【ヨハネによる福音書連続講解説教】  辻 幸宏牧師

「父なる神の栄光の現れ」  ヨハネによる福音書12章27~36節



ヨハネによる福音書12章27~36節

 27 「今、わたしは心騒ぐ。何と言おうか。『父よ、わたしをこの時から救ってください』と言おうか。しかし、わたしはまさにこの時のために来たのだ。28 父よ、御名の栄光を現してください。」すると、天から声が聞こえた。「わたしは既に栄光を現した。再び栄光を現そう。」29 そばにいた群衆は、これを聞いて、「雷が鳴った」と言い、ほかの者たちは「天使がこの人に話しかけたのだ」と言った。30 イエスは答えて言われた。「この声が聞こえたのは、わたしのためではなく、あなたがたのためだ。31今こそ、この世が裁かれる時。今、この世の支配者が追放される。32 わたしは地上から上げられるとき、すべての人を自分のもとへ引き寄せよう。」33 イエスは、御自分がどのような死を遂げるかを示そうとして、こう言われたのである。34 すると、群衆は言葉を返した。「わたしたちは律法によって、メシアは永遠にいつもおられると聞いていました。それなのに、人の子は上げられなければならない、とどうして言われるのですか。その『人の子』とはだれのことですか。」35 イエスは言われた。「光は、いましばらく、あなたがたの間にある。暗闇に追いつかれないように、光のあるうちに歩きなさい。暗闇の中を歩く者は、自分がどこへ行くのか分からない。36 光の子となるために、光のあるうちに、光を信じなさい。」




Ⅰ.十字架に臨む主イエス・キリスト
 イエス・キリストが、聖霊によってマリアから人としてお生まれになったのは、私たち人間を救うために十字架に架かって死ぬためでした。キリスト者であれば、誰もが知っており、信じていることです。しかし、私たちはキリストの御業を直接目で見ることは出来ません。そのため信じていたとしても、死を前にしたキリストの苦しみのすべてを受け入れることが出来るものではありません。どうしても思弁的になり、信仰が希薄になりがちです。このことは、特にクリスチャンホームに育つ子供たちに言えることであり、それ故に信仰の継承は難しく、注視する必要があるのです。
 「今、わたしは心騒ぐ。何と言おうか。『父よ、わたしをこの時から救ってください』と言おうか」(27)。この主イエスの嘆きの声は、まさに神の御子でありながらも、苦しみも悲しみも痛みも感じておられる真の肉の体を持った人間であることを語ります。
 主イエスの嘆きは、共観福音書ではゲッセマネの祈りにおいて記されています。ルカ22:42-44 「父よ、御心なら、この杯をわたしから取りのけてください。しかし、わたしの願いではなく、御心のままに行ってください。」〔・・汗が血の滴るように地面に落ちた。〕これと今日の御言葉とは、時間的にも異なり、語り方も異なります。しかしヨハネが語っていることと他の福音書記者が語っている方向性には全くの矛盾がないのです。
 神は無機質なお方ではなく、魂があり、感情を持っておられます。罪の故に死に行く私たち人間を惜しみ、救い出す決意をしてくださったのです。そして御子は、「わたしはまさにこの時のために来たのだ」と語られているように、道半ばにおいて、苦しみ、殺されることがはっきりと定められた上で、人としてお生まれ下さったのです。そしていよいよ六日後に十字架が迫ってきています。心の中に抑えきれない苦しみがここにあるのです。
 主イエスは弟子たちに、御自身の十字架の死と復活を三度にわたって語られましたが、弟子たちは主イエスの言葉を理解することが出来ませんでした。確かに、ヨハネは12章に入り、ラザロの姉妹マリアから葬りのための準備として香油を塗られました。エルサレムに入城するにあたって大勢の群衆に歓喜の声で迎え入れられました。そしてギリシャ人が御自身を礼拝するためにはるばるやって来ました。しかし一番の理解者であってほしい弟子たちは主イエスが十字架の死から復活を遂げるまで、まったく主イエスの心を理解することは出来なかったのです。これがどれだけの苦しみだったことでしょうか。
 こうした思いが、主イエスの言葉に表れているのではないでしょうか。

Ⅱ.父なる神の声
 この時、主イエスの叫びに対して、父なる神さまが応えて下さいます。「わたしは既に栄光を現した。再び栄光を現そう」。主イエスは常々、父なる神さまの御前に出て祈りを献げておられました。ですから、主イエスにとっては特別なことではありません。しかし、聖書が父なる神さまの御声を書き留めているのは、私たちが主を信じるために、必要なことだからです。それは、主イエスが私たちと同じ人間であることが示されている時からこそ、同時に、真の神の御子、真の救い主であることが示されているのです。
 新約聖書において、主イエスに対して天からの声が記されているのは3ヶ所のみです。最初は、主イエスが洗礼者ヨハネから洗礼を授かった時です(ルカ3:21~22等)。これから宣教活動に入られる主イエスが、洗礼者ヨハネや今までの預言者とは異なり、御父から遣わされたメシアであることが示されたのです。第二は主イエスの姿が変わられた変貌の出来事です(ルカ9:28~36)。この時、弟子たちは同行していましたが、この出来事を理解することが出来ませんでした。しかし彼らは、主イエスが十字架に死と復活を遂げられた時、聖霊の働きとあいまって、真の救い主としての主イエス・キリストを受け入れ、父なる神によって与えられる神の国を理解することが出来るものとされていきます。それはまさにこの時の出来事、御父の声を留めていたからです。
 そしてここで御父は、「わたしは既に栄光を現した。再び栄光を現そう」とお語りになります。主イエス・キリストが逮捕され、十字架に架けられていこうとしている時、御父は、御子が死に打ち勝ち、罪に勝利し、罪に死に行く私たちを神の国・天国に導いて下さることによって明らかにされる神の栄光を示して下さっているのです(参照:フィリピ2:6~11)。


                                         (2011.2.20)


COPYRIGHT(C) 2011 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る