【ヨハネによる福音書連続講解説教】  辻 幸宏牧師

「ラザロのためにユダヤに行こう」  ヨハネによる福音書11章1~16節



ヨハネによる福音書11章1~16節

  1 ある病人がいた。マリアとその姉妹マルタの村、ベタニアの出身で、ラザロといった。2 このマリアは主に香油を塗り、髪の毛で主の足をぬぐった女である。その兄弟ラザロが病気であった。3 姉妹たちはイエスのもとに人をやって、「主よ、あなたの愛しておられる者が病気なのです」と言わせた。4 イエスは、それを聞いて言われた。「この病気は死で終わるものではない。神の栄光のためである。神の子がそれによって栄光を受けるのである。」5 イエスは、マルタとその姉妹とラザロを愛しておられた。
11:6 ラザロが病気だと聞いてからも、なお二日間同じ所に滞在された。7 それから、弟子たちに言われた。「もう一度、ユダヤに行こう。」8 弟子たちは言った。「ラビ、ユダヤ人たちがついこの間もあなたを石で打ち殺そうとしたのに、またそこへ行かれるのですか。」9 イエスはお答えになった。「昼間は十二時間あるではないか。昼のうちに歩けば、つまずくことはない。この世の光を見ているからだ。10 しかし、夜歩けば、つまずく。その人の内に光がないからである。」11 こうお話しになり、また、その後で言われた。「わたしたちの友ラザロが眠っている。しかし、わたしは彼を起こしに行く。」12 弟子たちは、「主よ、眠っているのであれば、助かるでしょう」と言った。13 イエスはラザロの死について話されたのだが、弟子たちは、ただ眠りについて話されたものと思ったのである。14 そこでイエスは、はっきりと言われた。「ラザロは死んだのだ。15 わたしがその場に居合わせなかったのは、あなたがたにとってよかった。あなたがたが信じるようになるためである。さあ、彼のところへ行こう。」16 すると、ディディモと呼ばれるトマスが、仲間の弟子たちに、「わたしたちも行って、一緒に死のうではないか」と言った。



Ⅰ.ラザロの家族と主イエス
 ヨハネ福音書の読者には、マリアとマルタの名は広まっていました。初代教会の指導者であったのか、それともルカ福音書10:38~の記事が知れ渡っていたのでしょう。そして、マリアとマルタに弟ラザロがいたことがここで記されています。ラザロに関しては、ヨハネがこの11・12章において記しているだけです。
 しかし福音書は、彼と彼の家族が、主イエスからどれ程愛されていたのかを語ります。主イエスは、逮捕され殺されることから逃れるために、エルサレムからヨルダン川の東側のベタニアに来ております。弟子たちは同行したでしょうが、多くの人々がこの事実を知ることはなかったかと思います。なぜなら、主イエスが行く所を多くの人々が知ることは、ユダヤ人たちの追随を許し、主イエスが逮捕されることも考えられるからです。しかし姉妹たちはイエスのもとに人をやるのです(3)。つまり彼女たちは、主イエスの逃れた場所を知らされていたのです。彼ら家族は、主イエスから愛され、主イエスからの信頼が厚かったことを、聖書記者である使徒ヨハネは証ししているのです。

Ⅱ.病気であるラザロ
 さて、主イエスのもとに届けられた知らせは、ラザロが病気であることでした(3)。単に病気であれば、数日中にお見舞いに行けば良いとの判断も付くでしょう。だからこそ弟子たちは、「主よ、眠っているのであれば、助かるでしょう」(12)と語ります。しかし主イエスは、ラザロが死に瀕していたことを知っておられます。しかしその上でなお二日間同じ所に滞在されたのです(6)。主イエスは愛しておられる友人を見殺しにする冷たい人間なのか? しかし主イエスは、ラザロの肉体が死を遂げたことを、誰が見ても明らかにしなければならなかったのです。つまり主イエスがラザロを復活させ、命を与えることが出来るお方であることを証明するためです。だからこそ、主イエスがラザロの所に行くのは、ラザロが墓に葬られて四日も経ってからだったのです(17)。死体が葬られて四日も経てば、遺体は腐り始め、臭い始める頃です。誰もが、ラザロは死んだことを受け入れざるを得ません。
 一方ラザロを復活させるに先だって、主イエスは弟子たち語られました。「この病気は死で終わるものではない。神の栄光のためである」(4)。「この病気」とは、私たちの考える「肉体の死」のことです。「ラザロの病気」と限定しない方が良いでしょう。人は通常、人間が肉体の死を遂げた時、全てが終わると考えます。だからこそ、人々は「死」を恐れ、「不死」という永遠の命を求め、今の自分・生活を大切にします。しかし、主なる神さまが創造し、支配しておられる被造物としての人間は、肉体の死をもってすべてが終わることはないのです。主が創造して下さった人間とは肉体と共に霊があり、人間は肉体が死を迎えたとしても、霊は生きいるのです。そしてキリストを信じ、キリストに繋がる人は、肉体の死の時、霊は天国に受け入れられるのです。そしてキリストが再臨した時、新しい体が与えられ、霊と結びつき、神の祝福に満たされるのです。だからこそ、キリスト者にとって肉体の死を迎えることは、それで終わりではなく、病気のように一時的に眠りにつくが、再び起き上がり、天国における永遠の生命の希望の約束があるのです。

Ⅲ.私たちの救いとキリストの十字架
 しかし同時に、人間に与えられる肉体の死と復活は、御子イエス・キリストの十字架の死と復活による罪の贖い抜きには語ることは出来ません(2)。この記事は、12:1~8で記されます。マリアは純粋で非常に高価なナルドの香油を、主イエスの足に塗ります。これは主イエスの葬りのためです(12:7)。キリストの十字架の贖いがあったからこそ、本来、罪の故に、死を迎え、永遠の滅びと定められた者が、復活を遂げ、神の国における永遠の生命に与ることが出来るのです。つまり、ラザロを復活させるにあたって、主イエスの葬りの準備を行ったマリアのことを書き記すことは、人間に与えられる肉体の死からの復活が、キリストの十字架と繋がっていることを指し示すために、重要なことであったのです。
 キリストの愛とは、ラザロを見殺しにすることではありません。肉体の死を遂げても、復活し、永遠の生命の希望を与えることでした。私たちは今、まさに、このキリストの愛の内に命が与えられ、キリストの十字架の贖いに与っているのです。

                                         (2010.10.3)


COPYRIGHT(C) 2010 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る