【ヨハネによる福音書連続講解説教】  辻 幸宏牧師

「イエスを恐れるユダヤ人」  ヨハネによる福音書11章45~53節



ヨハネによる福音書11章45~53節

  45 マリアのところに来て、イエスのなさったことを目撃したユダヤ人の多くは、イエスを信じた。46 しかし、中には、ファリサイ派の人々のもとへ行き、イエスのなさったことを告げる者もいた。47 そこで、祭司長たちとファリサイ派の人々は最高法院を召集して言った。「この男は多くのしるしを行っているが、どうすればよいか。48 このままにしておけば、皆が彼を信じるようになる。そして、ローマ人が来て、我々の神殿も国民も滅ぼしてしまうだろう。」49 彼らの中の一人で、その年の大祭司であったカイアファが言った。「あなたがたは何も分かっていない。50 一人の人間が民の代わりに死に、国民全体が滅びないで済む方が、あなたがたに好都合だとは考えないのか。」51 これは、カイアファが自分の考えから話したのではない。その年の大祭司であったので預言して、イエスが国民のために死ぬ、と言ったのである。52 国民のためばかりでなく、散らされている神の子たちを一つに集めるためにも死ぬ、と言ったのである。53 この日から、彼らはイエスを殺そうとたくらんだ。



Ⅰ.群集心理
 ラザロは死んで葬られてから四日経った時、主イエスは彼の墓に来られラザロを甦らせました。この死人を復活させる主イエスの御業は、新約聖書を通しても、主イエス御自身が十字架の死から復活を遂げられることに並ぶ、偉大な御業です。だからこそ、それを見ていたユダヤ人たちも主イエスを信じます。しかし、ここで彼らの言葉は一言も記されていません。もちろんこの中にも、このまま主イエスを信じて、救いの道を歩み続けた人たちもいたことでしょう。しかし、それはごく一部の人だったことでしょう。
 ここに出て来る人々は、いわゆる群衆です。「群集心理」という言葉があります。「群集心理」とは「群衆の状態におかれた人々が示す特殊な心的状況であり、暗示されやすく、衝動的な言動をとる傾向がある」のであり、「一般に判断力が低下し、興奮性が強くなり、衝動的・無責任的な言動をとる傾向にある」のです。
 なぜ彼らが群衆にすぎなかったと言えるのか?この時、過越祭の六日前です(12:1)。過越祭の日に主イエスは十字架に架けられ死を遂げられます。つまり一週間後、逮捕され裁判を受けているイエスに、人々は「十字架に架けよ」と叫ぶのです。人々の思いは一週間で、「主イエスを信じる」ことから、「イエスを殺す」方向へと変わるのです。つまり人々は自分の意志によって考え、行動しておらず、大成に流されるまま行動しているのです。「世論」は力を持ちますが、しかし何も考えずに世論に流されるままでいると、大きな過ちを犯すのです。私たちは主イエスを信じることにおいて、群衆であってはなりません。

Ⅱ.ファリサイ人たちの恐れ
 一方、主イエスがラザロを復活させたことを聞き知ったファリサイ人たちはどうか? すぐさま最高法院(サンヘドリン)を招集し開催します。つまりファリサイ人たちにとっても、イエスが死人を復活させたことは衝撃的な出来事であったのです。
 彼らも、主イエスの御業を受け入れざるを得ませんでした。彼らは語ります。「われわれは何をしているのか。あの人が多くのしるしを行っているというのに」(47節:新改訳)。つまりファリサイ人たちは、「どうすればよいのか」と手をこまねいているのですが、実際には何も出来ず、さじを投げている状態にあるのです。別の見方をすれば、彼らは主イエスが奇跡を行うことの出来るお方として、神から遣わされた方であることを受け入れられないばかりか、本来ならば自分たちがそのような御業を行わなければならないとの立場に立っているのです。つまり彼らは、メシアである救い主を待ち望むイスラエルの民でしたが、自分たちこそが神から遣わされた働き人であり、自分たちが救い主としての御業を行わなければならないと考えていたことを、ここでの言葉は語っています。
 「そして、ローマ人が来て、我々の神殿も国民も滅ぼしてしまうだろう」(48)。これは非常に滑稽な表現です。救い主を待ち望む神の選びの民とされたイスラエルです。そして神殿は、主なる神さまが臨在される場所として、神礼拝を献げる場として、主から賜った聖なる場所です。イスラエル人であれば、約束の救い主、メシアが確実に来られることを信じ、またそのことを人々に語り継いでいたはずです。彼らが「我々の神殿も国民も滅びてしまう」と語ることは矛盾です。彼らは、バビロン捕囚で神殿を占領され、神の約束の地を追われた過去がありました。トラウマがあったでしょう。しかし主が約束の民を捕囚の民としたのには意味があり、彼らはそれを知らなければならない立場にありました。主はイスラエルに罪に対する裁きを示された上で、イスラエルに残りの民をお与え下さり、エルサレムに帰還し、神殿を再建してメシアを待ち望むことを求めてられたのです。
 つまり、「我々の神殿も国民も滅びる」と語るのは、自分たちの信じているはずの約束のメシアの存在を否定しているのであり、信仰の矛盾です。つまり彼らは約束のメシアを待ち望むと語りつつ、実際には、自分たちの地位・権力・土地に固執しているのです。だからこそ、イエスの御業により、ローマの命令で失脚させられることを恐れているのです。

Ⅲ.主イエスを見よ
 では、私たちは、どうのように神さまを信じればよいのか? 人々の意見に左右されることなく、自分の信仰を確立することです。「○○先生が語るから正しい。信じる」ではいけません。それは○○先生の僕であって主の僕ではありません。私たちが従わなければならないのは、創造主・救い主である主なる神さまです。だからこそ、群集心理に陥り、盲目的信仰となってはなりません。
 私たちは主イエス・キリストに聞き従うことです。主イエスは、墓に葬られて四日経っていたラザロを甦られさせたことを聖書は証しします。そしてその事実を多くの者たちが認めているのです。私たちはこの主イエスの御業を受け入れ、信じることです。そして、このお方が神の御子であり、今も生きて私たちと共にいて下さるインマヌエルであることを覚える時、主イエスが私たちを復活させることのお出来になるお方であることを受け入れることです。そして、変わる事のないお方を受け入れるのですから、私たちの信仰も、変わる事があってはなりません。信仰は、人々の意見に流されたり、一時の感情であってはならないからです。私たちは今、主の晩餐に与ります。天国における主の晩餐に招かれていることを、今、聖餐によって確認するのです。だからこそ私たちは、人の意見に左右されることなく、救い主である主なる神さま、贖い主である神の御子、主イエス・キリストを信じ続けていかなければなりません。



                                         (2010.12.5)


COPYRIGHT(C) 2010 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る