【ヨハネによる福音書連続講解説教】  辻 幸宏牧師

「神の栄光と永遠の命」  ヨハネによる福音書17章1~5節



ヨハネによる福音書17章1~5節

  1 イエスはこれらのことを話してから、天を仰いで言われた。「父よ、時が来ました。あなたの子があなたの栄光を現すようになるために、子に栄光を与えてください。2 あなたは子にすべての人を支配する権能をお与えになりました。そのために、子はあなたからゆだねられた人すべてに、永遠の命を与えることができるのです。3 永遠の命とは、唯一のまことの神であられるあなたと、あなたのお遣わしになったイエス・キリストを知ることです。4 わたしは、行うようにとあなたが与えてくださった業を成し遂げて、地上であなたの栄光を現しました。5 父よ、今、御前でわたしに栄光を与えてください。世界が造られる前に、わたしがみもとで持っていたあの栄光を。



序.
 待降節を迎え、私たちは救い主イエス・キリストの御降誕を感謝しつつ、クリスマスの喜びの備えを始めます。三位一体なる神の第二位格、真の神であられる御子が人として遜りくださったのです。それはまさに、神を信じる私たちの罪を贖い、救い、神の子として永遠の生命を与えるために、御自身が十字架に架かるための遜りです。

Ⅰ.主イエスの祈り
 ヨハネ福音書17章の祈りは非常に美しい祈りで、「大祭司の祈り」と呼ばれています。最後の晩餐の直後の祈りであり、ゲッセマネの祈りとは別であったと理解されています。祈りは、御自身のため(1-5)、残される弟子たちのため(6-19)、最後に弟子たちの宣教によってこれから信じてキリスト者となる私たちのため(20-26)、祈りが献げられています。
 主イエスは天を仰いで祈られます。主に讃美を献げ、主に祈りを献げる時、その姿勢・態度よりも、何を祈り、何を讃美するかが重要なことです。しかし、姿勢と態度はまったく自由化といえばそうではありません。祈りと讃美の内容が問われるのであれば、主の御前にいるあなたは、罪に汚れ死に行く存在であることが示されます。主は、天地万物の創造主であり、救い主であることが示されます。そうすれば必然的に、主の御前に立つ遜りと、主を誉め称えることが、姿勢や態度に表れてくるのです。

Ⅱ.救済の完成としての十字架
 そして主イエスは「父よ、時が来ました」と祈り始めます。今まで、「イエスの時がまだきていなかった」(7:30,8:20)のです。しかし今、「人の子が栄光を受ける時が来た」のです(12:23、参照:13:1)。御子が人となられたのは、まさにこの十字架の時のためでした。
 私たちは、この時を救済史全体の中での位置づけを考えなければなりません。御子は、私たちの罪を贖い救うために人となられたのです。罪はアダムとエバに始まります(創世3章)。しかしこの時、主は御子の贖いを約束して下さっていたのです(3:15、原福音)。サタンはユダヤ人によりキリストを十字架に架けますが、それはかかとを砕くごとくです。キリストは死に打ち勝ち、復活を遂げることにより、罪・死に勝利し、サタンの頭を砕くのです。そして、創造時に与えられていた神との交わりが回復し、永遠の生命が取り戻されたのです(参照:Ⅰコリント15:21-22)。十字架と死からの復活こそが、キリストが地上において行われる神の御業の中心であり、神の栄光を示す時なのです。
 キリストはこれから逮捕され、十字架に架けられていきますが、この時点ですでに勝利を宣言されているのです。主が天地万物の統治者であり、キリストは同等の権威を持っておられ、サタンはそれに打ち勝つことは決してないのです。
 御子は、天地万物が創造される前から父なる神と共におられ、栄光に包まれていた神そのものです。そのお方が、神の栄光を捨てて、人となられ、人を救うために十字架に向かって歩んで来られたのです(5)。今この神の栄光が取り戻されるのです(フィリピ2:6-11)。まさにキリストは神としての高い状態(高挙)にありましたが、人となられ律法に仕えられること、十字架に架かり、死を遂げられることにより低い状態(謙卑)を取られていたのです。しかし、十字架の死から復活を遂げられ、天に昇られることにより、高い状態に戻られ、私たちはキリストが救い主そのものであることがはっきりと示されているのです。

Ⅲ.御子によって与えられる永遠の命
 三位一体なる神にはそれぞれ異なった権能があります。御父は、聖定と予定においてすべてをご計画し、天地万物を創造し、歴史において起こり来るすべてを摂理において統治しておられます。御子の与えられた権能は十字架の御業により人に罪の赦しを与え、永遠の命を与えることです。私たちは、主の崇高な救いの計画に組み入れられ、永遠の命に招かれているのです(2)。
 ではどのようにすれば、神の民は、神を知り、神による救いを知り、信じることが出来るのか? 三位一体なる神さまを知ること、つまり聖書を最初から最後まで読み続け、理解することが必要です。聖書を読み続けることが求められます(3)。しかし、知識として聖書を頭に入れればよいのではありません。御言葉と共に働く聖霊の導きにより、この神の御業が私自身のために行われていることが示されなければなりません。この時、私たちは自らの姿を知り、神さまを知ると、自ずと罪の悔い改めと信仰が生じてくるのであり、主の御前に遜り、救い主であり主の御言葉に聞き従い、主に祈りつつ、遜りつつ主に従う善き生活へと向かうのです。


                                     (2011.11.27)

COPYRIGHT(C) 2011 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る