【ヨハネによる福音書連続講解説教】  辻 幸宏牧師

「本当の自由」  ヨハネによる福音書8章31~38節



ヨハネによる福音書8章31~38節

  31 イエスは、御自分を信じたユダヤ人たちに言われた。「わたしの言葉にとどまるならば、あなたたちは本当にわたしの弟子である。32 あなたたちは真理を知り、真理はあなたたちを自由にする。」33 すると、彼らは言った。「わたしたちはアブラハムの子孫です。今までだれかの奴隷になったことはありません。『あなたたちは自由になる』とどうして言われるのですか。」34 イエスはお答えになった。「はっきり言っておく。罪を犯す者はだれでも罪の奴隷である。35 奴隷は家にいつまでもいるわけにはいかないが、子はいつまでもいる。36 だから、もし子があなたたちを自由にすれば、あなたたちは本当に自由になる。37 あなたたちがアブラハムの子孫だということは、分かっている。だが、あなたたちはわたしを殺そうとしている。わたしの言葉を受け入れないからである。38 わたしは父のもとで見たことを話している。ところが、あなたたちは父から聞いたことを行っている。」




Ⅰ.真の信仰者
 主イエスが語ってきた福音を信じるユダヤ人たちも出てきました。私たちは「イエスさまを信じることは良いことだ」と短絡的に思ってしまいます。しかし主イエスは彼らの信仰に対して、「わたしの言葉にとどまるならば、あなたたちは本当にわたしの弟子である」(31)とお語りになります。ここで主イエスは、「信じる」と語ることと、主イエスに「とどまる」ことの違いを確認しつつ、本当に信じるとはどういうことであるのかを、お語りになります。「信じる」と告白することは、その場限りの言葉になってはなりませんし、「信じる」という言葉のみ繰り返すことに留まっていてるいけないのです。つまり、主イエスを救い主として信じると告白する場合、「主イエスの内にとどまる」と行為が伴うのです。
 ヨハネによる福音書においては、この「とどまる」という言葉に重要な意味を持ちます。いくつか確認致しましょう。「わたしは、“霊”が鳩のように天から降って、この方の上にとどまるのを見た」(1:32)。ここは御子と御父、御霊の繋がりの太さを語っています。「御子を信じる人は永遠の命を得ているが、御子に従わない者は、命にあずかることがないばかりか、神の怒りがその上にとどまる」(3:36)。ここでは神の怒りが留まり続けることが語られます。「わたしはまことのぶどうの木、わたしの父は農夫である。わたしにつながっていながら、実を結ばない枝はみな、父が取り除かれる。しかし、実を結ぶものはみな、いよいよ豊かに実を結ぶように手入れをなさる」・・(15:1~)。
 まさに「とどまる」とは持続を意味します。変わらず信じ続け、愛し続け、祈り続け、悔い改め続け、己れと戦い続ける、これが主イエスの語られる信仰です。ですから、一時的な熱心はまことの信仰ではないのです。信仰とは、永遠の救いに関するものですから、信仰も継続的に持続し続け、永遠でなければならないのです。
 そして、キリストに正しくとどまるためには、キリストの言葉にとどまらなければなりません。主イエスの御言葉なしにキリストのうちにとどまっているつもりでいても、自分でそう思って独りよがりになり、それは真実の信仰とはならないのです。キリストの御言葉にとどまるとは、御言葉を受け入れ、従い、実行し、かつ持続し続けることです。

Ⅱ.キリストにより真理を知る
 キリストの言葉にとどまり続けることにより、「あなたたちは真理を知り、真理はあなたたちを自由にする」のです。これは、キリストの言葉の内に救いがあり、義・聖・真実の神の真実を知ることが出来るからです。「わたしは道であり、真理であり、命である。わたしを通らなければ、だれも父のもとに行くことができない」(14:6)。キリストの内に神の真理があるため、真理を得るためにもキリストに繋がることが求められるのです。

Ⅲ.信仰はあなたを自由にする!
 では「真理があなたたちを自由にする」とはどういうことか? 神さまを信じると生活が制限され、また礼拝のために時間を割くことが求められ、生活が不自由になると考えている人が多いでしょう。主イエスの語られる自由とは何か、考えなければなりません。
 ユダヤ人たちは「わたしたちはアブラハムの子孫です」と語り、キリストによる自由を拒絶いたします。ユダヤ人たちが自分たちに与えられていると信じていた自由とは、アブラハムに与えられた神の契約の故です(創世記12:2~3、17:7~8etc)。ユダヤ人にとって、アブラハムの肉の子孫であることで、神との永遠の契約に入れられていると思い込み、その使命として律法を一生懸命守っていたのです。だからこそ、自分たちは「奴隷」ではなく、「自由なのだ」との主張しているのです。しかし、ユダヤ人が本当に奴隷となったことがなかったのか? 旧約聖書は、繰り返しイスラエルが「奴隷」とされたことを語ります。食料を得るためにエジプトに下ったイスラエルは、400年にわたりエジプトで奴隷とされました。バビロン捕囚を忘れることも出来ません。また律法においても、イスラエル人が奴隷から解放されることが規定されています。つまり七年に一度の安息年、50年に一度のヨベルの年がそれにあたります(レビ25章)。つまり、神の約束の民とされていたイスラエルであっても、繰り返し肉において奴隷とされていたのです。また奴隷の状態から救い出して下さったのは常に主なる神です。つまりユダヤ人たちは、アブラハムの子孫であるからこそ自分たちは自由なのだと語っているのですが、実は「アブラハムの子孫」であり続けようとするがあまり、「律法」や「古ししきたり」に固着し、神さまがお与え下さった恵みを忘れてしまっているのです。ちょうど、暴れ馬に乗せられている人が、たずなを強く持ち、馬から振り落とされないようにしているように、「律法」や「古いしきたり」に寄りすがっていたのです。
 しかし実際にはユダヤ人は罪の故に暴れ馬からすでに落とされているのです。罪を犯す者はだれでも罪の奴隷であり、自由を得ていません。ユダヤ人たちは、この事実を忘れていたのです。このことが一番の問題なのです。すでに罪の奴隷であり、暴れ馬から振り落とされていることがはっきりと示されならば、再び馬に乗せてもらわなければなりません。エジプト奴隷であったイスラエルを救い出して下さったのは、主なる神さまです。バビロン捕囚から救い出して下さったのは、主なる神さまです。そして奴隷となった人々に、自由をお与え下さる律法を定めて下さったのは、主なる神さまです。主の一方的な恵みにより、イスラエルの人々は、罪の状態にとどまることなく、アブラハムの子孫としての地位を保つことが出来ていたのです。
 またユダヤ人が本当にアブラハムの子孫であれば、アブラハムがどのようにして信仰の父とされたのかを知っているはずです(創世15:5~6)。アブラハムは主の約束を信じたのです。100歳になってから約束の子イサクが与えられることを、そしてイサクを生け贄として献げるように促された時も、主を信じたのです。アブラハムは、主を信じて、主の語られる御言葉にとどまり続けたのです。そのため主はアブラハムを義と認められたのです。
 罪の奴隷であることが示され、自由をお与え下さるために来られた御子に依り頼み、信じ、御子の語られる御言葉に聞き従うことこそが、罪の奴隷から解放され、真実の自由を得ることであることを、主イエスは語られます(8:34~36)。ユダヤ人たちは、この時主イエスを信じる告白をいたしました。しかしこの後、主イエスの言葉を受け入れることなく、主イエスを十字架に架けるのです。まさに彼らは一度は信仰を告白しつつも、キリストにとどまり続けることが出来なかったのです。このことを主イエスは指摘されているのです。
 ユダヤ人たちが語る自由は、実は現在に生きる人々が求めている自由と同じです。つまり、人々は時間が拘束されることからの自由を求めます。規則から自由になることを求めます。そしてそうしたことが「自由」であると思っているのです。しかし、人々が考えているような「自由」は無秩序が生じるだけであって、ユダヤ人と同じように、罪の奴隷とされているのであり、滅びの道を歩んでいるのです。
 罪の奴隷が行き着く所は、永遠の苦しみです。この罪の奴隷から解放されるためには、私たちは自由をお与え下さる主イエス・キリストに行かなければなりません。キリストは十字架にお架かりになることにより、私たちを罪の奴隷から解放して下さいました。そして私たちに求められていることは、救いをお与え下さったイエス・キリストを救い主として受け入れ、信仰を告白することです。それと同時に、信仰にとどまり続け、御言葉に聞き続けることです。神によって与えられる救い、真実、自由は、今の時だけのものではありません。永遠に与えられ、約束されています。
 私たちはこの後、聖餐式に与ります。主イエスは、最後の晩餐の時、「神の国で過越が成し遂げられるまで、わたしは決してこの過越の食事をとることはない」 (ルカ22:16)とお語りになりました。主イエスが再び来られ、神の国が完成した時、キリストを信じ、キリストに繋がるすべての民が、この聖餐に再び招かれ、本当の自由が与えられた喜びに満たされた食卓に与ることが許されるのです。


                                         (2010.5.9)


COPYRIGHT(C) 2010 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る