【ヨハネによる福音書連続講解説教】  辻 幸宏牧師

「あなたがたのために・・」  ヨハネによる福音書12章27~36節



ヨハネによる福音書12章27~36節

 27 「今、わたしは心騒ぐ。何と言おうか。『父よ、わたしをこの時から救ってください』と言おうか。しかし、わたしはまさにこの時のために来たのだ。28 父よ、御名の栄光を現してください。」すると、天から声が聞こえた。「わたしは既に栄光を現した。再び栄光を現そう。」29 そばにいた群衆は、これを聞いて、「雷が鳴った」と言い、ほかの者たちは「天使がこの人に話しかけたのだ」と言った。30 イエスは答えて言われた。「この声が聞こえたのは、わたしのためではなく、あなたがたのためだ。31今こそ、この世が裁かれる時。今、この世の支配者が追放される。32 わたしは地上から上げられるとき、すべての人を自分のもとへ引き寄せよう。」33 イエスは、御自分がどのような死を遂げるかを示そうとして、こう言われたのである。34 すると、群衆は言葉を返した。「わたしたちは律法によって、メシアは永遠にいつもおられると聞いていました。それなのに、人の子は上げられなければならない、とどうして言われるのですか。その『人の子』とはだれのことですか。」35 イエスは言われた。「光は、いましばらく、あなたがたの間にある。暗闇に追いつかれないように、光のあるうちに歩きなさい。暗闇の中を歩く者は、自分がどこへ行くのか分からない。36 光の子となるために、光のあるうちに、光を信じなさい。」




序.御子の苦しみ
 主イエス・キリストは、十字架に架かられるために都エルサレムに上ってこられました。肉の体をもった人間としてのイエスとしては、十字架を「避けて通りたい」思いがあり、父なる神に「父よ、わたしをこの時から救ってください」(27)とまで嘆きの声を上げます。しかし同時に主イエスは神の御子として、十字架こそが父なる神さまから与えられた自らの使命であることを理解しておられ、十字架を避けることはなさいません。その思いが「しかし、わたしはまさにこの時のために来たのだ」(27)という言葉に表れているのです。

Ⅰ.天からの声
 この時、天から「わたしは既に栄光を現した。再び栄光を現そう」と語られます(28)。群衆の中には「雷が鳴った」(29)と語る者もあり、大きな声で誰からも分かるように語られたのではないでしょうか。「天使がこの人に話しかけたのだ」(29)と語る者もあり、天的なしるしが示されたことを理解した人もいました。しかしイエスに会いに来たギリシャ人のように、天を仰ぎ見、主なる神さまと御子の栄光を讃え、神を礼拝した者はいませんでした。つまり多くの人々が、天からの声が聞こえたにも関わらず、その意味を理解することは出来なかったのです。つまり多くの人は、天からのしるしが示されたにも関わらず、それを理解し、受け入れることは出来なかったのです。つまり神さまを信じない人々の中に、「イエスさまが目の前にいて、奇跡が行われれば信じる」という人たちもいます。しかし実際に目の前にイエスさまがおられ、主イエスが奇跡を行われたとしても、彼らはそれを受け入れ、イエスさまを神さまとして受け入れることなど出来ないのです。

Ⅱ.天の声の意味
 しかし主イエスは「この声が聞こえたのは・・あなたがたのためだ」(30)とお語りになります。主イエスの弟子たちは、主イエスの十字架の死と復活の後、聖霊の働きがなければ、この出来事の意味を理解することは出来ませんでした。それは私たちも同様です。福音が示され、イエス・キリストによる罪の赦しと救いが語られたとしても、聖霊が働き、自分自身の人生とイエス・キリストの十字架が結びつかなければ、信仰へとは結びつかないのです。それを理解し受け入れるには、主が定めて下さった時があるのです。
 では主イエスが語られる「あなたがた」(30)とは誰のことか? 直接的にはこの時、主イエスの前に立っていた弟子たち・群衆のことです。しかしこの言葉は同時に私たちに向けられています。それは主イエスの31節の言葉で明らかになります。つまり主イエスがお語りになる「すべての人」こそが「あなたがた」です。そして今、主の御前に集められ、主イエスを信じ、主を礼拝している私たちは、信仰の故にすでにキリストの十字架により罪が贖われ、神の子とされ、永遠の生命が与えられているのです。つまりここに集う私たちは、すでに主イエスが語られる「自分のもとへ引き寄せよう」と語られている「すべての人」とされているのであり、主イエスがここで語られている「あなたがた」なのです。

Ⅲ.最後の審判
 主イエスは32~33節で最後の審判について言及します。ここで語られている追放されるこの世の支配者とは誰か? ここで語られるこの世の支配者とは、サタンそのものです。キリストの復活は、この世を支配していたサタンに対する勝利をも意味しています。だからこそ、キリストの十字架の御業が成し遂げられ、キリストが十字架の死から復活を遂げられたことにより、サタンは滅びこの世から追放されているのです。また、サタンによって支配されている人々、つまりキリストによる救いに結果として入ることが出来ない人々もまた同様です。今の時、終末の時代でありますが、キリストの十字架により、キリストはサタンに勝利を遂げられています。確かに今なおサタンの力は世界に満ち、世界中の人々を苦しめますが、それは最後のあがきであり、キリストが再臨される時、サタンは完全に滅ぼされ、キリストの栄光が、すべての人々にはっきりと分かる形で示されます。
 だからこそキリストがサタンから勝利を遂げられることにより、この世の支配者であるサタンから離れキリストによる救いにより頼むすべての民はすべて、キリストの十字架による罪の贖いにより罪赦され、神の子とされ、天国で永遠の神の栄光に満たされるのです。
 だからこそ私たちは、キリストの十字架・復活により、私たちの罪が赦され、キリスト同様に復活の命が与えられ、天国における永遠の祝福に満たされていることを受け入れるべきです。この時世に属するサタンの声・誘惑に従う者から、キリストの御声に聞き従うものへと変えられるのです。この世の価値ではなく、主の真理に従う者となりましょう。

                                         (2011.2.27)


COPYRIGHT(C) 2011 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る