【ヨハネによる福音書連続講解説教】  辻 幸宏牧師

「願いなさい。そうすれば与えられる」  ヨハネによる福音書16章16~24節



ヨハネによる福音書16章16~24節

  16 「しばらくすると、あなたがたはもうわたしを見なくなるが、またしばらくすると、わたしを見るようになる。」17 そこで、弟子たちのある者は互いに言った。「『しばらくすると、あなたがたはわたしを見なくなるが、またしばらくすると、わたしを見るようになる』とか、『父のもとに行く』とか言っておられるのは、何のことだろう。」18 また、言った。「『しばらくすると』と言っておられるのは、何のことだろう。何を話しておられるのか分からない。」19 イエスは、彼らが尋ねたがっているのを知って言われた。「『しばらくすると、あなたがたはわたしを見なくなるが、またしばらくすると、わたしを見るようになる』と、わたしが言ったことについて、論じ合っているのか。20 はっきり言っておく。あなたがたは泣いて悲嘆に暮れるが、世は喜ぶ。あなたがたは悲しむが、その悲しみは喜びに変わる。21 女は子供を産むとき、苦しむものだ。自分の時が来たからである。しかし、子供が生まれると、一人の人間が世に生まれ出た喜びのために、もはやその苦痛を思い出さない。22 ところで、今はあなたがたも、悲しんでいる。しかし、わたしは再びあなたがたと会い、あなたがたは心から喜ぶことになる。その喜びをあなたがたから奪い去る者はいない。23 その日には、あなたがたはもはや、わたしに何も尋ねない。はっきり言っておく。あなたがたがわたしの名によって何かを父に願うならば、父はお与えになる。24 今までは、あなたがたはわたしの名によっては何も願わなかった。願いなさい。そうすれば与えられ、あなたがたは喜びで満たされる。」



Ⅰ.「喜び」にも永遠性がある!
 主イエスは繰り返し「喜ぶ」という言葉を用いますが、そもそも「喜ぶ」とはどういうことか? 嬉しいことです。通常はその時の感情を表す言葉です。しかし主イエスは「喜びで満たされる」と語ります。永遠に継続するものであると語るのです。
 これはどういうことか? 先週「しばらくすれば(マイクロ)=すぐに」という言葉をキーワードに御言葉より確認しました。つまり「しばらくすると、あなたがたはもうわたしを見なくなる」とは、①主イエスの逮捕と②主イエスの死の二重の意味で語られていました。その上で「しばらくすると、わたしを見るようになる」とは、①主イエスの復活②主イエスの再臨と神の国の完成の二重の意味が込められていました。その上で、主イエスは2000年経った今なお訪れていないが、主は神の民が満ちる時を忍耐強く待っておられるのであり、すべての神の民が満たされた時に、すぐに来られることも確認したのです。
 「喜ぶ」という言葉においても二重の意味を考えることにより主の意図を理解出来るのです。つまり、ここで語る喜びは、単に今の感情を表す言葉に留まらず、神から与えられる永遠の喜びがあることを理解して頂きたいのです。

Ⅱ.永遠に与えられる神による喜び
 私たちは、苦難・苦痛・艱難・試練・病などを前にした時、「喜び」が消え失せます。しかし復活の主イエスと出合うことによって与えられる喜びは、艱難の中にあっても消え失せることはないのです。つまりこの喜びとは、復活の主イエスと出合う喜びであり、主イエスは天に昇られましたが、私たちは聖霊をとおして、神さまと共にある喜びに満たされているのです。これこそ「神我等と共におられる(インマヌエル)」の喜びです。
 短絡的に考える人たちは、神を信じて、喜びに入れられるのであれば、目の前にある艱難は何なのかと思われます。確かに、神さまを信じれば、すべての生活がハッピーになるかと言えばそうではありません。私たちは、今の時、目先ばかり見ていてもダメなのです。主なる神さまは、天地万物を創造し、すべてのもの・時間を支配しておられます。その方が私たちと共におられ、その方を私たちが信じることにより、私たちは永遠の生命の喜びに満たされているのです。三つの御言葉を確認して頂きたいと思います(①耐えられないような試練はありません。Ⅰコリント10:13、②試練により本物とされていくのです。Ⅰペトロ1:6b~7。③主は私たちに必要なものを備えて下さいます。マタイ6:25~32)。
 その上で主イエスは「願いなさい。そうすれば与えられる」とお語り下さるのです。私たちは祈ることにより、主は聞き届けて下さいます。疑い、半信半疑となることにより、私たちは絶対者である主の御力を軽んじる罪を犯すのです(マタイ7:7-11)。

Ⅲ.永遠の神の喜びに生き続けるには・・
 ではこの永遠の喜びは、どのようにすれば手に入れることが出来るのでしょうか?
 キリストの十字架により私たちのすべての罪は赦され、義と認められたのです。これは永遠の事柄であり、私たちは信じることにより、主によって与えられた恵みです。この時同時に、主は私たちを神の子として、神のすべての祝福に導いて下さったのです。
 だからこそ、私たちは毎日の生活で艱難のなかにあっても、救い主を顧みなければなりません。主が私たちにお与え下さった罪の赦しと救い・神の子とする祝福は、永遠の次元においてです。主イエス・キリストが十字架の死から三日目の朝に復活して下さったように、私たちキリスト者も、キリストが再び来られた時、復活の体が与えられ、そして神の御国、天国における永遠の生命と祝福と喜びが約束されているのです。
 だからこそ、主イエスは「悲しみは喜びに変わる」とお語り下さり、同時に「その喜びをあなたがたから奪い去る者はいない」と語ることが出来るのです。主のこの約束が、私たちに与えられているのです。そうであれば、私たちは何をすれば良いのか? 主の約束を素直に受け入れ、救われていることを神さまに感謝することです。そして神さまを信じることです。主イエス・キリストの十字架により、罪が赦され、救いと永遠の生命が与えられたこと、そして今も聖霊の導きにより、主の救いに入れられていることをです。その上で、主を疑う不信仰、御言葉に聞く時間・祈る時間が少ないこと、自らの人間的な判断によって生きていることを受け入れ、悔い改め、主への信仰を新たにしつつ、主を信じて歩み続けることです。


                                     (2011.10.16)

COPYRIGHT(C) 2011 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る