【ヨハネによる福音書連続講解説教】  辻 幸宏牧師

「神の業の現れ」  ヨハネによる福音書9章1~12節



ヨハネによる福音書9章1~12節

  1 さて、イエスは通りすがりに、生まれつき目の見えない人を見かけられた。2 弟子たちがイエスに尋ねた。「ラビ、この人が生まれつき目が見えないのは、だれが罪を犯したからですか。本人ですか。それとも、両親ですか。」3 イエスはお答えになった。「本人が罪を犯したからでも、両親が罪を犯したからでもない。神の業がこの人に現れるためである。4 わたしたちは、わたしをお遣わしになった方の業を、まだ日のあるうちに行わねばならない。だれも働くことのできない夜が来る。5 わたしは、世にいる間、世の光である。」6 こう言ってから、イエスは地面に唾をし、唾で土をこねてその人の目にお塗りになった。7 そして、「シロアム――『遣わされた者』という意味――の池に行って洗いなさい」と言われた。そこで、彼は行って洗い、目が見えるようになって、帰って来た。8 近所の人々や、彼が物乞いであったのを前に見ていた人々が、「これは、座って物乞いをしていた人ではないか」と言った。9 「その人だ」と言う者もいれば、「いや違う。似ているだけだ」と言う者もいた。本人は、「わたしがそうなのです」と言った。10 そこで人々が、「では、お前の目はどのようにして開いたのか」と言うと、11 彼は答えた。「イエスという方が、土をこねてわたしの目に塗り、『シロアムに行って洗いなさい』と言われました。そこで、行って洗ったら、見えるようになったのです。」12 人々が「その人はどこにいるのか」と言うと、彼は「知りません」と言った。



Ⅰ.主による一方的な救い
 福音書では病人の癒しの記事が繰り返し語られています。しかしそれぞれ主題が異なっています。ここで登場する盲人は生まれつき目が見えません。他の身体障害であれば、物心が付く頃、他人との違いに気がつきます。だからこそ、主イエスと出会い、病気が癒される子との喜びは大きいのです(ヨハネ5章、ベトザタの池での癒し)。しかし生まれつきの盲人は他人との違いには気がついたとしても、目が見えることの素晴らしさを知らないのです。しかし、主イエスは彼を癒し、目が見えるようにして下さいます。つまり主イエスは、盲人が望んでもいなかった素晴らしいものを一方的に下さったのです。この御業をとおして、主イエスは主なる神さまとしての主権を現わされるのです。
 一方弟子たちはヨブの三人の友人も同様に因果応報を信じています(2)。「罰が当たった」と言う言い方も因果応報です。しかし、私たちは主の御前に立つことがどういうことであるか確認しなければなりません。最初に人は神から命の息が吹き入れられます(創世2:7)。神の被造物として祝福に満ちて、神を賛美し、誉め称え、全ての被造物を治める者でした。しかしこの後、人は善悪の知識の実から食べて、罪に陥り、死ぬ者となったのです。すべての不幸、死は、この最初の罪の故に、神との交わりが断たれたことから来ているのです。
 戦争や災害、そして個人に起こる事故などを考えた時、「神さまは不公平だ」、「なぜ、自分だけ」という声をよく聞きます。しかし主イエスは、「神の業がこの人に現れるためである」とお語りになります。私たちは、主イエスの語りたもうたこの言葉をシッカリ把握し、これを人にも確信させることが大切です。あなたの不幸はあなたが神の栄光を顕す機会であり、ここにこそ慰めがあるのです。そう確信をもって言わなければならないのです。つまり、私たちの周囲におとずれる戦争や災害、病などの苦難・不幸を通して、主は神の民を一方的に主の恵みの中に置き、救いに導いて下さるのです。

Ⅱ.再創造
 主イエスは、この盲人を癒されることにより、神の御国における祝福がどの様なものであるかを、私たちに示して下さいます。主イエスは地面に唾をし、唾で土をこねてその人の目にお塗りになります(6)。主は最初、最初土の塵で人を形づくられました(創世2:6)。つまり、ここで主イエスが改めて土をこねたことは、神の被造物としての本来の人間性が回復したことを示しているのであり、新しい人間が再創造されたのです。
 主イエスは、呼び求めることも、恵みに答えることも知らない人に、自ら近づき、目の癒し、救いという恵みに入れて下さったのです。私たちも同様です。人は罪の故に神から離れ、死ぬ者・滅びる者となり、自ら救いを求めて立ち上がることすら出来ませんでした。だからこそ主が私たちに近づいて下さり、神を求め、神に救いを求めようとする心を与え、生きて働く主なる神さまによる罪の赦しと救いを求める者としてくださったのです。

Ⅲ.「わたしたちは行わねばならない」
 主イエスは、「わたしをお遣わしになった方の業を、わたしたちが行うのだ」とお語りになります(4)。実際には弟子たちは何もせず、主イエスの行いを理解すらしていませんでした。しかし、弟子たちは何もしないということで、神の御業に参与しているのです。
 それは、出エジプトを行い、約束の地カナンに入ったイスラエルの民を思い出して頂ければ明らかです。最初、イスラエル人はカナンの人々を恐れました。その結果、荒れ野を40年間、彷徨うこととなります。しかし世代が代わり、モーセに代わってヨシュアが指導者として立てられたイスラエルは、約束の地カナンに入って行きます。この時も彼らは恐れますが、主の言葉に聞き従いカナンの人々に勝利をして、カナンに入ることが出来たのです。これは、イスラエルがすべてを主に任せて退いて寝ころんでいたのではなく、目覚めて、雄々しく立って、前進して、主と共にいて、主の勝利を見ていたのです。これが主の民の戦いの原型です。主イエス・キリストが盲人の目を開かれました。この時も弟子たちは、単なる傍観者でなく、主の御業を見届けることにより、自らも主の御業に参与したことを光栄に思わなければならなかったのです。
 父なる神さまは、御子イエス・キリストをこの世に遣わされたように、弟子たちを宣教の業に遣わされたのです。そして今キリスト者とされている私たちもまた、主によってこの世に遣わされているのです。主は、日々、私たちと共におられ、主の御業を成し遂げて下さいます。私たちは、その主の御業に参与することが求められているのです。だからこそ、何事に対しても自分勝手な思いに立って行動するのではなく、今もなお働いておられる主の御業に参与させて頂いているとの思いに立ち、主の御言葉に確認しなければなりません。祈らなければなりません。そのことにより、主がなしたもう御業が何であるかが示され、また同時に私たちが行わねばならない行動というものも示されていくのです。
 今から私たちは聖餐式に与ります。私たちはすでにキリストの十字架により罪赦され、神の救いの祝福に満たされています。そして今なお、主は私たちをとおして、主の御業を成し遂げて下さっているのです。私たちに主の御業が成し遂げられています。だからこそ、主の御業に私たちも参与し、神の国の完成に向けての歩みを続けて行きたいものです。



                                         (2010.6.13)


COPYRIGHT(C) 2010 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る