【ヨハネによる福音書連続講解説教】  辻 幸宏牧師

「ナザレのイエス」  ヨハネによる福音書18章1~11節



ヨハネによる福音書18章1~11節

  こう話し終えると、イエスは弟子たちと一緒に、キドロンの谷の向こうへ出て行かれた。そこには園があり、イエスは弟子たちとその中に入られた。2 イエスを裏切ろうとしていたユダも、その場所を知っていた。イエスは、弟子たちと共に度々ここに集まっておられたからである。3 それでユダは、一隊の兵士と、祭司長たちやファリサイ派の人々の遣わした下役たちを引き連れて、そこにやって来た。松明やともし火や武器を手にしていた。4 イエスは御自分の身に起こることを何もかも知っておられ、進み出て、「だれを捜しているのか」と言われた。5 彼らが「ナザレのイエスだ」と答えると、イエスは「わたしである」と言われた。イエスを裏切ろうとしていたユダも彼らと一緒にいた。6 イエスが「わたしである」と言われたとき、彼らは後ずさりして、地に倒れた。7 そこで、イエスが「だれを捜しているのか」と重ねてお尋ねになると、彼らは「ナザレのイエスだ」と言った。8 すると、イエスは言われた。「『わたしである』と言ったではないか。わたしを捜しているのなら、この人々は去らせなさい。」9 それは、「あなたが与えてくださった人を、わたしは一人も失いませんでした」と言われたイエスの言葉が実現するためであった。10 シモン・ペトロは剣を持っていたので、それを抜いて大祭司の手下に打ってかかり、その右の耳を切り落とした。手下の名はマルコスであった。11 イエスはペトロに言われた。「剣をさやに納めなさい。父がお与えになった杯は、飲むべきではないか。」




Ⅰ.暗黒に向かわれる主イエス
 ①キドロンの谷
 御子イエス・キリストは、最後の晩餐と説教・祈りを終え、いよいよ逮捕され、十字架に架かられるためにゲツセマネに行かれます。ヨハネはゲツセマネについて「園」とだけ語り、むしろその手前にある「キドロンの谷」の名を記します。キドロンの谷は、エスサレムの町のすぐ東側に南北にある谷ですが、「暗い・黒い・激しく悲しむ」と言った意味をもつ単語を語源とする地名です。ユダ王国のアサ王・ヒゼキヤ王・ヨシヤ王は、バアルやアシェラといった異教の像や祭具などを、このキドロンの谷で廃棄した(歴代誌下15:16、30:14、列王記下23:4-6)したのです。つまり、ヨハネがキドロンを記したことは、自らが世にある暗い部分・闇に入って行こうとされていること、さらに主イエスがサタンに対する勝利をもたらすことを意図して、この地名を書き置いているのです。
 イスカリオテのユダが、主イエスを裏切ることは、福音書において繰り返し語られてきました(6:70-71、13:2,30)。主イエスは、ゲツセマネにおいて、毎日のように祈っており、弟子たちは皆知っていたのです。ユダが裏切ることを知っておられる主イエスであれば、この時ゲツセマネを離れ、別の場所で祈りを献げることも出来たのです。しかし、主イエスはその場所、暗黒そのものである人々の前に向かわれるのです。
 主イエスを逮捕するために集っていた人々は、ユダの他、ユダヤの宗教的な指導者たち、サンヘドリン(最高法院)を組織するユダヤの権力者たち、この地を統治していたローマの兵士たちです。群衆を恐れて、イエスを逮捕することの出来なかったユダヤ人たちが、闇夜、イエスを逮捕するためにやって来たのです。権力者たちは、黒を白とし、白を黒とするのです。そして自分たちの権力・武力をもって、人々に納得させ従わせていくのです。
 キリスト、そしてキリスト者を迫害するのは、時の為政者・偶像崇拝者が、自らの地位・権力を守るが故です。それは裏返せば、生きて働く主なる神さまの御力を恐れているのです。私たちがキリスト者として、様々な不都合なこと、虐げなどがあるのであれば、それは生きて働く主が共におられる証拠です。私たちは信仰を貫くことが求められています。

Ⅱ.ユダヤ人の前に出る主イエス
 この時、主イエスは、逃げも隠れもしません。むしろ主イエスは積極的に彼らの前に立たれます(4)。ヨハネは他の福音書と異なり、神の御子である主イエス・キリストがどうされたのかを中心に書き記します。
 ヨハネはここが「園」であったことを記しています。人に罪が混入した時、人は園においてどの様に行動したか? アダムと女は隠れたのです(創世記3:8-10)。しかし第二のアダム、救い主イエス・キリストは、罪が支配している中、御自身を明らかにするのです。これこそ、勝利のしるしです。キリストは、園を罪・闇から解放し、神の民を、神の御支配、神の御国へと招いて下さるのです。

Ⅲ.勝利を遂げられる主イエス
 この時、彼らは「ナザレのイエス」を捜していることを語ります。彼らは、イエス御自身は、「逮捕嫌い、逃げている」、「自分たちの前に自ら現れるはずなどない」との先入観を持っていたのです。だからこそ、主イエスが「わたしである」とお答えになった時、彼らは驚くのです。第一に、まぎれもなくナザレのイエスが前に立っていることに対してです。そして第二に、「わたしである」と答えられたからです。これは出エジプト3:14-15において主なる神さまが御自身を名乗られた時の御名であるからです。だからこそ彼らは、後ずさりしたのです。
 しかし彼らはさらに、地に倒れたのです。これは、主の御力の表れです。彼らは武装していました。武器を持つことが、自らを守り、人々を支配することが出来ると、信じていたのです。しかし武器もなにも持たずに、逮捕され、十字架に向かおうとされている主イエスが、言葉を発せられ、神御自身であることを示されることにより、人々は地に倒れ、ひれ伏さなければならないのです。まさにキリストの逮捕と十字架は、敗北者の姿ではなく、勝利者としてヨハネは書き記すのです。そして主イエス・キリストは、率先して自ら十字架に架かられることにより、イエス・キリストを救い主と信じるすべての者に対する罪からの勝利としての救いを成し遂げて下さったのです。主イエス・キリストは、十字架の死の後、三日目の朝に復活を遂げ、天に昇られました。そして、罪に勝利を遂げられた救い主は、今、私たちの救いのために、執り成し、祈り続けて下さっています。

                                     (2012.1.8)

COPYRIGHT(C) 2012 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る