【ヨハネによる福音書連続講解説教】  辻 幸宏牧師

「光の中を歩く」  ヨハネによる福音書12章27~36節



ヨハネによる福音書12章27~36節

 27 「今、わたしは心騒ぐ。何と言おうか。『父よ、わたしをこの時から救ってください』と言おうか。しかし、わたしはまさにこの時のために来たのだ。28 父よ、御名の栄光を現してください。」すると、天から声が聞こえた。「わたしは既に栄光を現した。再び栄光を現そう。」29 そばにいた群衆は、これを聞いて、「雷が鳴った」と言い、ほかの者たちは「天使がこの人に話しかけたのだ」と言った。30 イエスは答えて言われた。「この声が聞こえたのは、わたしのためではなく、あなたがたのためだ。31今こそ、この世が裁かれる時。今、この世の支配者が追放される。32 わたしは地上から上げられるとき、すべての人を自分のもとへ引き寄せよう。」33 イエスは、御自分がどのような死を遂げるかを示そうとして、こう言われたのである。34 すると、群衆は言葉を返した。「わたしたちは律法によって、メシアは永遠にいつもおられると聞いていました。それなのに、人の子は上げられなければならない、とどうして言われるのですか。その『人の子』とはだれのことですか。」35 イエスは言われた。「光は、いましばらく、あなたがたの間にある。暗闇に追いつかれないように、光のあるうちに歩きなさい。暗闇の中を歩く者は、自分がどこへ行くのか分からない。36 光の子となるために、光のあるうちに、光を信じなさい。」




Ⅰ.メシアが上げられる?
 主イエスは、十字架に架けられることの苦しみを父なる神さまに訴え出ます。人間としての苦しみです。神の御子でありながらも、肉の体を取られた真の人としての苦しみを訴えられています。群衆は、この主イエスの言葉に対して、自分たちがメシアではないかと思いエルサレムに歓喜のうちに迎えた主イエスが、死のうとされることに気がつきます。これは、彼らのメシア像に変更を迫る問題であり、群衆の中に主イエスに対する混乱と不信感が生じることとなります。それが34節の言葉として表れます。問いかけは二つ、「メシアがどうして上げられるのか」、「人の子とは誰のことか」です。言葉を発しているのは群衆で、律法学者やファリサイ人ではありません。主イエスに対してメシアであることの期待を持っていたのですが、今その希望が揺らいでいるのです。
 なぜなら彼らは、「メシアはいつまでも生きている」と律法によって教えられてきたのです。旧約聖書では、詩編110:4やダニエル7:14などで語られています。つまり彼らはメシアの来臨についての知識があり、メシアを信じ、待ち望んでいたのです。しかし旧約聖書では、メシア到来と贖いの完成、それに神の国の完成の二重性が語られているのです。当時このことを理解することは困難であったかも知れません。しかし旧約の時代、動物を生け贄に献げ、罪の贖いを繰り返していたのです。彼らはそれが影であり、メシアが贖いの完成者であることを知ることが出来たのです。

Ⅱ.「人の子」とはだれ?
 群衆は「『人の子』とはだれのことですか」と語ります。福音書で「人の子」について言及される時は、通常、主イエスが御自身を表現する時に用いているのです。つまり彼らは「人の子」=「メシア」として理解していたのではないでしょうか。つまり彼らの問いかけは、なぜメシアが上げられるのか? 本当にイエスがメシアなのか? です。
 この時、主イエスは人の子について言及されません。しかし20節からのところで、ギリシャ人が主イエスの所に礼拝するために来たことが記されている場面で、「人の子が栄光を受ける時が来た」(23)とお語りになります。この時、主イエスはメシアとして御自身が人となられたことの意味を人々に伝えます。ユダヤ人は、イエスがメシアであり人の子であるか疑問に思い困惑していますが、主イエスは明らかに御自身が人の子であることを宣言されているのです。そしてメシアである主イエスが十字架の死を遂げられることを語っておられるのです。このメシアである主イエスによって救いに入れられようとするならば、主イエスが十字架に架けられなければならなかったことを理解し、悔い改めと信仰告白へと促されるのです。ユダヤ人はこのことを置き去りにしていたのです。
 もう一つ、主イエスは異邦人であるギリシャ人が登場する時「人の子が栄光を受ける時が来た」(23)と語られたのです。つまり、神の救いの完成は、ユダヤ人にのみ成就するのではなく、異邦人、つまり全世界の民に対して、神の救いの御業は示されているのです。

Ⅲ.光の子であるイエス・キリスト
 その上で主イエスは群衆に語られたのです(35~36)。主イエスは、人の子・メシアを光として語ることによって、人々に説明されます。
 ヨハネは、主イエスが語った言葉として、「光」を繰り返し語ります(8:12、11:9-10等)。ユダヤ人は光の道標として示されてきた旧約聖書の御言葉に聞いてきたのです。そして今、主イエス御自身が語られる御言葉に耳を傾けているのです。つまり旧約聖書を丁寧に読み理解していれば、御子の語られる言葉も理解出来たはずですが、理解と異なっていれば、旧約聖書を読み返し、自らの理解を修正しなければならなかったのです。
 このことは現在に生きる私たちにも同様です。私たちに与えられている旧・新約聖書を丁寧に読む事により、キリストの十字架によって私たちに救いが与えられたことは示されています。聖書と説教は、私たちを闇から救い出す光として与えられているのです。
 この時彼らは、キリストと出会い福音に聞く最後のチャンスでした。光が去り暗闇が訪れると、光と救いを求めることは出来ません。主は、常にユダヤ人と共におられ、救いの御手を伸ばして下さっていましたが、しかし主が離れる時が来るのです。だからこそ主イエスは「暗闇に追いつかれないように、光のあるうちに歩きなさい」とお語りになります。
 しかし、キリストが十字架に架かって死ぬことが最後ではありません。主イエスは、十字架の死から三日目の朝に死に勝利して復活し、真の救いを私たちにお示し下さいました。私たちは御子の十字架の苦しみに止まっていてはいけません。死に勝利し、神の栄光を私たちに示して下さった主イエス・キリストの姿を顧みなければなりません。
                                         (2011.3.6)


COPYRIGHT(C) 2011 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る