【ヨハネによる福音書連続講解説教】  辻 幸宏牧師

「イエスはメシアか?」  ヨハネによる福音書7章40~52節



ヨハネによる福音書7章40~52節

  40 この言葉を聞いて、群衆の中には、「この人は、本当にあの預言者だ」と言う者や、41 「この人はメシアだ」と言う者がいたが、このように言う者もいた。「メシアはガリラヤから出るだろうか。42 メシアはダビデの子孫で、ダビデのいた村ベツレヘムから出ると、聖書に書いてあるではないか。」43 こうして、イエスのことで群衆の間に対立が生じた。44 その中にはイエスを捕らえようと思う者もいたが、手をかける者はなかった。
  45 さて、祭司長たちやファリサイ派の人々は、下役たちが戻って来たとき、「どうして、あの男を連れて来なかったのか」と言った。46 下役たちは、「今まで、あの人のように話した人はいません」と答えた。47 すると、ファリサイ派の人々は言った。「お前たちまでも惑わされたのか。48 議員やファリサイ派の人々の中に、あの男を信じた者がいるだろうか。49 だが、律法を知らないこの群衆は、呪われている。」50 彼らの中の一人で、以前イエスを訪ねたことのあるニコデモが言った。51 「我々の律法によれば、まず本人から事情を聞き、何をしたかを確かめたうえでなければ、判決を下してはならないことになっているではないか。」52 彼らは答えて言った。「あなたもガリラヤ出身なのか。よく調べてみなさい。ガリラヤからは預言者の出ないことが分かる。」



序.
 イエス・キリストが誰であるか?この問いかけは私たちにとって重要な問いかけです。聖書は「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたも家族も救われます」(使徒16:31)と語ります。そしてキリスト教会とは、イエス・キリストを救い主と信じる人たち、あるいはそれを求める者たちが集められるところです。従って聖書を読み、聖書を研究しても、イエス・キリストを救い主と信じない人たちの群れは、キリストの教会ではありません。

Ⅰ.上司からの命令に逆らう下役たち
 祭司長やファリサイ人と彼らの下役たちが、主イエスに対してどの様に考えたのか、御言葉から確認します。祭司長たちはイエスを殺そうと狙っており、下役たちにイエスを捕らえてくるように命じました。下役たちは任務を遂行することが求められ、任務を遂行しなければ罰せられることを覚悟しなければなりません。事実、彼らは祭司長たちに叱責されます(45)。つまり、下の者は上の者に従うのがこの世の秩序であり、一般論として私たちもそういう秩序を認めなければなりません。
 しかし、私たちはすべてにおいて上に立てられて権威者に従わなければならないかと言えば、そうではありません。上司の命令であっても実行出来ない場合もあります。それは命令が間違っている場合です。つまり神のみが良心の主であり(WCF20:2)、主なる神のみを信じること・隣人を愛することから離れ、罪を犯すように求める命令には、抵抗・戦うことが求められるのです。つまり私たちは、意志を持たず機械の歯車のようにただ服従すればよいのではなく、キリスト者として神の御言葉に従いつつ人に仕えるのです。
 この時下役たちは、主イエスを逮捕すべきでないと判断して、何もせず帰って来ました。祭司長たちに咎められると、理由を述べて反論いたします(46)。隣人への愛から出てきた倫理的な理由ですが、同時に、神への信仰から出てきた言葉でもあります。福音の言葉を聞き、信じた者として、福音を語られた主イエスを逮捕することなど出来なかったのです。

Ⅱ.聖書の言葉に聞くこと
 この時ファリサイ人は「律法を知らないこの群衆」と語ります(49)。「自分たちは、律法を研究して、正しく解釈し用いている。しかし群衆は律法を学んでいないから、無能であり、彼らの語ることは聞くに足りない」と言うのです。これは彼らの傲慢さです。これは上に立つ者、説教者・牧師であれば常に注意しなければならないことです。
 彼らが語るように、律法・聖書を学び研究することは必要です。聖書の言葉に聞くことなく、人からの言葉を鵜呑みに信じることから危険が生じます。そのために、私たちは、皆が、聖書を手に持ち、聖書を読み、自ら解釈を行うのです。
 ところで群衆は本当に無知であったのか? ユダヤ人は、神の民として、親から子へ、子から孫へと「出エジプトにおける主の救いの恵み」と「律法」が教えられてきました。知らないのではなく、知っているからこそ、主イエスが語られた福音に対して、「この人はメシアだ」という人が出てきたのです。「メシア」か「否」かの判断が出来ること自体、教育をされてきている証拠であり、知らなければ自ら判断することは出来ないのです。
 またファリサイ人は、「議員やファリサイ派の人々の中に、あの男を信じた者がいるだろうか」とも語りました。無知と学識の違いが、不信仰と信仰の違いになると言わんばかりの主張です。しかしニコデモは意見して語ります(51)。ニコデモは、ファリサイ派に属する議員でありつつ、主イエスの教えを請いに、隠れて夜中に、主イエスの所に来ていました(3章)。つまり彼は主イエスを信じようとしていたのです。しかし、周囲のユダヤ人たちの手前、隠れキリスタンとなっていたのです(参照:ヨハネ19:39)。
 律法では二人の証人を求めます。同時にローマ法では、本人の事情を聞くことが求められているのです。このことをニコデモは語っているのです。つまりニコデモの主張は、「祭司長やファリサイ人たちが一方的に主イエスや群衆を裁こうとしている」として、警告の言葉を語っているのです。ニコデモは信仰告白に近い勇気ある発言をしたのです。
 これに対して彼らは語ります。52「あなたもガリラヤ出身なのか。よく調べてみなさい。ガリラヤからは預言者の出ないことが分かる」(参照:7:41~42)。メシアがダビデの子孫であることは良く知られていたことです。しかし、預言者がガリラヤからは出ないとは語られていません。むしろイザヤ書8章23節に聞くべきです。ガリラヤは栄光を受けるのです。彼らは聖書に記されていることを記していないと思い込み、一方、聖書に記されている約束のメシアを受け入れようとしないのです。
 神さまを信じることは、聖書を正しく読み、正しく解釈することから始まります。主イエス・キリストは十字架に架かり死を遂げられます。そして三日目の朝に復活されました。それは主イエスを信じる全ての者の罪の贖いとなってくださるためであり、信じる者は、イエス・キリストによって永遠の生命が与えられます(ヨハネ11:25~26)。

                                         (2010.2.21)


COPYRIGHT(C) 2010 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る