【ヨハネによる福音書連続講解説教】  辻 幸宏牧師

「キリストを裏切る者」  ヨハネによる福音書13章1~20節



ヨハネによる福音書13章1~20節

  1 さて、過越祭の前のことである。イエスは、この世から父のもとへ移る御自分の時が来たことを悟り、世にいる弟子たちを愛して、この上なく愛し抜かれた。2 夕食のときであった。既に悪魔は、イスカリオテのシモンの子ユダに、イエスを裏切る考えを抱かせていた。3 イエスは、父がすべてを御自分の手にゆだねられたこと、また、御自分が神のもとから来て、神のもとに帰ろうとしていることを悟り、4 食事の席から立ち上がって上着を脱ぎ、手ぬぐいを取って腰にまとわれた。5 それから、たらいに水をくんで弟子たちの足を洗い、腰にまとった手ぬぐいでふき始められた。6 シモン・ペトロのところに来ると、ペトロは、「主よ、あなたがわたしの足を洗ってくださるのですか」と言った。7 イエスは答えて、「わたしのしていることは、今あなたには分かるまいが、後で、分かるようになる」と言われた。8 ペトロが、「わたしの足など、決して洗わないでください」と言うと、イエスは、「もしわたしがあなたを洗わないなら、あなたはわたしと何のかかわりもないことになる」と答えられた。9 そこでシモン・ペトロが言った。「主よ、足だけでなく、手も頭も。」10 イエスは言われた。「既に体を洗った者は、全身清いのだから、足だけ洗えばよい。あなたがたは清いのだが、皆が清いわけではない。」11 イエスは、御自分を裏切ろうとしている者がだれであるかを知っておられた。それで、「皆が清いわけではない」と言われたのである。
  12 さて、イエスは、弟子たちの足を洗ってしまうと、上着を着て、再び席に着いて言われた。「わたしがあなたがたにしたことが分かるか。13 あなたがたは、わたしを『先生』とか『主』とか呼ぶ。そのように言うのは正しい。わたしはそうである。14 ところで、主であり、師であるわたしがあなたがたの足を洗ったのだから、あなたがたも互いに足を洗い合わなければならない。15 わたしがあなたがたにしたとおりに、あなたがたもするようにと、模範を示したのである。16 はっきり言っておく。僕は主人にまさらず、遣わされた者は遣わした者にまさりはしない。17 このことが分かり、そのとおりに実行するなら、幸いである。18 わたしは、あなたがた皆について、こう言っているのではない。わたしは、どのような人々を選び出したか分かっている。しかし、『わたしのパンを食べている者が、わたしに逆らった』という聖書の言葉は実現しなければならない。19 事の起こる前に、今、言っておく。事が起こったとき、『わたしはある』ということを、あなたがたが信じるようになるためである。20 はっきり言っておく。わたしの遣わす者を受け入れる人は、わたしを受け入れ、わたしを受け入れる人は、わたしをお遣わしになった方を受け入れるのである。」




序.
 神による救いの計画を語ろうとする時、罪人の滅びについてよく問題となります。また同様にイスカリオテのユダのことも問題となります。感情的に考えると、真理から離れてしまいます。私たちは主がお語りになった御言葉に、真摯に耳を傾けなければなりません。

Ⅰ.主イエスによる弟子としての選びと、サタンの介入
 ヨハネは、イスカリオテのユダの裏切りに関して、一つのテキストとして語ることはせず、散りばめて行きます。それは神による救いという福音の本質的なことではないが、決して忘れてはいけないこととして語っているようです。
 イスカリオテのユダに関するヨハネの記述は次のとおりです。6:70~71「『その中の一人は悪魔だ。』イスカリオテのシモンの子ユダのことを言われたのである。このユダは、十二人の一人でありながら、イエスを裏切ろうとしていた」。12:4「弟子の一人で、後にイエスを裏切るイスカリオテのユダが言った」。13:2「夕食のときであった。既に悪魔は、イスカリオテのシモンの子ユダに、イエスを裏切る考えを抱かせていた」。聖書はユダの裏切りを予告し、それは悪魔の業であることを語ります。ユダが主イエスを売る事件はユダ個人の問題として突発的に起こったのでなく、サタンが介入しているのです。旧約の時代にサタンによってヨブに試練がもたらされる時、主の許しの下で行われたように、ユダの業も主御自身がご存じであり、主が許され、主の御計画の内に行われたのです。

Ⅱ.神の選び
 サタンによってユダが裏切り主イエスから離れていくことは、キリストに繋がる神の民が主によって集められることにより、はっきりしてきます。つまり主は、神の民として神の国の祝福に満たして下さるキリスト者を、主の御前にお集め下さり、主を信じ、信仰を告白し、洗礼による水の清めをお与え下さいます。そして主イエスは「既に体を洗った者は、全身清い」とお語り下さり(10)、ペトロもユダを除く弟子たちも、主イエスは神の民として、すでに救われ、清い者とされていることを宣言して下さいます。そうした中、主イエスは、サタンが介入することによってイスカリオテのユダが裏切ることを知っておられ、主イエスはユダに神の民には含まれていないことを宣言されます(11)。
 では洗礼を受けても、神の民でない者がいるのか? 残念ながらいると言わなければなりません。主イエスも毒麦のたとえ(マタイ13:24~30)をお語り下さいます。良い麦の中に毒麦が混じって育つのです。この事に対して主イエスは、収穫(御子の再臨と最後の審判)の時まで、そのままにしておくようにお語りになります。しかし私たちは、自分自身のこと、周囲にいる人たちがそういう人なのかと思う必要はありません。主は信じる者を救いに導いて下さるのであり、神の恵みに入れられている私たちは、救いから離れていくことなど恐れることはないのです。主を信じ続けている時、主は私たちを救いの恵みにあることを語り続けて下さるのです。だからこそ、主イエスが「既に体を洗った者は、全身清いのだから、足だけ洗えばよい」との救いの宣言に耳を傾けておけばよいのです。

Ⅲ.選びと全知全能なる神
 私たちを救いへと選んだのは主イエスであって、他の誰でもないのです(18)。私たちの救いは、神の主権によりキリストによって行われるのです(参照:6:37)。父なる神が選んで御子に授けたもうた者たちは、「一人も失わないで終わりの日に甦らせる」と約束して下さっています。神の選びは救いに至る選びです。
 つまり人の目には隠されているけれども(奥義)、誰が神の民として救われ、誰がそうではないのかを、主イエスはすべて知っておられるのです。私たちにとっては、突然の出来事であっても、主はすべて知っておられ、神のご計画の内にあるのです。そして主イエスは、一人一人がどういう道を行くかもすべて知っておられる全知全能なる神であります。

Ⅳ.私たちに与えられた約束に注目せよ!
 私たちは人間的な興味として、ユダがなぜ弟子として選ばれ、しかし結果としては主イエスを裏切り滅びていくのかに関心が行きます。しかし重要なことは、この事実を主が旧約の時代からご存じであり預言して来られたことです。そして主の約束が、今、主の御前に集められている私たちに対しても語られていることです(19)。「わたしはある」主は永遠から永遠に存在されるお方であり、いつも私たちと一緒にいて下さいます。預言されていたことが、実現していくのです。イエス・キリストを救い主と信じる者には、罪の赦しと永遠の生命が約束されているのです。他の誰でもない、今、ここに主の御前に立っているあなたに示された救いの宣言です。

                                     (2011.4.10)


COPYRIGHT(C) 2011 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る