【ヨハネによる福音書連続講解説教】  辻 幸宏牧師

「あなたを罪に定めない」  ヨハネによる福音書7章53節~8章11節



ヨハネによる福音書7章53節~8章11節

  7:53 〔人々はおのおの家へ帰って行った。8:1 イエスはオリーブ山へ行かれた。2 朝早く、再び神殿の境内に入られると、民衆が皆、御自分のところにやって来たので、座って教え始められた。3 そこへ、律法学者たちやファリサイ派の人々が、姦通の現場で捕らえられた女を連れて来て、真ん中に立たせ、4 イエスに言った。「先生、この女は姦通をしているときに捕まりました。5 こういう女は石で打ち殺せと、モーセは律法の中で命じています。ところで、あなたはどうお考えになりますか。」6 イエスを試して、訴える口実を得るために、こう言ったのである。イエスはかがみ込み、指で地面に何か書き始められた。7 しかし、彼らがしつこく問い続けるので、イエスは身を起こして言われた。「あなたたちの中で罪を犯したことのない者が、まず、この女に石を投げなさい。」8 そしてまた、身をかがめて地面に書き続けられた。9 これを聞いた者は、年長者から始まって、一人また一人と、立ち去ってしまい、イエスひとりと、真ん中にいた女が残った。10 イエスは、身を起こして言われた。「婦人よ、あの人たちはどこにいるのか。だれもあなたを罪に定めなかったのか。」11 女が、「主よ、だれも」と言うと、イエスは言われた。「わたしもあなたを罪に定めない。行きなさい。これからは、もう罪を犯してはならない。」〕



序.
 今日与えられた箇所は、全体が括弧に囲まれています。これは、古い写本には含まれておらず、使徒ヨハネ自身がここに書き記したものではないことが、明らかになっているからです。ただこの話題が、1世紀の文書などにも残されており、神の御言葉に相応しいとのことで、ヨハネによる福音書のこの場所に残されることとなったようです。なぜ、聖書に残されたのか、なぜヨハネによる福音書なのか、なぜここなのか、と言った疑問を考えていくは、楽しいことかもしれませんが、聖書研究の時間ではなく、主がお語りになる御言葉に聞く説教として、御言葉本分から考えていきたいと思います。

Ⅰ.姦淫の女を連れて来たユダヤ人たち
 主イエスが神殿の境内に入られると、民衆が皆やって来たので、座って教え始められました。しかし主イエスが話し始められると、それを中断せざるを得なくなります。律法学者やファリサイ派の人々は、姦通の現場で捕らえられた女を連れて来たからです。すでに語ってきたように、彼らは主イエスに対して殺意を持っていたわけで、ここに姦淫の罪を犯した女を連れて来たのにも、主イエスを罠にはめようとする意図があったのです(6)。

Ⅱ.姦淫の罪
 さて今日、性的乱れは甚だしい。これは時代の変化の問題ではありません。人間の罪の根本的な問題であり、社会的に許されるか否かの問題ではありません。姦淫は十戒の第七戒で禁じられています。人間はそれが罪であることが示されなければ、忘れてしまう程、罪にむしばまれているのです。そのため主は律法でお示し下さり、繰り返し語られ、人が忘れないようにされているのです。「悪いからダメ」では人は理解出来ないのです。
 姦淫の罪に関しては根本的に理解していなければなりません。主は人間を最初につくられた時、男アダムに対して女エバをお与え下さいました。それは助ける者が必要だったからであり、互いに助け合う存在として、つまり別の賜物が与えられた者として、主によって男と女が与えられたのです。この最初の状態では性的な誘惑はなかったのです(創世記1:25)。性的な乱れが生じたのは、アダムとエバが最初の罪を犯してからです。このことが永遠と罪の歴史として続いていくのです。そして旧約聖書においても、選びの民であるイスラエルもまた、繰り返し姦淫の罪を繰り返し、主の裁きが繰り返されていくのです。

Ⅲ.主イエスと律法学者たち
 ユダヤ人たちは、姦通の現場で捕らえられた女を連れて来ます。彼らの狙いは、この女を正しく処罰することではなく、主イエスが女に対してどの様な対応をするかを試したのです。つまり、主イエスがモーセの律法に従って「この女を石で打ち殺せ」と語れば、罪人に対する神の憐れみと赦しを語ってきた教えと矛盾します。また逆に、石で「打ち殺してはならない」と語れば、モーセの律法に反するために訴える口実を得ることが出来ます。また人に死刑判決を下すのであり、当時死刑判決を行うのはローマ帝国にのみ認められていたため、ローマ帝国の権威に立ち向かう者として、告発することも出来たのです。
 この挑発に対して、主イエスはかがみ込み、指で地面に何かを書き始められるだけで、何も行いません。ここで主イエスが地面に何を書いていたのか詮索する必要もありません。また、主イエスは手をこまねいていたのではありません。主イエスは、彼らが自分たちが何を行っているのか考える時をつくられたのです。しかし、彼らは主イエスに対して、対処を求め続けます。彼らは、主イエスがどの様な対応をするかしか関心がなく、この女がどうなるのか、自らの行いに関して、吟味することは出来なかったのです。
 こうした情況が続く中、主イエスは、「あなたたちの中で罪を犯したことのない者が、まず、この女に石を投げなさい」と語られます。裁判とは、公正でなければなりません。一人の当事者のみを連れて来て、裁判が成立しません(申命記22:22)。また訴える彼らもまた、彼女を裁くのに相応しい者であるのかを、吟味する必要があります。主イエスが一言語られることにより、主イエスがどのように対応されるかということから、彼らがどの様に対応するのかという問題となり、体制が逆転してしまったのです。

Ⅳ.あなたはどうなのか?
 皆さんはこの御言葉を聞きながら、群衆の一人として主イエスがどの様な対応を取るのだろうと見守っているのではないでしょうか。しかし主イエスは私たちに対しても、「あなたはこの女を裁くことが出来るか」と問うておられます。私たちは自らを省みることが求められます。罪とは、行い・言葉・心において神の律法に少しでも適わないことです。私たち自身、主イエスの十字架による救いを求める者として、女を裁くことは出来ません。
 さてここに残されたのは、姦淫の女一人です。主イエスは女に対して「わたしもあなたを罪に定めない。あなたの罪は私が十字架に背負う」とお語り下さっています。
 私たちは自らを省みるならば、この場を去るしかありません。しかし主イエスの声が届かない所に行けば良いのか?そうではありません。私たちは主イエスの前を去っていく人々であると同時に、主イエスの前に立たされている女の位置に私たち自身の身を置かなければなりません。この女の罪を、主イエスが十字架に担って下さったように、主イエスから離れるしかなかった私たちの罪をも、主イエスは十字架に担って下さったのです。

                                         (2010.2.28)


COPYRIGHT(C) 2010 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る