【ヨハネによる福音書連続講解説教】  辻 幸宏牧師

「人の目より神からの誉れ」  ヨハネによる福音書12章36b~43節



ヨハネによる福音書12章36b~43節

  36 イエスはこれらのことを話してから、立ち去って彼らから身を隠された。:37 このように多くのしるしを彼らの目の前で行われたが、彼らはイエスを信じなかった。38 預言者イザヤの言葉が実現するためであった。彼はこう言っている。「主よ、だれがわたしたちの知らせを信じましたか。主の御腕は、だれに示されましたか。」39 彼らが信じることができなかった理由を、イザヤはまた次のように言っている。40 「神は彼らの目を見えなくし、/その心をかたくなにされた。こうして、彼らは目で見ることなく、/心で悟らず、立ち帰らない。わたしは彼らをいやさない。」41 イザヤは、イエスの栄光を見たので、このように言い、イエスについて語ったのである。42 とはいえ、議員の中にもイエスを信じる者は多かった。ただ、会堂から追放されるのを恐れ、ファリサイ派の人々をはばかって公に言い表さなかった。43 彼らは、神からの誉れよりも、人間からの誉れの方を好んだのである。



序.
 東北で非常に大きな地震が発生しました。被災された方々のことを覚えると、心が痛み、今の必要が一つでも二つでもかなえられますようにお祈り致します。そして私たちは主の御力を知り、自らの罪を悔い改め、主の御前に遜ることが求められています。

Ⅰ.神の御意志と私たちの生活
 私たちの救い主、主イエス・キリストは十字架に架けられるためにエルサレムに上ってこられました。そして人間としての肉の弱さを訴えつつも、この十字架によって人々が救われること、その結果として神の栄光が現れることを語られました。主によって命が与えられ、すべてが満たされている私たちは、光である主なる神さまを求め、主の指し示す御言葉の道を歩まなければならないのです。
 今回の地震や私たちの毎日の生活において示される一つ一つの出来事においても言えるのですが、主は御自身が語られる言葉と御業において、私たちに主の御力を示し、私たち人間の罪と小ささ、そして主の御前に遜り、神による救いを求めるように迫っておられます。私たちは、主からのメッセージを受け取り、聞き従わなければなりません。
 しかしユダヤ人たちは、主イエスの御言葉を理解することが出来ず、主イエスを信じることは出来ませんでした。37節で語られることは、ユダヤ人が最終的に主イエスを信じなかった最終的な結論が宣言されているのです。彼らは主イエスの語られた御言葉を受け入れることが出来なかったとしても、奇跡の御業を受け入れることは可能でありましたが、それすらも拒否したのです(参照:10:37~38)。

Ⅱ.旧約聖書の預言の成就
 20節以後の所で、異邦人であったギリシャ人が主イエスを礼拝しに来る一方、ユダヤ人は主イエスを信じませんでした。この対照的な二つの出来事が、救いの御業が完成するにあたって明らかになります。ユダヤ人はキリストを待つために整え置かれた民ですが、いざキリストが来られたという時、ユダヤ人の大半はキリストを受け入れず、十字架につけてしまうのです(参照:マタイ22:1-14)。「言は、自分の民のところへ来たが、民は受け入れなかった」のです(ヨハネ1:11)。
 主イエスは、これらのことが旧約聖書の預言の成就であるとして、イザヤ書を引用して説明します。38節はイザヤ53:1の引用です。イザヤ53章は、苦難のメシアが預言されていますが、引用されている御言葉はその導入の部分です。「彼らは信じなかった」ことに重点が置かれています。信じるか信じないかは、聞く人々の自由選択なのか? 主の御腕、つまり主なる神の力の現われると、そこに信仰が起こり、告白が呼び起こされるのです。人々が信じなかったのは、神の力が来なかったからです。つまり神のご計画が、神の民であったイスラエルの離反と地の果てにいたる異邦人の救いとして示されているのです。
 次に40節はイザヤ6:10の引用です(参照:マルコ4:12、使徒28:26,27、ローマ11:8)。神の民・キリスト者は、主の御業が示され、御言葉が語られることにより、心が変えられ、悔い改めと主への信仰へと促されるのです。しかしユダヤ人たちは、神の約束の民であったにも関わらず、その地位を失うのです。
 ヨハネは「イザヤは、イエスの栄光を見た」と語ります。これはイザヤ6:1,5に基づいて語っているのですが、同時に1:18では「いまだかつて、神を見た者はいない。父のふところにいる独り子である神、この方が神を示されたのである」と語ります。つまりイザヤは主によって預言者としての召命を受けたのですが、新約の光によって確認するならば、イザヤが相対したのは、やがて授肉して人となられる御子であったのです。御父・御子・聖霊なる神は、三位の間に豊かな交わりがあり、このように語ることも出来るのです。

Ⅲ.目の前の人を恐れるのではなく、神を畏れよ
 旧約聖書の御言葉、そして主イエスの御業、御言葉をしっかりと見て、聞く時、私たちは神の真理に近づき、キリストの十字架の贖いによる神の救いにあることを受け入れることが出来るのです。ユダヤ人の議員の中にも、イエスを信じる者が多かったのです(42)。しかしこれは内心です。表だった信仰の表明、信仰告白を行うことはなかったのです。なぜならば、彼らは議員としての地位が剥奪され、会堂から追放されることを恐れたのです。
 日本人の中にも、宗教・信仰は個人の心の問題であるとの認識を持っておられる方がいます。しかし神さまを信じることは私たちの生命そのものです。そして私たちは、下記の御言葉に耳を傾けなければなりません(マタイ10:26~28、ヘブライ11:13~16、ヨハネ黙示録20:4~6、ローマ10:10)。私たちは旧約の人々のように契約の民であることにあぐらをかくことなく、御言葉に聞き、主イエス・キリストの十字架にこそ救いがあることを確認し、信仰を告白し、主に従った歩みを行っていくことが求められているのです。

                                         (2011.3.13)


COPYRIGHT(C) 2011 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る