【ヨハネによる福音書連続講解説教】  辻 幸宏牧師

「救い主の声を聞き分ける」  ヨハネによる福音書10章22~30節



ヨハネによる福音書10章22~30節

  22 そのころ、エルサレムで神殿奉献記念祭が行われた。冬であった。:23 イエスは、神殿の境内でソロモンの回廊を歩いておられた。24 すると、ユダヤ人たちがイエスを取り囲んで言った。「いつまで、わたしたちに気をもませるのか。もしメシアなら、はっきりそう言いなさい。」25 イエスは答えられた。「わたしは言ったが、あなたたちは信じない。わたしが父の名によって行う業が、わたしについて証しをしている。26 しかし、あなたたちは信じない。わたしの羊ではないからである。27 わたしの羊はわたしの声を聞き分ける。わたしは彼らを知っており、彼らはわたしに従う。28 わたしは彼らに永遠の命を与える。彼らは決して滅びず、だれも彼らをわたしの手から奪うことはできない。:29 わたしの父がわたしにくださったものは、すべてのものより偉大であり、だれも父の手から奪うことはできない。:30 わたしと父とは一つである。」



序.
 主なる神さまによって救われる者とそうでない人がいる、このことは家族や周囲の人たちの多くが未信者である日本のキリスト者にとっては大きな躓きです。前回は、救いに与る者に与えられる主なる神さまからの一方的な恵みが与えられること、そして滅びに行く者は主イエスの恵みを拒絶することを確認してきました。今回はその続きです。

Ⅰ.主イエスを受け入れないユダヤ人
 ユダヤ人たちは主イエスを見つけると取り囲みます。そして「いつまで、わたしたちに気をもませるのか。もしメシアなら、はっきりそう言いなさい」と迫ります。ユダヤ人たちもメシアを待ち望んでいました。しかしここで彼らはイエスのことをメシアであると信じようと駆け寄ってきたのではありません。彼らは主イエスがメシアであろう言動を行っていることを薄々理解しつつも、それを拒絶しているのです。
 つまり彼らが語っていることは、主イエスがメシアであるとの確信を得たいというものではなく、むしろ主イエスを逮捕するきっかけを探っていたのです。つまり主イエスがサタンの誘惑に遭った時のサタンの言葉(参照:ルカ4章)や、主イエスが逮捕され十字架に架けられている時に、「他人は救ったのに、自分は救えない。メシア、イスラエルの王、今すぐ十字架から降りるがいい。それを見たら、信じてやろう」(マルコ15:31-32)と語った言葉と同じであり、彼らはここにおいても神を試みたのです。
 このことは、「もしメシアなら、はっきりそう言いなさい」と語る言葉に表れています。言葉尻を捉えようとする悪巧みがここにあります。「はっきり」という語は、1・7節において主イエスが「はっきり言っておく」「アーメン、アーメン」と語られた言葉とは別であり、「あからさまに」、「大胆に」、「率直に」、「公然と」、「確信をもって」と訳せます。
 つまりここで問題とされるのは、主イエスの御言葉・御業を受け入れることが出来なかったユダヤ人たち自身の信仰、心の目です。

Ⅱ.主イエスの御言葉・御業
 だからこそ主イエスは彼らに「わたしは言ったが、あなたたちは信じない」とお語りになります(25)。主イエスが父なる神さまとの関係をお語りになったことを、私たちは御言葉から聞き続けました(5章,8章など)。また主イエス御自身が行った奇跡の御業も、私たちは確認してきました。38年間寝たきりの男を癒された御業がありました(5章)。生まれつきの盲人を癒された御業がありました(9章)。つまりユダヤ人たちは「もしメシアなら、はっきりそう言いなさい」と主イエスに迫りますが、主イエス御自身は、「むしろ問題なのは、あなた方がこのことを信じることが出来ないことだ」と、語られているのです。
 つまり主イエスは聖霊をとおして霊的な目である信仰に訴えたのですが、ユダヤ人たちは信仰を抜きに、自分たちの解釈に基づく律法に従って世的に解釈したのです。つまり彼らは、旧約聖書に通じ、知的に学び理解を深めていますが、実際には霊的な目である信仰を有することはなく、常に世的な論理に支配されていたのです。
 主イエスは語られます。「わたしの羊ではないからである」。私たちは、神さまのことを受け入れようとしない人々が滅びるのではないかとの恐れを抱きます。しかし、滅び行く私たちを救い出して下さる主なる神さまの大いなる御業を見上げなければなりません。

Ⅲ.わたしの羊
 そして主イエスは、「わたしの羊はわたしの声を聞き分ける」とお語り下さいます。主イエスの声を聞き分けることが出来る羊には、霊的な目が開かれ主イエスの御言葉を受け入れることが出来るようにされるのです。つまりキリスト者は、主イエスのお語りになる御言葉を信仰によって受け入れることが出来るように、心の目が開かれるのです。つまり信仰は、主なる神さまが内的に働き、主イエスのお語りになる救いの約束を信じることが出来るのです。主イエスの羊であれば、主イエスの御言葉が語られれば、皆がすぐに理解し、主イエスを救い主と信じるようになるかと言えば、そうでもありません。時間がかかる人もいます。私の父は、母が信仰に入ってから40年ほどかかり、死を目前にして、初めて救いを理解し、信仰告白をしました。御言葉を理解し、信仰を告白するまでの間、主の御言葉が語られ、聞いていたとしても、心の目である信仰に届いていなかったのです。それまでの長い時間過ごしてきた世的な生活との挌闘、戦いがあるからです。しかし長い時間、主の御言葉に聞き続けることにより、本来あるべき神の子どもとして生きることの本当の喜び、祝福が示され、罪による死に至る生活からの決別へと動かされていくのです。
 そして信仰の目が開かれ、主による救いが示された者は、神により義と認められ、神の子とされ、清くされ、永遠の命に定められるのです。そして救いの道を歩むことによる救いをお与え下さった神さまへの感謝と喜びに生きることが出来るのです。そして主がお招き下さりつつ、まだ集められていない人々にも同じ喜びに与って頂きたいとの思いが、伝道へと繋がるのです。本当の意味で、救いの喜びにあるからこそ、伝道を行うのです。

                                         (2010.9.12)


COPYRIGHT(C) 2010 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る