【ヨハネによる福音書連続講解説教】  辻 幸宏牧師

「イエスを葬る準備」  ヨハネによる福音書12章1~8節



ヨハネによる福音書12章1~8節

  :1 過越祭の六日前に、イエスはベタニアに行かれた。そこには、イエスが死者の中からよみがえらせたラザロがいた。2 イエスのためにそこで夕食が用意され、マルタは給仕をしていた。ラザロは、イエスと共に食事の席に着いた人々の中にいた。3 そのとき、マリアが純粋で非常に高価なナルドの香油を一リトラ持って来て、イエスの足に塗り、自分の髪でその足をぬぐった。家は香油の香りでいっぱいになった。4 弟子の一人で、後にイエスを裏切るイスカリオテのユダが言った。5 「なぜ、この香油を三百デナリオンで売って、貧しい人々に施さなかったのか。」6 彼がこう言ったのは、貧しい人々のことを心にかけていたからではない。彼は盗人であって、金入れを預かっていながら、その中身をごまかしていたからである。7 イエスは言われた。「この人のするままにさせておきなさい。わたしの葬りの日のために、それを取って置いたのだから。8 貧しい人々はいつもあなたがたと一緒にいるが、わたしはいつも一緒にいるわけではない。」



序.
 私たちの教会の今年の標語は「支え合う教会」です。私たちは神の救いの民として、十戒の第二の板に表されている隣人に対する愛を表していくことを目指しています。しかし同時に、私たちは十戒の第一の板に表されています救い主である主なる神さまに対する愛を表さなければならないことを、今日与えられた御言葉から聞かなければなりません。

Ⅰ.主イエスの十字架への道
 主イエスはいよいよ十字架に架かられるためにエルサレムに上られます(12)。この時、主イエスは十字架をしっかり見据えておりました。どれだけの緊張の中にあったことでしょう。そうした中、主イエスはベタニアのラザロの家を訪れます。主イエスはラザロを死から復活させましたが(11章)、それは御自身の十字架の死と復活において、主を信じるすべての者が復活を遂げることを私たちに示して下さるためでした。

Ⅱ.主イエス、香油を注がれる
 そのためラザロとその姉妹たちにとっては、主イエスが来られることにより喜びで満たされていたのではないでしょう。ここで姉のマルタは給仕をしております。旅人をもてなすことは当然のことですが、この時の食事は特に弟ラザロを甦らせて下さった主イエスに対するおもてなしであり、感謝と喜びをもって行われていたことでしょう。
 一方妹マリアは、主イエスの前に跪き、主イエスの足にナルドの香油を塗り始めます。
 ルカ福音書10:38~42には、主イエスがマルタとマリアの家に向かえられたことが記されています。ここでもマルタは主イエスのために給仕をしており、マリアは主イエスの前に座り主イエスの御言葉に聞き入っていました。この時、主イエスはマルタに対して語られました。主はお答えになった。「マルタ、マルタ、あなたは多くのことに思い悩み、心を乱している。しかし、必要なことはただ一つだけである。マリアは良い方を選んだ。それを取り上げてはならない」(10:41-42)。神さまを信じた信仰に生きようとする時、隣人に対する愛の業・奉仕は第一のことではありません。第一に救い主である主なる神さまに愛されている者として、主なる神さまへの愛を表し、御言葉に聞き、主を礼拝することが求められるのです。その上で兄弟愛に生きることとして奉仕があります。マリアはそのことを理解した上で主イエスの御言葉に聞いていましたが、マルタは第一のことが疎かになっていたのです。
 今日与えられたヨハネ福音書の御言葉においても、マリアはラザロを甦らせて下さった救い主イエス・キリストが今何を求めておられるのかを第一のこととして思っているのです。つまり主イエスは、ラザロを復活させ、「良かった、一緒に喜ぼう」と祝宴を求めているのではありません。むしろ主イエスの思いは、これから起ころうとしている御自身の逮捕と十字架を見据えているのです。弟子たちを初め、周囲の人たちは主イエスのこの思いを知ろうとはしなかったのですが、マリアは主イエス・キリストを御覧になり、死の葬りの準備を行うのです。

Ⅲ.主に従い行く
 そしてマリアはナルドの香油を取り出し主イエスに塗られます。ナルドの香油とはどういったものであったのか? 雅歌にもナルドが出て来ますが(1:12,4:13,14)、男女の恋の中において、人の心に真の喜びと満足を与えるものとして登場します。しかしナルドの香油は死者を葬る時にも用いられていました。地上の生涯を終えた者が、なおも主の祝福の内にあることを覚えるために用いられたのではないでしょうか。そもそもナルドの香油とは、カンショウコウ(甘松香)というインドやヒマラヤ地方で栽培される植物の根から調製され、非常に高価でした。イスカリオテのユダの言葉で、300デナリオンで売れるとありますから(5)、普通の人が働いて得る一年分の給与に相当します。通常は、数滴もちいるのですが、マリアはそれを惜しみもなくすべて用いたのです。マリアが惜しみなくナルドの香油を主イエスに注いだのは、主イエスが十字架において死にに行くということの意味をしっかりと理解していたからです。
 高価な香油を惜しみなく用いたことを語ってきましたが、私たちはマリアの行為にも注目しなければなりません。当時、人々が客を家に招き入れる時、汚れた足を水で洗い落とすことを行っていました。それは奴隷や身分の低い者の行うことです。洗礼者ヨハネが主イエスにたいして、「わたしはその履物のひもを解く資格もない」(ヨハネ1:27)と語ることにより、主イエスが真の神の御子であり、自分とは比べることなど出来ないことを語っていました。しかしマリアは、この主イエスの足を高価な香油で洗うばかりか、自分の髪でその足をぬぐったのです。主イエス・キリストを救い主に相応しい葬りの準備を行うと同時に、主の御前に立つ自らの姿を明らかに致します。つまり、マリアは主イエスの御前に立った時、主イエスの一人の僕であり、主イエスに対して完全に服従し、仕えることを怠らなかったのです。
 私たちは、今年、祈りと献身をもて「支え合う教会」を目指していくのですが、主イエス・キリストの十字架への道をはっきりと見据え、御言葉に仕え、奉仕するマリアの姿を忘れてはなりません。奉仕すること、献金することが第一になってはなりません。何よりも私たちが第一にしなければならないことは、私たちを救いに導いて下さった主イエス・キリストを見据え、主イエス・キリストの十字架と死からの復活にを確認することです。そのことから、主なる神さまを礼拝することへと促され、主によって与えられた愛の感謝が、隣人に対する愛へと繋がっていくのです。だからこそ、私たちは、この年も、第一のことを第一として、日々、歩み続けていかなければなりません。


                                         (2011.1.23)


COPYRIGHT(C) 2011 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る