【ヨハネによる福音書連続講解説教】  辻 幸宏牧師

「信じる者は死んでも生きる」  ヨハネによる福音書11章17~27節



ヨハネによる福音書11章17~27節

  17 さて、イエスが行って御覧になると、ラザロは墓に葬られて既に四日もたっていた。18 ベタニアはエルサレムに近く、十五スタディオンほどのところにあった。:19 マルタとマリアのところには、多くのユダヤ人が、兄弟ラザロのことで慰めに来ていた。20 マルタは、イエスが来られたと聞いて、迎えに行ったが、マリアは家の中に座っていた。21 マルタはイエスに言った。「主よ、もしここにいてくださいましたら、わたしの兄弟は死ななかったでしょうに。22 しかし、あなたが神にお願いになることは何でも神はかなえてくださると、わたしは今でも承知しています。」23 イエスが、「あなたの兄弟は復活する」と言われると、
11:24 マルタは、「終わりの日の復活の時に復活することは存じております」と言った。25 イエスは言われた。「わたしは復活であり、命である。わたしを信じる者は、死んでも生きる。26 生きていてわたしを信じる者はだれも、決して死ぬことはない。このことを信じるか。」27 マルタは言った。「はい、主よ、あなたが世に来られるはずの神の子、メシアであるとわたしは信じております。」



序.
 神さまを知らない人が「信じる者は死んでも生きる」と聞くと驚かれることでしょうが、キリスト者にとっては自明の事です。しかし神さまを信じ、頭で理解していることが、私たちの本当の信仰となっているのか、今日の御言葉はそのことの問いかけです。

Ⅰ.主イエス、いざエルサレムへ!
 ヨルダン川の東側におられた主イエスに、ラザロが病気であることが知らされた時、主イエスはラザロが死んでいる事を知っているにも関わらず、なおもそこに二日間滞在されました。それはラザロが死んだことを他の人々が受け入れる必要があったからです。その主イエスがラザロの町ベタニアに向かわれます。ベタニアは、エルサレムから15スタディオン(約3km)東に位置し、エルサレムに隣、人々はエルサレムと行き来していた町です。
 主イエスがエルサレムの隣ベタニアに行かれたということは、第一に、主イエスの地上の御生涯の最終段階、つまり十字架にお架かりになるためにエルサレムに入る一歩手前まで来たことを意味します。第二にベタニヤにおいて起こったことは、エルサレムの直ぐ傍で起こったことであり、ユダヤ人たちにとっては、足元から揺るがす重大事件であったのです(参照:11:47)。つまり、主イエスがラザロを復活させることが、ユダヤ人たちが主イエスを逮捕し、十字架に架けることに拍車をかけたと言っても良いでしょう。

Ⅱ.信仰のリアリティ
 そして、マルタが主イエスの所に来た時、マルタは主イエスに語り(21~22)、主イエスが「あなたの兄弟は復活する」と語られた時にさらに「終わりの日に復活することは存じております」と答えます。マルタの最初の言葉には、最愛なる兄弟ラザロを亡くした悲しみと共に、なぜこの重要な時にイエスさまがいて下さらなかったのかとの憤りもありますが、主イエスの言葉に対する答えは、マルタの信仰告白でもあります。キリスト者としては模範解答ですが、主イエスはこれで良しとはされませんでした。この言葉から生きた信仰を感じ取ることが出来ないからです。これはキリストの現臨、信仰のリアリティの中に信仰生活を送っているのかという、私たちの問題でもあります。日曜日に礼拝に出ていればキリスト者なのか? 聖書の知識・教理を蓄えれば、良いキリスト者なのか? 決してそうではありません。キリストの命、永遠の生命の喜びに生きているかが問われています。
 マルタの信仰告白は、ファリサイ人でも行う事が出来ました。つまりサドカイ派は死人の復活を否定していましたが、ファリサイ派は死人の復活を信じていたからです(参照:マタイ22:23~33、使徒23:6~11)。そして彼らもまた、約束のメシアの到来と終末の時代に訪れる復活を信じていたのです。しかしファリサイ人たちは、律法主義に陥り、主イエスの語られる真理に耳を傾けることが出来なくなっていました。彼らの信仰は、頭の中に留まり、生きた信仰となっていなかったのです。ただ、ファリサイ人たちとマルタの間に違いがあったとすれば、主イエスを受け入れていたか、受け入れていないかの違いです。
 マルタの前に立っておられるのは、主によって遣わされたキリストです。主なる神さまはどういうお方であったのか? 主はモーセに対して、出エジ3:14「わたしはある。わたしはあるという者だ」とお語りになりました。主なる神さまは、昔の時点でも、その時におられ、今、私たちと共におられ、そして未来にあっても、その時に神様は私たちと共にいて下さるのです。生きて働く主なる神さまが、私たちと共にいて下さるのです。
 今、生きて働く主なる神さまである御子イエス・キリストが、マルタと共にいて下さるのです。そのお方が、「あなたの兄弟は復活する」とお語り下さいました。ここで今、主が兄弟を復活させて下さる信仰の立たなければなりません。
 そもそも人は、主から創造された時に、命の息吹が吹き入れられたのですが、最初の人の罪により、死が持ち込まれました。主は人に「善悪の知識の木からは、決して食べてはならない。食べると必ず死んでしまう」(創世2:16)と語られており、人はこの木の実を食べたのです。この時、人はすぐに肉において死ぬことはなかったのですが、神の子として永遠の生命の喜びから離され、死んでいたのも同然だったのです。この死んだも同然の者の子として、私たちは生まれてきているのです。生まれながらに死んだ者なのです。
 しかし主イエスは、「あなたの兄弟は復活する」(23)とお語り下さったのです。これは肉の命の復活ですが、同時に死に定められた者に与えられた永遠の生命です。そしてこの主イエスが、「わたしは復活であり、命である。わたしを信じる者は、死んでも生きる。生きていてわたしを信じる者はだれも、決して死ぬ事はない」(25-26)とお語り下さるのです。復活、これは確かに、キリストの再臨、神の国の完成まで待たなければなりません。しかし、死に約束されて、希望を失っていた私たちに、キリストは命を与え、「死ぬもの」ではなく「生きる者」、命をお与え下さったのです。
 マルタは、今、キリストによって示された命を受け入れるのかと問われています。永遠の生命とは、肉の死を遂げた後、終末に与えられる遠い話しではないのです。今、マルタに、そして私たちひとり一人に与えられている永遠の生命です。この永遠の生命に入れて下さるために、キリストは十字架に架かり、私たちの死の贖いとなって下さったのです。私たちは、頭でっかちの知識としての信仰に留まっていてはなりません。今、すでに与えられた永遠の命の喜びに満たされているのです。

                                         (2010.10.24)


COPYRIGHT(C) 2010 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る