【ヨハネによる福音書連続講解説教】  辻 幸宏牧師

「主イエスの憤り」  ヨハネによる福音書11章38~44節



ヨハネによる福音書11章38~44節

  38 イエスは、再び心に憤りを覚えて、墓に来られた。墓は洞穴で、石でふさがれていた。39 イエスが、「その石を取りのけなさい」と言われると、死んだラザロの姉妹マルタが、「主よ、四日もたっていますから、もうにおいます」と言った。40 イエスは、「もし信じるなら、神の栄光が見られると、言っておいたではないか」と言われた。41 人々が石を取りのけると、イエスは天を仰いで言われた。「父よ、わたしの願いを聞き入れてくださって感謝します。42 わたしの願いをいつも聞いてくださることを、わたしは知っています。しかし、わたしがこう言うのは、周りにいる群衆のためです。あなたがわたしをお遣わしになったことを、彼らに信じさせるためです。」43 こう言ってから、「ラザロ、出て来なさい」と大声で叫ばれた。44 すると、死んでいた人が、手と足を布で巻かれたまま出て来た。顔は覆いで包まれていた。イエスは人々に、「ほどいてやって、行かせなさい」と言われた。




Ⅰ.肉の死
 ヨハネ福音書11章では、マルタとマリアの兄弟ラザロが死に、墓に葬られてきたこと、主イエスがラザロの墓の前に来た時、ラザロが葬られてからすでに四日経っていたことが記されています。死後一・二日であれば、仮死状態から蘇生することが考えられるかも知れませんが、三・四日となると死体が腐乱して臭いだします。聖書が「四日もたっている」(17,39)と記すのは、蘇生の希望をなくしたことを強調して記しているのです。
 ラザロの死を語るマルタは、主イエスに対して「はい、主よ、あなたが世に来られるはずの神の子、メシアであるとわたしは信じております」と告白していたのです(25~27)。
 ここで一緒に考えて頂きたいのです。私たちもマルタと同じように、主イエスに対する信仰を告白しているキリスト者です。しかし現実に親しい者が肉の命を失った時、私たちも復活の主であるキリストによる復活の希望を覚えつつも、今まで一緒に暮らしてきた肉親の死に対して、悲しみがこみ上げることだと思います。

Ⅱ.人の死とキリストの十字架
 主イエスは、ラザロの墓に来られた時、再び心に憤りを覚えられます(一度目は33節)。主イエスの激しい感情は、人が避けて通ることの出来ない死に対して向けられています。
 主イエスがなぜ2000年前のクリスマスの夜に、人として遜りになられたのか? それは主イエス御自身が十字架の死と復活を通して、主イエスを信じるすべての人に罪の赦しと永遠の生命を与えるためです。主なる神さまは人が罪の故に死に行く姿に対して激しい憤りを持っておられたのです。だからこそ父なる神さまは、永遠のご計画の中、愛する御子イエス・キリストを救い主として、人としてこの世に遣わされたのです。つまり、主イエスの憤りは、父なる神さまの憤りそのものでもあります。
 そして主イエス・キリストの十字架の死は、まさにこの憤りの矛先である死に対して、罪に対して、そしてサタンに対して勝利をもたらすことが目的でした。十字架こそ、主イエスにとって避けて通る事の出来ない重要な御業でした。だからこそ人間イエスは、死の苦しみを知る余り、逮捕され十字架に架けられる前ゲッセマネにおいて「父よ、御心なら、この杯をわたしから取りのけてください。しかし、わたしの願いではなく、御心のままに行ってください」(ルカ22:42)との祈りつつ、御自身が与えられた最大の使命をまっとうするために、逮捕され十字架に架かられる道を歩まれるのです。つまり今、人の死に対して主イエスの持っておられる憤り、父なる神さまの持っておられる憤りは、御子イエス・キリストが十字架に架かることによってのみ取り除けられるのです。キリストの十字架の死と死から復活こそが、主イエス御自身の憤りにある私たちの死を取り除けられる唯一の方法であり、このことは主イエス・キリストを救い主と信じる者に与えられる祝福です。

Ⅲ.復活により示される神の栄光
 そして主イエスはマルタに対して、「もし信じるなら、神の栄光が見られる」と宣言されます。救いとは、神によって与えられ、神の国に入れられることであり、神の栄光の中に入れられることです。神の御支配は、この世、つまり全世界に渡っています(参照:詩編19編)。しかし私たちを覆っている罪により、私たち人間は神の栄光を、自然をとおして直接見ることが出来なくなったのです。救いはこの神の栄光の回復でもあります。だからこそ私たちが主イエスこそが神の御子メシアであることを受け入れ、救いの御業を成し遂げるお方であることを信じる時、神の栄光を見ることが出来る者とされるのです。
 主イエスは「ラザロ、出て来なさい」との大声の呼びかけ、ラザロは復活します。これは主イエスの喜びの叫びです。そしてキリストもまた、十字架の死から三日目の朝に、罪に打ち勝ち、復活を遂げられます。同じように、キリストを受け入れ信じる私たちもまた、キリストの十字架により義と認められ、キリストの再臨の時に無罪判決を受け、神の国の永遠の生命に与るのです。この神の御国は、まさに神の栄光が満ち溢れているのです。
 しかし多くの人々は、この神の栄光を見る事が出来ずにいます。神の存在・御業・栄光を直接目で見なければ信じないと語る人が多くいます。彼らには今は隠されています。隠されていても神は現実に存在され、神の御業は今も私たちに示されているのです。それを信じることが出来ないのは、罪があるからです。この心の頑なさと取り除くためには、神の御言葉が宣べ伝えられ、同時に聖霊の働きが求められています。

                                         (2010.11.28)


COPYRIGHT(C) 2010 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る