【ヨハネによる福音書連続講解説教】  辻 幸宏牧師

「キリストの十字架」  ヨハネによる福音書19章14節~22節



ヨハネによる福音書19章14~22節

  14 それは過越祭の準備の日の、正午ごろであった。ピラトがユダヤ人たちに、「見よ、あなたたちの王だ」と言うと、15 彼らは叫んだ。「殺せ。殺せ。十字架につけろ。」ピラトが、「あなたたちの王をわたしが十字架につけるのか」と言うと、祭司長たちは、「わたしたちには、皇帝のほかに王はありません」と答えた。16 そこで、ピラトは、十字架につけるために、イエスを彼らに引き渡した。
  16 こうして、彼らはイエスを引き取った。17 イエスは、自ら十字架を背負い、いわゆる「されこうべの場所」、すなわちヘブライ語でゴルゴタという所へ向かわれた。18 そこで、彼らはイエスを十字架につけた。また、イエスと一緒にほかの二人をも、イエスを真ん中にして両側に、十字架につけた。19 ピラトは罪状書きを書いて、十字架の上に掛けた。それには、「ナザレのイエス、ユダヤ人の王」と書いてあった。20 イエスが十字架につけられた場所は都に近かったので、多くのユダヤ人がその罪状書きを読んだ。それは、ヘブライ語、ラテン語、ギリシア語で書かれていた。21 ユダヤ人の祭司長たちがピラトに、「『ユダヤ人の王』と書かず、『この男は「ユダヤ人の王」と自称した』と書いてください」と言った。22 しかし、ピラトは、「わたしが書いたものは、書いたままにしておけ」と答えた。




Ⅰ.あなたにとって王は誰か?
 復活の主イエスは、ペトロに相対し「あなたの罪を赦した。そしてわたしはあなたを救う」と宣言して下さいました。キリストはあなたにとってどのような存在であるのか? あなたは誰の支配、誰の基準に従って生きているのか、今日の御言葉で問いかけます。
 ピラトは、主イエスを十字架に架ける時、「ナザレのイエス、ユダヤ人の王」という罪状を十字架に掲げました。彼がイエスを十字架に架けることを決めたのは、ユダヤ人の暴動を恐れてであり、それは自らの総督としての身分を守りたかったからであります。つまり、彼はイエスを尊敬していたかもしれないが、信じるまでには至らず、自らはローマ皇帝の僕であることを辞めようとはしなかったのです。
 一方、ユダヤ人たちは「殺せ。殺せ。十字架につけろ」と叫び続け、祭司長たちは「わたしたちには、皇帝(カイザル)の他に王はありません」と発します。つまりユダヤ人たちは、主に従うよりも、王に従うことを選んだのです。彼らが皇帝を選んだのは、あくまでもイエスを十字架に架けたかったからでしょう。しかし皇帝の価値基準に従って生きることを告白したということは、ピラトと同じです。
 日本においても、過去に、神社参拝が強制され、教会の礼拝において天皇を賛美するための宮城遙拝が求められた時期がありました。日本の多くの教会は、「神社は宗教に非ず」との御上からの通達に従い、それに屈したのです。「形だけで、心はちゃんと神さまを信じている」との方便を使ったのです。しかし形において従うことは、結果として、そこにある生き方の秩序に従って生きていることを示すのです。キリスト者は、何を信じているのか、何を絶対的な基準として生きているかが、問われている問題です。
 天皇にまつわる様々な習慣が、私たちの生活に組み込まれ、知らず知らずの内に、キリストに従った生活から離れ、天皇に従った生活となっていることに私たちは気がつかなければならないのです。日の丸・君が代、年号「平成」を用いること、「祝日」を用いること(天皇の祝祭であって、キリストの祝祭は降誕節・復活節・聖霊降臨節と限られている)、日曜出勤・・。私たちは、それらすべてに問題意識を持たなければなりません。そこにある過ちに気がつき、信仰の戦いをしなければなりません。完全にそれらを排除することが出来ないにしても、そこに問題があり、主の御前に自らの信仰の弱さを悔い改めることをしなければなりません。
 そして、これらのことに対する問題意識を持たずに信仰生活を送るということは、主が語られる基準である御言葉・律法に対しても、聞き従う意識が希薄となり、知らず知らずの内に、自己中心的な思いになり、主の御前に罪を犯しているということをしらなければなりません。
 主イエスは、山上の説教の中で、語っておられます。「だれも、二人の主人に仕えることはできない。一方を憎んで他方を愛するか、一方に親しんで他方を軽んじるか、どちらかである。あなたがたは、神と富とに仕えることはできない。」(マタイ6:24)


                                     (2012.4.15)

COPYRIGHT(C) 2012 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る