【ヨハネによる福音書連続講解説教】  辻 幸宏牧師

「渇いている者、私に来い!」  ヨハネによる福音書7章37~44節



ヨハネによる福音書7章37~44節

  37 祭りが最も盛大に祝われる終わりの日に、イエスは立ち上がって大声で言われた。「渇いている人はだれでも、わたしのところに来て飲みなさい。38 わたしを信じる者は、聖書に書いてあるとおり、その人の内から生きた水が川となって流れ出るようになる。」39 イエスは、御自分を信じる人々が受けようとしている“霊”について言われたのである。イエスはまだ栄光を受けておられなかったので、“霊”がまだ降っていなかったからである。
  40 この言葉を聞いて、群衆の中には、「この人は、本当にあの預言者だ」と言う者や、41 「この人はメシアだ」と言う者がいたが、このように言う者もいた。「メシアはガリラヤから出るだろうか。42 メシアはダビデの子孫で、ダビデのいた村ベツレヘムから出ると、聖書に書いてあるではないか。」43 こうして、イエスのことで群衆の間に対立が生じた。44 その中にはイエスを捕らえようと思う者もいたが、手をかける者はなかった。




Ⅰ.仮庵祭の意義
 主イエスは過越祭の期間中にエルサレムに上ってこられましたが、その最中、突然水に言及されます。ここで主イエスが水について言及されることは、私たちにとっては唐突に見えます。しかし、仮庵の祭りがどの様な祭りであるかを理解することにより、主イエスが、なぜここで水について言及されたのかを理解することが出来ます。
 仮庵祭の意義は3つあります。第一はその起源から考えることが出来ます。出エジプトの民は荒野で仮庵(幕屋)に住みました。主の救いの恵みを忘れないために祭りが始まったのです。そのためイスラエルの民は、祭りの期間中は普段住んでいる家を出て、木の枝で作った堀立小屋の暮らしをして、神の救いを覚えたのです。
 仮庵祭の第二の意義は秋の収穫感謝です(参照:申命記16:13~15)。仮庵祭は、みんなして勤労の実りを喜び主に感謝します。男女の奴隷や寄留者も喜びを分かち合うのです。
 そして仮庵祭の意義づけとして、次第に人々は来るべき終わりの日の成就が示されていることを読み取るようになっていくのです。すなわち、過去の出エジプトの出来事への追憶、現在の収穫についての感謝、来たるべき終わりの日を待ち望むという、歴史の中に働く主なる神さまの救いの御業を確認するのです(参照:ゼカリヤ14:16~17)。

Ⅱ.水
 仮庵の祭りの間、聖書の正典には規定されていませんが、人々の定めによって、宮を浄めるためにシロアムの池の水が神殿に運び入れられることになっていました。そして祭りの7日目に祭司がその水を携えて祭壇のまわりを7回まわったのです。つまり仮庵祭では、水の持つ象徴的意味が大きかったのですが、その目指した目標が主イエス御自身にあることを、主イエスはここで宣言されたのです。
 神の救いと水との関係を聖書において確認することも重要です。聖書では、水こそが命の源として、主の恵みを示すものとしての位置づけています(イザヤ41:17、8:6、詩編46:5)。救済史的に考えると、創世記2:10~14では天地創造における神の恵みとして4つの川が流れ出たことが示されています。その後の人間の罪に関しては、出エジプトにおいて示された荒れ野において代表されています。しかし主は救いをお与え下さる方として、エルサレムから命の水が湧き出でる恵みがあることをゼカリヤ14:7~8において語ります(参照:エゼキエル47章)。そして回復された神の国の姿がヨハネ黙示録22:1~5で描かれるのです。
 主イエスが「渇いている人はだれでも、わたしのところに来て飲みなさい」と語られたのは、まさに終末的な完成について宣言されたのです。

Ⅲ.主イエスの大声での叫び
 主イエスは、まさに今、私たちを、主による救い・命の水に生きる者として、主の御前に招き入れて下さろうとしているのです。主の招きは価なしの恵みであり、かつ大声で叫びつつ招いていて下さいます。誰もがこの主イエスの声に耳を傾けたことでしょう。日々の生活に苦しみつつ、真の救いを見失っている者に対する主イエスの大声での呼びかけであり、これを拒絶した所には救いはないのです。
 そして主イエスは、「わたしのところに来なさい」と語られます。主イエス・キリスト御自身が救い主だと言われておられるのです。命の水は他のものからは手に入れることなど出来ません。キリストからしか恵みは来ないのです。
 主イエスはさらに「わたしを信じる者は、その人の内から生きた水が川となって流れ出るようになる」(38)とお語りになります。水を飲んだら、一時的に潤っても、また渇き、水を求めます。しかし、主イエスによって与えられる命の水は、サマリアの女にお語りになられたように、もう渇くことがないのです。いや信じる私たち自身が泉となるのです。信じる私たちは命の水を既に得ているのであり、御言葉に聞き続けることにより、命の水が湧き続けるのです。
 そしてそして最後にヨハネは、「イエスは、御自分を信じる人々が受けようとしている“霊”について言われたのである」(39)と付け加えます。主イエスが語られる水は、霊です。水が涸れないのは、水によって象徴されているものが霊だからです。そして、“霊”がまだ降っていないと聖書は語りますが、主イエス・キリストの十字架と復活の御業の後、聖霊はすでに私たちに与えられているのです。

                                         (2010.2.14)


COPYRIGHT(C) 2010 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る