【ヨハネによる福音書連続講解説教】  辻 幸宏牧師

「平和を下さる主」  ヨハネによる福音書16章25~33節



ヨハネによる福音書16章25~33節

  25 「わたしはこれらのことを、たとえを用いて話してきた。もはやたとえによらず、はっきり父について知らせる時が来る。26 その日には、あなたがたはわたしの名によって願うことになる。わたしがあなたがたのために父に願ってあげる、とは言わない。27 父御自身が、あなたがたを愛しておられるのである。あなたがたが、わたしを愛し、わたしが神のもとから出て来たことを信じたからである。28 わたしは父のもとから出て、世に来たが、今、世を去って、父のもとに行く。」29 弟子たちは言った。「今は、はっきりとお話しになり、少しもたとえを用いられません。30 あなたが何でもご存じで、だれもお尋ねする必要のないことが、今、分かりました。これによって、あなたが神のもとから来られたと、わたしたちは信じます。」31 イエスはお答えになった。「今ようやく、信じるようになったのか。32 だが、あなたがたが散らされて自分の家に帰ってしまい、わたしをひとりきりにする時が来る。いや、既に来ている。しかし、わたしはひとりではない。父が、共にいてくださるからだ。33 これらのことを話したのは、あなたがたがわたしによって平和を得るためである。あなたがたには世で苦難がある。しかし、勇気を出しなさい。わたしは既に世に勝っている。」



序.
 主イエスは最後の晩餐における説教の最後の言葉が33節に記されています。主イエスが十字架にお架かり下さることにより、弟子たち・私たちに与えられるものこそが、平和です。しかし主イエスは、さらに「あなたがたには世で苦難がある」とお語ります。私たちは、苦難の中にあって主によって与えられる平和とは何か、考えてかなければなりません。

Ⅰ.キリストの十字架によって与えられる平和
 弟子たちの信仰告白(30)は、マタイ福音書16章においてペトロの行った信仰告白と並び、弟子たちが自分の言葉において信仰を告白した素晴らしい言葉です。その時点で行える信仰告白を行っていくことは素晴らしいことです。しかしこの後すぐ、彼らはつまずきます。キリストが逮捕されるや否や、散ってしまうのです。主イエスの32節の言葉はそのことを指摘しています。家に帰るとは、守られていることであり、弟子たちはユダヤ人から逃げ、閉じこもったのです。しかしこれは同時に主イエスと共に霊的戦いを行うことなく、世に留まり続けていることを語っています。まさにキリストを十字架にひとり取り残したのであり、弟子たちはキリストの十字架を幇助(ほうじょ)していることになるのです。
 あなたは家に閉じこもっていないか? 私たちは救いを求めて礼拝に与っています。しかし同時に私たちの属する世にはサタンの働きに満ちています。サタンの働きに対して、危険を察知して、霊的に適切な判断を行うためには、主の真理を御言葉から聞き、御言葉から解決を見いださなければなりません。御言葉により、何が罪であり、何が神の恵みであるか判断することが出来るのです。悪霊は、罪を隠し、善人のように私たちに近づき、私たちに罪を犯させ、救いに導く神から切り離します。私たちは罪に敏感に反応することが出来るように、主を礼拝し、主の御言葉と祈りにより、主の真理、主の御意志を確認しておかなければならないのです。
 キリストは、ひとり十字架の道を歩まれます。キリストが担って下さった孤独と十字架は、弟子たちや私たちにとっては重たくて担うことなど出来ません。そしてキリストが担って下さった十字架は、キリストを救い主として信じる私たちが背負った十字架として転嫁され、キリストを信じるあなたの罪が償われ、義と認められ、神の子であることを宣言して下さっているのです。これが神の恵み、神の愛であり、神の平和そのものです。
 そして主イエスは、十字架の死と復活を遂げ、弟子たちと再会した時に、改めて弟子たちに平和の宣言をして下さったのです(20:19-21,26)。

Ⅱ.世の苦難の中に輝く平和
 しかし、十字架と復活により平和をお与え下さるキリストは、「あなたがたには世に苦難がある」とお語りになります。「苦難」それは家の中に閉じこもることなく外に出ることです。外に出ることにより、サタンとの戦いがあり、苦難が待ち構えているのです。
 キリストは十字架と復活によりサタンと罪・死に対して勝利を遂げて下さいました。しかし、今なおサタンはこの世に存在するのです。サタンが完全に滅びさるためには、キリストが再臨される時を待たなければなりません。主イエスは「わたしは道であり、真理であり、命である。わたしを通らなければ、だれも父のもとへ行くことができない」(14:6)とお語り下さいました。天国に繋がる主の道は、決して平坦ではありません。様々な迫害・苦難があります。しかし「聖書はすべて神の霊の導きの下に書かれ、人を教え、戒め、誤りを正し、義に導く訓練をするうえに有益です。こうして、神に仕える人は、どのような善い業をも行うことができるように、十分に整えられるのです」(Ⅱテモテ3:12~17)。また同時に、キリストは「勇気を出しなさい。わたしは既に世に勝っている」(33)と宣言して下さいます。キリストの復活は、勝利の宣言です。パウロはも語ります。「あなたがたを襲った試練で、人間として耐えられないようなものはなかったはずです。神は真実な方です。あなたがたを耐えられないような試練に遭わせることはなさらず、試練と共に、それに耐えられるよう、逃れる道をも備えていてくださいます」(Ⅰコリント10:13)。
 キリストの十字架と復活を信じ、受け入れる者には、罪の赦しと共に、神の平和としての義認、神の子、聖化が与えられ、永遠の生命の喜びに包まれるのです。世の支配者を恐れ、家の中に閉じこもるのではなく、苦難や艱難があろうとも、主によって与えられる平和を求め、御言葉に聞き、主の真理の道を歩み続け、神の御国における永遠の生命の喜びの内に有り続けたいものです。


                                     (2011.11.13)

COPYRIGHT(C) 2011 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る