【ヨハネによる福音書連続講解説教】  辻 幸宏牧師

「民に代わって死ぬイエス」  ヨハネによる福音書11章45~53節



ヨハネによる福音書11章45~53節

  45 マリアのところに来て、イエスのなさったことを目撃したユダヤ人の多くは、イエスを信じた。46 しかし、中には、ファリサイ派の人々のもとへ行き、イエスのなさったことを告げる者もいた。47 そこで、祭司長たちとファリサイ派の人々は最高法院を召集して言った。「この男は多くのしるしを行っているが、どうすればよいか。48 このままにしておけば、皆が彼を信じるようになる。そして、ローマ人が来て、我々の神殿も国民も滅ぼしてしまうだろう。」49 彼らの中の一人で、その年の大祭司であったカイアファが言った。「あなたがたは何も分かっていない。50 一人の人間が民の代わりに死に、国民全体が滅びないで済む方が、あなたがたに好都合だとは考えないのか。」51 これは、カイアファが自分の考えから話したのではない。その年の大祭司であったので預言して、イエスが国民のために死ぬ、と言ったのである。52 国民のためばかりでなく、散らされている神の子たちを一つに集めるためにも死ぬ、と言ったのである。53 この日から、彼らはイエスを殺そうとたくらんだ。



序.
 キリストの十字架の死は、私たちの救いのための贖い、つまり身代わりの死です。他人の罪を代わりに背負い、特に死に至る贖いなど私たちには考えられないことです。しかし神の御子イエス・キリストは私たちの贖いのために十字架にお架かり下さいました。このキリストの十字架の御業は、旧約聖書において預言がされており、主の大いなるご計画によって行われたのです。生きて働かれる主なる神さまが、私たち人間を愛して下さり、神の救いのご計画に、私たちを引き入れて下さっているのです。しかしキリストの十字架は、同時にユダヤ人の罪の表れであることも、私たちは確認していかなければなりません。

Ⅰ.世俗化した宗教的為政者
 さて、主イエスが死んでいたラザロを復活させたことは、ファリサイ人たちにとっても衝撃的な出来事でした。彼らはすでにイエスを殺そうと企んでいました。しかし、主イエスがラザロを復活させ、多くのユダヤ人たちが主イエスを信じるようになり、危機を覚えます。そればかりか「ローマ人が来て、我々の神殿も国民も滅ぼしてしまうだろう」(48)と語り始めます。神さまを信じて、メシアを待ち望みつつ、人間的な力による滅びがもたらされることに脅える信仰的矛盾がここにあります。つまり彼らにとって大切なことは、自分たちの地位が保たれることです。彼らの脅えは、イエスが人々に賞賛される事により、ローマが自分たちの地位を奪うこと、さらにローマがイスラエルを完全に征服し、イスラエルを滅ぼしてしまうことです。
 ここで大祭司カイアファが語り始めます。大祭司は本来、レビ族の家系で、一度大祭司に任じられると、生涯その地位にありました。しかしこの時代、大祭司の地位は世俗化し、ローマによって任じられおり、ローマの総督によって途中で交代させられることもありました。そのため大祭司は、ファリサイ派には属さず、より現実主義であるサドカイ派に属し、死人の復活すら信じていませんでした。また、長老たちによって構成されていた議会、最高法院に大祭司が加わり、大祭司が議長を務めていました。神と民に仕える聖職者が世俗化する、このことは非常に大きな問題があるのです。

Ⅱ.大祭司カイアファ
 カイアファは「あなたがたは何も分かっていない」と発言します。これは議会の大成を占めていたファリサイ人に語った言葉です。カイアファはイエスに脅える事は致しません。50節の言葉は非常に政治的な言葉です。ここに彼の信仰を感じることはありません。
 しかし主なる神さまが求めておられることは、残りの一人を大切にするのです。100匹の羊の譬えが物語っています(ルカ15:1~7)。弱者であり切り捨てられても当然と思われる人であっても、主は最後まで探し求め、神の民として救いに導いて下さるのです。主は私たちのことを思い、苦しみを受け止め、私たちの弱さを一緒に担って下さるのです。

Ⅲ.主のご計画
 ここで福音書記者ヨハネは、51節を付け加えます。つまり私たちは、ここに神の御計画が実現していることを読み取らなければなりません。神の御計画の実現であったからこそ、ここに我々の救いの確かさを見ることが出来るのです。カイアファは確かに自分から語ったのです。ここに彼のよこしまな心、彼の考えが表れています。しかし人の計画が実行されていくのにあたって、同時に神の御計画がここにあるのです。この神の御計画がカイアファによって預言されたのです。彼は知らないながらに神の真理を語らせられていたのです。つまり主なる神さまは、すべてを支配しておられるのであり、私たちの意志を用いつつ、私たちの意志を超えて御自身の御業を成し遂げることがお出来になるお方です。つまり100%彼の言葉ですが、同時に100%神によって与えられた預言が語られたのです。
 さらにヨハネは52節を語ります。国民とはイスラエルの民であり、散らされている神の子たちとは、世界に散らされている選びの民、福音の宣教を通じて起こされ、召し出され、集められる人たちのことです。大祭司カイアファにとって、イエスの死は、単なる一人の死に過ぎません。しかし主は、一つの小さな出来事を通して、全世界にいる全ての神の民の救いを成し遂げて下さったのです。キリストの御降誕と十字架・復活により、キリストを信じる私たちは罪が贖われ、神の民とされて、永遠の生命の約束が与えられているのです。主の大いなる御業を顧み、救いの感謝と喜びをもって、クリスマスを迎えましょう。


                                         (2010.12.12)


COPYRIGHT(C) 2010 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る