【ヨハネによる福音書連続講解説教】  辻 幸宏牧師

「世の光、命の光」  ヨハネによる福音書8章12~20節



ヨハネによる福音書8章12~20節

  12 イエスは再び言われた。「わたしは世の光である。わたしに従う者は暗闇の中を歩かず、命の光を持つ。」13 それで、ファリサイ派の人々が言った。「あなたは自分について証しをしている。その証しは真実ではない。」14 イエスは答えて言われた。「たとえわたしが自分について証しをするとしても、その証しは真実である。自分がどこから来たのか、そしてどこへ行くのか、わたしは知っているからだ。しかし、あなたたちは、わたしがどこから来てどこへ行くのか、知らない。15 あなたたちは肉に従って裁くが、わたしはだれをも裁かない。16 しかし、もしわたしが裁くとすれば、わたしの裁きは真実である。なぜならわたしはひとりではなく、わたしをお遣わしになった父と共にいるからである。17 あなたたちの律法には、二人が行う証しは真実であると書いてある。18 わたしは自分について証しをしており、わたしをお遣わしになった父もわたしについて証しをしてくださる。」19 彼らが「あなたの父はどこにいるのか」と言うと、イエスはお答えになった。「あなたたちは、わたしもわたしの父も知らない。もし、わたしを知っていたら、わたしの父をも知るはずだ。」20 イエスは神殿の境内で教えておられたとき、宝物殿の近くでこれらのことを話された。しかし、だれもイエスを捕らえなかった。イエスの時がまだ来ていなかったからである。



序.
 主イエスは「わたしは世の光である。わたしに従う者は暗闇の中を歩かず、命の光を持つ」(8:12)とお語りになりました。十字架の死から復活を遂げて下さった主イエス・キリストを信じる私たちは、光である主イエスに照らされ、永遠の生命への道が開けています。

Ⅰ.主イエスの証し
 しかし直後に、ファリサイ派の人々は「あなたは自分について証しをしている。その証しは真実ではない」(13)と語ります。彼らの語ることにも一理あります。なぜなら、人は自分のことをいくら語っても、他人の証言や客観的な事実がなければ正当性が認められることはありません。無意識に自己弁護するからです。それが裁判の証人においても語られていることです(第九戒、申命記17:1~7)。
 しかし主イエスは、「たとえわたしが自分について証しをするとしても、その証しは真実である」(14)とお語りになります。私たちは重要なことを忘れてはなりません。今まで語られてきたことは、人の語ることです。人は、罪を持って生まれ、日々罪を積み重ねます。だからこそ、偽りの証言が行われることを前提にするのです。しかし、主イエスの証言は、神さま御自身の証言です。神さまの証しは、真実で、真理そのものです。
 私たち人間は、主なる神さまが御自身を啓示して下さることにより、神さまを初めて知ることが出来るのです。だからこそ私たちは、神の御子であるイエス・キリストのお語りになる御言葉に聞かなければならないのです。そして主イエスの証言の確かさ、神の啓示の書である聖書自身が答えています。主イエスは常に旧約聖書の言葉に従って語っているのであり、旧約聖書自身が、メシアの到来を預言しています。

Ⅱ.人の裁き、主の裁き
 そして主イエスはファリサイ人たちに語られます。「あなたたちは肉に従って裁くが・・」(15)。彼らは常に、人々よりや主イエスよりも一段高い場所に位置し、上から判断を下そうとしていました。しかし主がお語りになる律法は、他人を裁くための判断基準の道具であってはなりません。むしろ自らが律法の前に立ち、自らの姿を顧みなければなりません。律法により、私たちの行い・言葉・心のすべてが吟味されます。そして私たちは主なる神さまの御前に、その罪が明らかにされているのです。つまり主の御前に立つ私たち自身が、主なる神さまによる救いがなければ、救われることの出来ない罪人であることを自覚しなければなりません。そうであれば、隣人を裁くことなど出来なくなるのではないです。
 そして主イエスは、「わたしはだれをも裁かない」とお語りになります(15)。主イエスは、地上の生涯においては、ユダヤ人の罪を指摘しつつも、裁きは行われませんでした。それは裁きを猶予して、一人一人が自らの罪を受け入れ、悔い改め、主イエスへの信仰を持つ時を待っておられたからです。これがキリストの教会のあるべき姿であり、だからこそ、主イエスは主の祈りにおいて「我らに罪を犯す者を我らが赦すごとく、我らの罪をも赦したまえ」と祈るように命じられているのです。
 主イエスは続けて、「もしわたしが裁くとすれば、わたしの裁きは真実である」(16)とお語りになります。これは最後の審判を指し示しています。父なる神さまは全知全能であられ、私たちのすべてをご存じです。私たちの隠しておきたい行い・言葉・心にあるすべての罪をもご存じでなのです。そして主イエス御自身「わたしはひとりではなく、わたしをお遣わしになった父と共にいるからである」(16)とお語りになります。だからこそ、主イエスが行われる裁きは、真実なのです。
 しかし主イエスは、主なる神さまを信じる者に対しては、キリスト御自身の十字架による贖いにより罪を赦し、救い、永遠の生命に定めて下さいます。つまり主イエスの行われる裁きは、肉に従った裁きではなく、神のご計画、神の霊に従って行われるのです。

Ⅲ.救いの道を指し示す主イエス
 主イエスの裁きが真実なのは、「自分がどこから来たのか、そしてどこへ行くのか、わたしは知っているから」(14)可能となります。主イエスは、父なる神の御許から来られ、父なる神の御許に帰られるのです。そして主イエスはただ知っておられるのではなく、父なる神さまがどういうお方であり、また神の御国がどの様な場所であるかを知っておられるのです。だからこそ主イエスを救い主と信じ、神による救いに与る者は、主イエスが指し示して下さっている父なる神さまを知り、神の御国へ行くことが出来るのです。

                                         (2010.4.11)


COPYRIGHT(C) 2010 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る