【ヨハネによる福音書連続講解説教】  辻 幸宏牧師

「ユダヤ人の評価」  ヨハネによる福音書11章28~37節



ヨハネによる福音書11章28~37節

  28 マルタは、こう言ってから、家に帰って姉妹のマリアを呼び、「先生がいらして、あなたをお呼びです」と耳打ちした。29 マリアはこれを聞くと、すぐに立ち上がり、イエスのもとに行った。30 イエスはまだ村には入らず、マルタが出迎えた場所におられた。31 家の中でマリアと一緒にいて、慰めていたユダヤ人たちは、彼女が急に立ち上がって出て行くのを見て、墓に泣きに行くのだろうと思い、後を追った。32 マリアはイエスのおられる所に来て、イエスを見るなり足もとにひれ伏し、「主よ、もしここにいてくださいましたら、わたしの兄弟は死ななかったでしょうに」と言った。33 イエスは、彼女が泣き、一緒に来たユダヤ人たちも泣いているのを見て、心に憤りを覚え、興奮して、34 言われた。「どこに葬ったのか。」彼らは、「主よ、来て、御覧ください」と言った。35 イエスは涙を流された。36 ユダヤ人たちは、「御覧なさい、どんなにラザロを愛しておられたことか」と言った。37 しかし、中には、「盲人の目を開けたこの人も、ラザロが死なないようにはできなかったのか」と言う者もいた。



Ⅰ.死に直面する人々
 マルタとマリアの兄弟ラザロは墓に葬られてからすでに4日経っていました(17節)。誰の目から見ても、ラザロは死に、生き返る希望が失せていました。それはマリア(32節)もマルタ(21節)も同様です。これは死を遂げた人間は息を吹き返すことはないという諦めです。そして彼らは、主イエスであったとしても死を克服できないと思っているのです。言い換えれば、マリアが主イエスを救い主として信じていている信仰は限定的であり、主イエスが全知全能なる神さまであることを、受け入れ信じることが出来ていませんでした。

Ⅱ.主イエスの愛
 しかしこの時イエスは、心に憤りを覚え、興奮されます(33節)。「心」とは「霊」です。霊、つまり魂に激しい憤りを覚えられ、心かき乱されるような興奮状態になられるのです。神は、感情もなく、興奮することもないように思ってしまいますが、そうではありません。主なる神さまは、父・子・聖霊の豊かな交わりの中にあります。そして聖書においては、繰り返し、主の感情が語られているのです。出エジプト3章では、エジプトにおいて奴隷の民であったイスラエルの痛みを主は覚えられます。出エジプト記32章の金の子牛の場面では、主なる神さまが激しい怒りの感情を表されて、それをモーセがなだめるのです。
 では、ここで主イエスは何に対して、これだけの感情を露わにされているのか? マルタとマリアの不信仰か? 主イエスは弟子たちの不信仰に、憤りを露わにされるお方ではありません。主イエスはペトロが離反した時も、トマスが復活を受け入れなかった時も、温かく見守っていて下さいます。ここでも、主イエスは彼女たちの悲しみ、心の痛みを受け止められ、信仰の弱さを受け止めていて下さっているのです。特に親しい者が死に、悲しみにある人々に対して、悲しみに追い打ちするようなことはなさいません。
 主イエスの怒りはユダヤ人たちに向けられていると語る神学者がいます。それにはいくつかの理由があります。28節でマルタがマリアを呼びに行った時、日本語訳聖書では翻訳されていませんが、「密かに」という言葉が原典のギリシャ語では記されています。つまり主イエスは、主イエスの語られることを理解出来ないユダヤ人たちに来てもらいたくないとの意図はあったのです。そしてマリアが主イエスの前で悲しみを訴えている時、彼女が泣いていると一緒にユダヤ人たちも泣いていた様子を主イエスは見ておられました。彼らの演技、偽善的な行為に対する主イエスの怒りと考えるのです。しかし主イエスは、主イエスを受け入れることが出来ないユダヤ人に対してすらも、これだけの憤りの感情を露わにされる方ではありません。それは主イエスが十字架に架かっておられる時に、十字架に架けたユダヤ人に対する主イエスの祈りによって明らかです。ルカ23:34「父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです」。主イエスを拒絶し、受け入れることの出来ない人々に対しても、主はなおも執り成しの祈りをして下さるのです。
 死に打ち勝つ力を持っておられる主なる神さまが目の前におられます。私たちは主による甦りに委ねる信仰が求められます。にもかかわらずマルタもマリアも、私たちも、親しい者の死に接した時、自らの感情を露わにし、悲しみ、主イエスに対する反発の言葉を語るのです。しかし主は忍耐強く、すべて受け入れて下さいます。これが主イエスの愛です。

Ⅲ.主イエスの憤り
 主イエスの憤り、それは、ラザロを追いやった「死」に対してです。主は、人を作られた時、神のかたどり、神にかたどって人を創造されました(創世1:27)。そして命の息を吹き入れて下さったのです(創世2:7)。つまり人は、主なる神さまと交わり、神と共に永遠に生きるものでした。そこに「死」が持ち込まれました。「死」は主が望んでおられるものではありません。神の子である人に持ち込まれるべきものではないのです。しかし、神の子として主との交わりに生きるべき人に、罪が混入し、死が持ち込まれたのです。
 つまり主イエスの憤りは、愛するラザロが、死を遂げたからです。そして主イエスは、この御自身の憤りを抑えるが如く、二つの行動を行います。第一が実際に、肉の死を遂げたラザロの所に行き、ラザロを復活させます。この御業は、人々に対しては主イエス御自身が、肉の死に打ち勝つ力を持っておられることを示されることですが、同時に、主なる神さまは、愛する神の子として定められている人に対しては、「死」ではなく「命」をお与え下さるお方であることを、はっきりと私たちに示し下さっているのです。

 主イエスの第二の御業は、根源的に人間を支配している「死」に勝利をされるべく、御自身が十字架に道を歩まれることです。ヨハネ福音書は12章になると、過越祭(主イエスが逮捕され、十字架に架けられる時)の六日前になります。ラザロの復活はその直前に行われたのです。私たちが避けることが出来ない肉の死を主イエス御自身も十字架で遂げてくださったのです。そして陰府に留まられました。そして主イエスは、三日目の朝に復活し、甦られました。つまりラザロに起こった復活の御業はラザロ一人に留まることなく、主イエスを信じ、主イエスに繋がる全ての人に対しても同じ復活が与えられることをお示し下さったのです。そして主イエスは復活することにより、「死」に勝利されたのです。主の勝利、主の復活は、ラザロを死から命を与えられたように、私たちを死の世界から神の子としての命の世界へと招き上げて下さるのです。
 私たちはこの後、主の晩餐の礼典に招かれます。私たちはまさに、この聖餐の礼典により、私たちのために十字架に架かられた主イエスのお姿を思い描くように、同時に、私たちに与えられた命により、私たちは、天において行われる主の晩餐に招かれているということを忘れてはなりません。イエス・キリストを救い主として信じる私たちは、主イエスが激しい憤りを覚え、興奮された「死」の世界から、神の国における恵みと平安に充ちた祝福された命の世界に入れられているのです。


                                         (2010.11.7)


COPYRIGHT(C) 2010 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る