【ヨハネによる福音書連続講解説教】  辻 幸宏牧師

「剣を抜く愚かさ」  ヨハネによる福音書18章1~11節



ヨハネによる福音書18章1~11節

  こう話し終えると、イエスは弟子たちと一緒に、キドロンの谷の向こうへ出て行かれた。そこには園があり、イエスは弟子たちとその中に入られた。2 イエスを裏切ろうとしていたユダも、その場所を知っていた。イエスは、弟子たちと共に度々ここに集まっておられたからである。3 それでユダは、一隊の兵士と、祭司長たちやファリサイ派の人々の遣わした下役たちを引き連れて、そこにやって来た。松明やともし火や武器を手にしていた。4 イエスは御自分の身に起こることを何もかも知っておられ、進み出て、「だれを捜しているのか」と言われた。5 彼らが「ナザレのイエスだ」と答えると、イエスは「わたしである」と言われた。イエスを裏切ろうとしていたユダも彼らと一緒にいた。6 イエスが「わたしである」と言われたとき、彼らは後ずさりして、地に倒れた。7 そこで、イエスが「だれを捜しているのか」と重ねてお尋ねになると、彼らは「ナザレのイエスだ」と言った。8 すると、イエスは言われた。「『わたしである』と言ったではないか。わたしを捜しているのなら、この人々は去らせなさい。」9 それは、「あなたが与えてくださった人を、わたしは一人も失いませんでした」と言われたイエスの言葉が実現するためであった。10 シモン・ペトロは剣を持っていたので、それを抜いて大祭司の手下に打ってかかり、その右の耳を切り落とした。手下の名はマルコスであった。11 イエスはペトロに言われた。「剣をさやに納めなさい。父がお与えになった杯は、飲むべきではないか。」





序.
 ナザレのイエスを逮捕するために捜していたユダヤ人たちの前で、主イエスは「わたしはある」(エゴー・エミイ)と語られました。この時彼らは、ナザレのイエス本人が目の前にいた驚きと、主がモーセに語られた主の御名を名乗られたことにより後ずさりし、主の御力により地に倒れます。つまり主イエスの逮捕は、敗北ではなく、罪と死に対する勝利であり、主イエス御自身が進んで逮捕され・十字架の死へと向かわれているのです。

Ⅰ.弟子たちを思いやる主イエス
 主イエスは「わたしを捜しているのなら、この人々は去らせなさい」と語られます(8)。この時、使徒ペトロは大祭司の手下を剣で切りつけるのです。イエスが逮捕する時、ペトロや他の弟子たちも、逮捕されてもまったく不思議ではない状態でした。
 しかしユダヤ人たちは、弟子たちを逮捕せず、主イエスのみを逮捕します。聖書はその理由を記しません。最初からイエスのみを逮捕することとなっていたのかもしれません。もしくは主イエスの語られた言葉「わたしである」で神の御力が示され、彼らは主イエスが語られたこの言葉に聞き従う者となっていたのかもしれません。ただ主イエスはお一人で十字架に向かわれたのであり、最後まで弟子たちを愛され、守られたことは確かです。
 そして、十字架の死と復活を遂げ、天に昇られた主イエスは、今なお、神の子であるキリスト者すべてを変わることなく愛していて下さっています。だからこそ、私たちは、主の御前に祈ることが出来るのであり、私たちは絶えられないような苦しみに捨て置かれることはないのです。

Ⅱ.信仰を告白するとは
 一方、弟子の一人ペトロは、剣を持っており、それで大祭司の手下を切り付けます(10)。逮捕されていく主イエスを助け、主イエスを逃がそうとしたことは明らかです。ペトロを初め弟子たちは、先生である主イエスを守りたい、守らなねばの気持ちが強かったのです。
 このペトロの行動に対して、主イエスはどの様に思われたことでしょうか? 主イエスがこれから歩もうとされている十字架と救いの御業を弟子たちは何一つ理解していないことがここで改めて明らかにされたのです。
 ペトロは主イエスの御前で信仰を告白していました(マタイ16:16)。また主イエスによって自らの裏切りが予告された時も、それを否定し、主イエスの弟子として歩むことを告白していました(マタイ26:33,35)。
 神を信じるとは、口で告白することですが、それで終わりではありません。神を主人とする、僕(奴隷)となるのです。現代では奴隷制度はほぼなくなりましたが、しかし企業に勤めておられる方などは会社の命令に対して服従が求められます。それに反することをすれば辞職が求められます。キリスト者が主の僕(奴隷)であれば、主に絶対服従が求められるのです。主イエスはペトロや弟子たちを愛し、最後まで守ってくださったお方であり、私たちをも守ってくださる神です。そのお方が求められる命令は、御自身のエゴではありません。私たちを罪から守り、私たちを救い、神の国に導くために命じておられるのです。親の子に対する愛、それが主なる神さまにも、ペトロや私たちにも注がれているのです。
 そうであれば、真の神の子メシア、イエス・キリストの行いに最新の注意を払い、主イエスの語られる御言葉に耳を傾け、聞き従い、主イエスの行われる言動の意味を理解し、人々に語り伝えることを行っていこうとするのではないでしょうか。

Ⅲ.信仰に生きるとは
 ペトロは、主イエスをメシアとして信じながらも、この世の原理において行動して剣を抜き、神の原理・救いの秩序をまったく理解していなかったのです。
 この時、ペトロに求められた行動は何か? 主イエスはすでに迫害を予告されていました(15:18-27)。キリストを信じ、キリストに属する者は、世には属していないのです。世との衝突は避けられないのです。迫害に備えること、主の霊に委ねて御言葉に聞き、祈り続けることが求められていたのです(参照:エフェソ6章)。私たちの生きる目的は、父なる神の御許に行き神の永遠の祝福に導かれることです(ヨハネ14:6-7)。それは地上にあっても、神の恵みに生きることです。ここに私たちの希望も喜びもあるのです。
 私たちは、今日も、神さまによって導き招かれて、神さまの御前で礼拝を献げています。神さまを礼拝し続け、信仰生活を続けることは、本当の恵みであり、喜びです。しかし同時に、私たちはペトロと同じ失敗を繰り返してはなりません。信仰生活・礼拝生活においてマンネリ化が起こり、御言葉に示される驚きがなくなる時、私たちは信仰の歩みから離れ、世の人々に同化するのです。主の御言葉に聞くことにより、罪の悔い改めと信仰が新たにされて行くことが求められます。御言葉に聞き、主の御計画・御意志を知り、理解し、主に祈り、主に委ねて信仰生活を送ることが求められています。

                                     (2012.1.15)

COPYRIGHT(C) 2012 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る