【ヨハネによる福音書連続講解説教】  辻 幸宏牧師

「羊のために命を捨てる主」  ヨハネによる福音書10章7~18節



ヨハネによる福音書10章7~18節

  7 イエスはまた言われた。「はっきり言っておく。わたしは羊の門である。8 わたしより前に来た者は皆、盗人であり、強盗である。しかし、羊は彼らの言うことを聞かなかった。9 わたしは門である。わたしを通って入る者は救われる。その人は、門を出入りして牧草を見つける。10 盗人が来るのは、盗んだり、屠ったり、滅ぼしたりするためにほかならない。わたしが来たのは、羊が命を受けるため、しかも豊かに受けるためである。11 わたしは良い羊飼いである。良い羊飼いは羊のために命を捨てる。12 羊飼いでなく、自分の羊を持たない雇い人は、狼が来るのを見ると、羊を置き去りにして逃げる。――狼は羊を奪い、また追い散らす。――13 彼は雇い人で、羊のことを心にかけていないからである。14 わたしは良い羊飼いである。わたしは自分の羊を知っており、羊もわたしを知っている。15 それは、父がわたしを知っておられ、わたしが父を知っているのと同じである。わたしは羊のために命を捨てる。16 わたしには、この囲いに入っていないほかの羊もいる。その羊をも導かなければならない。その羊もわたしの声を聞き分ける。こうして、羊は一人の羊飼いに導かれ、一つの群れになる。17 わたしは命を、再び受けるために、捨てる。それゆえ、父はわたしを愛してくださる。18 だれもわたしから命を奪い取ることはできない。わたしは自分でそれを捨てる。わたしは命を捨てることもでき、それを再び受けることもできる。これは、わたしが父から受けた掟である。」



Ⅰ.主イエス
 主イエスは再び「はっきり言っておく」、つまり「アーメン、アーメン、あなた方に告げる」とお語りになり、「わたしは羊の門である」ことも神の真理であることを語ります。つまり、主イエスは御自身が羊飼いであるとお語りになることにより、御自身が羊であるキリスト者を、羊の囲いである神の国に導く者であり、神と人との仲保者であることをお語りになっていました。しかしここでさらに御自身が「羊の門」であるとお語りになることにより、羊を盗人や強盗から守る力強い保護者・統治者であることを明らかにされます。
 羊とはそもそも弱い動物であり、盗人や狼などの外敵から狙われた時、自ら戦うことなど出来ません。そのため、羊飼いによって守ってもらわなければ、命を得ることは出来ないのです。主イエスはそのために羊の群れの中に入られ、羊を保護し、外敵を排除する者として自らを「門」であるとお語りになります。このことは、主なる神さまと私たちの関係が、父と子によって語られている御言葉によっても明らかです(Ⅰヨハネ3:1)。父親は、子どもが危険な状況に遭遇すれば、命を張ってでも子どもを守るのであり、同様に主イエスは、私たちが危険な所に行った時、体を張って助けてくれるのです。

Ⅱ.盗人・強盗
 では私たちにとって何が危険なのか? 主イエスは8節で語られます。「わたしより前に来た者は皆、盗人であり、強盗である」と。ここで私たちが誤解してはならないことは、主イエスより前に来た者が皆、盗人でありません。アブラハム・イサク・ヤコブといった族長たち、モーセやダビデのように預言者、王などの旧約の人々は皆、盗人、強盗として数えられていません。「盗人が来るのは、盗んだり、屠ったり、滅ぼしたりするため」(10)であり、羊を囲いの中から遠ざけ、主なる神さまへの信仰から遠ざける者のことです。しかし旧約の族長や王・預言者たちは、羊飼いである主イエスの所を約束のメシアとして指し示し、主イエス・キリストを通して与えられる救いに導いているのです。
 ここで語られている盗人・強盗とは、明らかにユダヤ人である律法学者やファリサイ人たちのことです。つまり、主イエスの時代、彼らは、自らが神の救いに導く者として、人々を指導しておりました。しかし彼らは、主イエスの言葉に聞くことがなく、かえって人々を神の救いから切り離す者となっていたのです。
 このことは、9章における議論によって明らかになります。主イエスは生まれつきの盲人の目を癒す御業を行われました。この時、主イエスは「今、『見える』とあなたたちは行っている。だから、あなたたちの罪は残る」(41)とお語りになったのです。つまり盲人であった者は、身体的に目が見えるようになったと同時に、心の目が開かれ、救い主であるキリストを受け入れ、信じたのです。一方ファリサイ人たちは、自分たちは救いが見えていると語り、人々を指導していたにも関わらず、目の前で、主イエスによって神の御業がなされたにも関わらず、受け入れること・信じることが出来なかったのです。まさに「見える」と語ることによって、彼らは実際には信仰の目は閉ざされていることが明らかになったのです。だからこそ主イエスは、彼らは信仰の目が閉ざされており、神の民を盗む盗人・強盗であると語っておられるのです。
 こうした盗人・強盗は、主の羊である私たちの周囲にも多く存在します。キリスト教を名乗りつつ、キリストに救いを求めないエホバの証人・統一教会・モルモン教などの異端者は、聖書を用いキリスト教を装いつつ、実は自分たちの教祖へと導き、主イエスを救い主とは認めません。また、異教宗教、世俗化も、同様に私たちを誘惑し、主イエスから切り離そうとする力であることを考えれば、同様です。私たちは、こうした盗人・強盗を、軽く見て、自分は大丈夫だと安易に考えてはなりません。私たちは主の御前に立つ羊であって、盗人・強盗が来れば、逃げ惑うことしか出来ないのです。だからこそ羊飼いである主イエスの助けを求めなければならないのです。それが神礼拝と祈りとなる信仰です。

Ⅲ.羊の門としての主イエス
 そして羊の門として羊を神の国という柵の中に導く主イエスは、盗人・強盗が来れば、彼らを閉め出して下さいます。それも主イエスは、自らの体を張って強盗と立ち向かって下さいます。だからこそ私たちは安心して信仰生活を送ることが出来るのです。私たちが異端者・異教・世俗といった偶像・盗人・強盗と戦い、勝利を遂げなければならないのではなく、主イエスが私たちに代わって勝利を遂げて下さり、私たちは守られているのです。
 外からの攻撃だけが私たちの信仰の誘惑ではありません。一番深い所にあるのは、私たち自身にある罪です。この罪を背負うたままでは、門番の所を通って、神の国に行くことは出来ないのです。この最後の強盗に対して、主イエスは十字架の死という命を張って、私たちを守り・救い・神の国に導くために戦って下さったのです。そしてキリストは十字架において既に勝利を遂げて下さいました。キリストの御業・キリストの罪に対する勝利により、私たちは神の子に相応しい者とされ、神の国に入ることが許されるのです。
 救われ、神の国に入るためには、この羊の門である主イエスの所に来るしかないのです。盗人・強盗は魅力的です。しかしそこには破滅しかないのです。「わたしは羊の門である」とお語り下さり、私たちを徹底的に守ってくださり、神の国に導いてくださる主イエスを信じ、主イエスの御言葉に聞き従った歩みを行い続けて行かなければなりません。


                                         (2010.8.29)


COPYRIGHT(C) 2010 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る