちにイエス・キリストの十字架によって救いが与えられたことを、御言葉である聖書を通してお語り下さり、説教をお語り下さいます。また同時に、目で確認して、舌で確認出来るように、聖餐式を守るように求めておられるのです。主はイエス・キリストの十字架によって、私たちに罪の赦しと永遠の生命という救いをお与え下さっています。神さまによって与えられた救いに感謝して、前を向いて歩み続けていきましょう。


                                              (2009.11.1)


COPYRIGHT(C) 2009 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る