【ヨハネによる福音書連続講解説教】  辻 幸宏牧師

「いのちのパンであるイエス」  ヨハネによる福音書6章41~51節



ヨハネによる福音書6章41~51節

  41 ユダヤ人たちは、イエスが「わたしは天から降って来たパンである」と言われたので、イエスのことでつぶやき始め、42 こう言った。「これはヨセフの息子のイエスではないか。我々はその父も母も知っている。どうして今、『わたしは天から降って来た』などと言うのか。」43 イエスは答えて言われた。「つぶやき合うのはやめなさい。44 わたしをお遣わしになった父が引き寄せてくださらなければ、だれもわたしのもとへ来ることはできない。わたしはその人を終わりの日に復活させる。45 預言者の書に、『彼らは皆、神によって教えられる』と書いてある。父から聞いて学んだ者は皆、わたしのもとに来る。46 父を見た者は一人もいない。神のもとから来た者だけが父を見たのである。47 はっきり言っておく。信じる者は永遠の命を得ている。48 わたしは命のパンである。49 あなたたちの先祖は荒れ野でマンナを食べたが、死んでしまった。50 しかし、これは、天から降って来たパンであり、これを食べる者は死なない。51 わたしは、天から降って来た生きたパンである。このパンを食べるならば、その人は永遠に生きる。わたしが与えるパンとは、世を生かすためのわたしの肉のことである。」



序.
 ユダヤ人たちは、まかりなりにも神さまの存在を信じ、ローマから解放する王としてメシアが来られることを切望していました。しかし主イエスは「わたしが命のパンである」(35)、「わたしは天から降ってきたパンである」(41)と語られることにより、人々はイエスのことを疑い始めます。そしてイエスのことでつぶやきます。

Ⅰ.つぶやき
 つぶやきは、「不平、苦情、陰口を言う」ことです。相手への不満であり、反抗している証拠です。ユダヤ人の主イエスへの不満は、神さまに対する反抗です。こうした姿は、出エジプト時のイスラエルにも見られました。彼らは「水がない、パンがない、荒れ野で殺す気か」とぼやき続けました。主はそれでもなお、彼らに悔い改めを求めつ、救いの御手をお与え下さったのです。主の愛、主の恵みを顧みなければなりません。
 しかしユダヤ人は主イエスの言葉を受け入れることは出来ませんでした。肉の思いに生きる傲慢さです。主イエスは「あなたがたの今しているのはあなた方の先祖の罪と同じである。いやもっと悪い」(49~51)と語られます。同じように否定するにしても、上から目線ではなく、まず相手の語る言葉の全体・背景を聞き、真意を確かめる謙そん、遜りが必要なのですが、彼らはそれすら出来なかったのです。これは罪意識の欠如であり、救い主である主なる神さまの存在を理解せず、真に信じていないことから生じるのです。だからこそ私たちは、主なる神さまが何を私たちに語り、主なる神さま御自身がどのようなお方であるか、主の御前に立つ私たちは何物であるかを考えることが求められているのです。

Ⅱ.キリストを知ること
 なぜ、彼らが主の御言葉を謙虚に聞くことが出来なかったのか。イエスと家族の私生活を知っていたことも一因です(42、参照:マタイ13:54~56)。主イエスを信じている者が、イエスの私生活の環境を知り、聖書的な背景を知ることは神を知ることに益します。しかし救いを求める者が、主イエスの生活を知ったからといって、信仰は与えられないのです。真にキリストを救い主として信じていない限り、イエスの私生活を知ることは、人間的な興味・関心に過ぎず、キリストの真理を知り、私たちの信仰が深まることはないのです。
 では彼らに何が求められたのでしょうか。主が主権者であり、私たちは主の被造物であることをしっかりと知ることです(44,45)。つまり、私たちは神さまを信じる、信じない、神さまの存在を受け入れる、受け入れないは、私たち自身の意志によって決定できるものと考えます。しかし、主は御自身がお語りになる御言葉の力により、私たちが神さまの御前に立ち、神さまによる救いを受け入れ、神さまの御言葉に服従する者へと変えるとお語りになるのです。つまり神さまを信じるとは、私たち自身の積極的な行動によって勝ち取るものではありませんが、鎖に繋がれて神さまの御前にしょっ引かれていくような状態でもないのです。「自分が信仰を持つのだ」とする思いを捨てるべきです。旧約の時代は、族長・王・預言者・祭司が民の御前に立ち、人々は彼らの言葉を通して、主を知り、主を信じ、主による救いに導かれたのです。出エジプトのイスラエルの民も、つぶやきながらも、主がお語りになるモーセの言葉に従い、約束の地カナンにまで導かれたのです。そして今、主イエスがイスラエルの人々の前に、そして私たちの前にお立ち下さっています。私たちは、主イエスの言葉に耳を傾けなければなりません。
 だからこそ、主イエスの言葉に耳を傾けなければならないのです。信じるためには、主を知ることから始まるからです。それは主イエスの家族が誰で、どの様な生活をしていたかではありません。主イエスを導かれた主なる神さまがどの様なお方であり、私たちをどの様に救いにお導き下さろうとしているかという、福音の言葉に聞くことです。そのために謙虚さ、謙そんさが求められるのです。その上で、私たちは主のお語りになる御言葉に聞く時、主による救いを受け入れることが出来るのではないでしょうか。

Ⅲ.主イエスによって与えられる救い
 主イエスはお語りになります。44「わたしはその人を終わりの日に復活させる」。47「はっきり言っておく。信じる者は永遠の命を得ている。わたしは命のパンである。」51 「わたしは、天から降って来た生きたパンである。このパンを食べるならば、その人は永遠に生きる。」。つまり、私たちが信仰を持ち、救われるためには、主イエスの所に行かなければなりません。主イエスを信じることにより、主は私たちに復活の命を与え、永遠の命をお与え下さいます。だからこそ私たちにとって、主イエスは、永遠の生命に繋がる霊の糧をお与え下さるパンそのものなのです。そして私たちが霊の糧を得るために、私たちは主を知り、主の御言葉に聞くために、主に礼拝を献げることが求められているのです。
 主イエスはさらに語ります。51「私が与えるパンとは、世を生かすためのわたしの肉のことである」。私たちは救い主イエスの御前に立つ時、忘れてはならないことは、キリストの肉が生け贄として献げられ、十字架に架かられたという事実です。主は私たちを救うために、御子は苦しまれたのです。キリストの十字架があるからこそ、私たちは救われたのです。神の愛、神によって与えられる恵みの大きさに、私たちは気がつくべきです。


                                         (2009.11.22)


COPYRIGHT(C) 2009 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る