【ヨハネによる福音書連続講解説教】  辻 幸宏牧師

「イエスに従う」  ヨハネによる福音書12章20~26節



ヨハネによる福音書12章20~26節

  20 さて、祭りのとき礼拝するためにエルサレムに上って来た人々の中に、何人かのギリシア人がいた。21 彼らは、ガリラヤのベトサイダ出身のフィリポのもとへ来て、「お願いです。イエスにお目にかかりたいのです」と頼んだ。22 フィリポは行ってアンデレに話し、アンデレとフィリポは行って、イエスに話した。23 イエスはこうお答えになった。「人の子が栄光を受ける時が来た。24 はっきり言っておく。一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままである。だが、死ねば、多くの実を結ぶ。25 自分の命を愛する者は、それを失うが、この世で自分の命を憎む人は、それを保って永遠の命に至る。26 わたしに仕えようとする者は、わたしに従え。そうすれば、わたしのいるところに、わたしに仕える者もいることになる。わたしに仕える者がいれば、父はその人を大切にしてくださる。」



Ⅰ.神の栄光を表す十字架
 主イエス・キリストは十字架に架かられるためにエルサレムに入城されました。つまり、逮捕され、死刑判決を受け、処刑されていくのです。人々から見たならば敗北者の姿です。しかしこのことにより神の栄光が表れたのです。
 イエスはこうお答えになった。「人の子が栄光を受ける時が来た。はっきり言っておく。一粒の麦は、地に落ちなければ、一粒のままである。だが、死ねば、多くの身を結ぶ」 (23~24)。主イエスは「一粒の麦」を譬えにより、十字架の死が終わりではなく、出発であり、発展であることが語られるのです。なぜならキリストは十字架の死から三日目の朝に復活し、死に勝利を遂げられるからです。キリストの唯一の死は、他の者が代わることが出来ない死であり、ただ一回限りの死です。だからこそキリストが一度、死を遂げられることにより、キリストに繋がる他の者たちの罪は贖われ、もう死を遂げなくてもよくなるのです。だからこそキリストに繋がる者は、キリストと同じように復活の命が与えられ、永遠の生命の約束に与ることが出来るのです。
 しかし同時に、食物の種を植える時には時期が定まっているように、キリストの死の時も定まっていたのです。つまり一粒の麦は一年に一度、植える時期が定まっているように、キリストの十字架の贖いも、天地創造から最後の審判の救済の歴史にあって、この年の過越祭において人々が主による救いを覚える時でなければならなかったのです。主の時に私たちが生きているのであり、十字架の時も主が定めておられたのです。

Ⅱ.ユダヤ人
 では一粒の麦が地に落ちて死ぬことによってもたらされる多くの実、つまりキリストの十字架によって救いに入れられる神の民とは誰であるのか? 主イエスはエルサレムに入城する時、多くの群衆が歓喜の喜びに満たされ、イスラエルの王とされようとします。しかし彼らの殆どは、キリストが逮捕され、十字架に架かることを知ると、キリストから離れていくのです。彼らが求めていたのは、イスラエルの王としてのメシアだからです。つまり、自分たちをローマから救い出してもらうことであり、自分のためであったのです。しかしキリストが捕らえられ、十字架に架かることにより、イエスは一人の囚人にすぎなくなったのです。だからこそ彼らは失望し離れていくのです。彼らは旧約預言である神の国の完成と神の民の贖いを確認することなく、今の自分の命を大切にし、愛しているのです。だからこそ彼らは救いに導かれることがないことを、主イエスは語られるのです。

Ⅲ.キリストに従う生活
 一方、ここでヨハネだけが記していることですが、過越祭の祭りに合わせて、礼拝するために何人かのギリシャ人がエルサレムに上ってきます。彼らは礼拝するために主イエスを捜しているのです。つまり彼らは、主イエス・キリストを神として受け入れ、主イエス・キリストを礼拝するために、時間を割き、体力を使い、財産を用いているのです。ここには自分を愛する者としての姿はなく、十字架に架かられようとする救い主メシアの姿を目撃するために、エルサレムにまで上ってきたのです。なぜなら主なる神さまは、救済の歴史の中にあって、私たちを救うために、キリストをこの世にお送り下さり、十字架の死に明け渡して下さったからです。
 私たちは、彼らから神に仕える姿を顧みなければなりません。第一に時間を献げることです。主は一週間の内の一日を安息日と定め、神を礼拝する日として求めておられます。現在、日曜日を主の日として一日、安息し、神礼拝のために時を献げることは困難になっています。しかし出来る限り、私たちはそのために努力しなければなりません。その一方、主の日すら守る事の出来ない人たちに対して、教会は夕拝によって礼拝の場を提供するのです。第二に財を献げることです。主は私たちに必要を満たして下さっています。欲を語れば切りがありません。しかし足らないと思っていても、主は私たちの必要をすべて満たして下さいます。だからこそ、主がお与え下さった恵みの中から、私たちは主の働きのためにも、献げることが求められているのです。第三に、賜物を献げることです。主は一人ひとりに異なった様々な賜物をお与え下さり、それらを用いて社会を形成すること、教会において主のために奉仕することを求めています。
 主は、御子の十字架によって救いに導かれた神の民が、救いの感謝と喜びをもって、主に仕え、主を礼拝することを喜んで下さいます(参照:ローマ12:1~2)。
                                         (2011.2.13)


COPYRIGHT(C) 2011 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る