【ヨハネによる福音書連続講解説教】  辻 幸宏牧師

「互いに愛し合う」  ヨハネによる福音書13章31~35節



ヨハネによる福音書13章31~35節

  31 さて、ユダが出て行くと、イエスは言われた。「今や、人の子は栄光を受けた。神も人の子によって栄光をお受けになった。32 神が人の子によって栄光をお受けになったのであれば、神も御自身によって人の子に栄光をお与えになる。しかも、すぐにお与えになる。33 子たちよ、いましばらく、わたしはあなたがたと共にいる。あなたがたはわたしを捜すだろう。『わたしが行く所にあなたたちは来ることができない』とユダヤ人たちに言ったように、今、あなたがたにも同じことを言っておく。34 あなたがたに新しい掟を与える。互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。35 互いに愛し合うならば、それによってあなたがたがわたしの弟子であることを、皆が知るようになる。」



序.出て行くイスカリオテのユダ
 過越の食事の最中、主イエスはイスカリオテのユダが裏切り、御自身が逮捕されることを、弟子たちに語られました。ユダにとっては、秘密裏に計画し、最後の段階に来ていたのです。ですから主イエスがこの計画を知っていることにより、ユダはこの計画が失敗するのではないかとの恐れと焦りを抱きます。そのため彼は、晩餐の途中でありましたが、席を立って、ユダヤ人の所に向かって行くのです。

Ⅰ.栄光をお受けになる主イエス
 部屋には、主イエスとユダを除く11人の弟子たちが残されています。人間的な思いに立つと、逮捕から逃れるために作戦会議を行います。しかし主イエスは、神の子である弟子たちに対して、神の国についての説教と祈りを行います(~17章)。つまりここでの主イエスには、逮捕され十字架に架けられようとする敗北者の姿は微塵も感じられず、むしろ、勝利者として振る舞われます。このことは主イエスの第一声に表れています(31)。
 主イエスの逮捕・裁判・十字架・死・陰府下りについて、通常「受難」と語ります。復活を遂げて、初めて死に打ち勝ち、勝利を遂げられたと解釈します。そして主イエスの栄光化は、天に昇られることによって完成します。しかしこの時、主イエスはすでに栄光をお受けになられていたのです。
 このことを私たちはどの様に解釈すれば良いのか? ユダにサタンが入り、ユダは動き出します。このことにより、主イエスの逮捕と十字架の死は確定したのです。人間的に見れば主イエスは敗北者です。しかしここに主の勝利があるのです。キリストの十字架によって、私たちの罪は贖われ、自分自身の十字架を背負って滅びることはなくなったのです。私たちに勝利をもたらされることが確定した時、主イエスは栄光をお受けになられたのです。これはアダムとエバの最初の罪から始まった主なる神さまとサタンの長い戦争に対する勝利宣言です。父なる神さまの栄光が、御子である主イエス・キリストに与えられたのです。まさに光としてこの世に来られた御子により、主なる神さま御自身に光があることが示されたのです。

Ⅱ.天に昇られるキリスト
 しかし主イエスは、弟子たちの前から姿を消されます(33)。これは十字架に死に墓に眠られたことを語っているのではありません。復活の後、40日、弟子たちと共に過ごされ、主イエスは天に昇って行かれることを語っています。
 主イエスが栄光を受けられることと、主イエスの昇天は関係しています。主イエスは、神の御子でありながらも、人として遜られ、律法に仕えられました。御子が人となられた目的は、罪人であり滅び行く私たちの罪を贖い・救うためでした。つまり、御子が十字架の死と復活を成し遂げられた時、御子のこの世における働きは終わりを遂げるのです。働きを終えれば、本来あるべき所、つまり神の国に帰られるのです。それだけではなく、御子は天において私たちが神の御国に昇るための準備をして下さるのです(14:2~3)。

Ⅲ.主の愛により、互いに愛し合うことが求められている
 主イエスは昇天されますが、弟子たちは地上で歩み続けることが求められます。主イエスは、弟子たちをみなしごのごとく、地上に放り出されることはありません(14:18)。神の国が完成するためには、神の民がすべて主の御前に集められなければなりません。その時に主イエスは再臨され、救いが行われ、神の国の完成が訪れるのです。つまり弟子たちが地上に残り、また私たちが今なお地上に残されているのは、神の国に集められるべき神の民がまだ地上に残されているからであり、私たちは、主を証しし伝道することが求められているのです。つまりこの時、弟子たちは生き方を変えなければなりません。今までは主イエスに従って来ておれば良かったのです。しかしその主イエスがおられなくなるのです。そのために主イエスは、新しい掟を授けて下さったのです(13:34~35)。
 主イエスが授けて下さる掟は、今まで聖書が語り伝えてきた掟(マタイ22:37~40)の延長線上にあります。ただ旧約の時代から主イエスが一緒におられる時代までのように、直接、主なる神さまが介入されることはなくなるのです。主なる神さまの愛を示し、福音を伝える手段は、私たちの行動を通して行われることとなるのです。それが伝道であり、神の愛を伝えることによって行うことなのです。つまり、神さまを知らない人たちに、神さまのことを伝えようとする時、私たちが主の愛を実践することによって伝えられるのです。そして神の愛を指し示すことがどういうことであるかを、主イエスは洗足においてお示し下さったのです(13:1~20)。主の愛を示された者が、主の愛を行うことによって、人々に主の愛を伝え、福音を伝えていくのです。
 またパウロも「信仰と、希望と、愛、この三つは、いつまでも残る。その中で最も大いなるものは、愛である」と語ります(Ⅰコリント13:13)。キリスト教の中心的な事柄は三つある。第一に信仰(教理)、第二に希望(救いの確信)、そして第三に愛です。そしてその最も重要なことが愛なのです。主イエスはこの最も大切な愛を、実践するように求めておられるのです。実際に、病院、看護師制度、福祉、介護、孤児院など、神の愛を実践する働きとして開始され、現在では社会に根付いている活動も多くあります。
 私は本当に愛の足らない者であることを実感しています。しかし隣人を心から愛し、主の愛を伝えていくこと、それが伝道です。すでに主によって救われ、栄光が約束されているキリスト者が、主の愛を実践し、主による救いを人々に示していかなければなりません。



                                     (2011.5.15)


COPYRIGHT(C) 2011 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る