【ヨハネによる福音書連続講解説教】  辻 幸宏牧師

「勇気ある申し出」  ヨハネによる福音書19章38節~42節



ヨハネによる福音書19章38~42節

  38 その後、イエスの弟子でありながら、ユダヤ人たちを恐れて、そのことを隠していたアリマタヤ出身のヨセフが、イエスの遺体を取り降ろしたいと、ピラトに願い出た。ピラトが許したので、ヨセフは行って遺体を取り降ろした。:39 そこへ、かつてある夜、イエスのもとに来たことのあるニコデモも、没薬と沈香を混ぜた物を百リトラばかり持って来た。40 彼らはイエスの遺体を受け取り、ユダヤ人の埋葬の習慣に従い、香料を添えて亜麻布で包んだ。:41 イエスが十字架につけられた所には園があり、そこには、だれもまだ葬られたことのない新しい墓があった。42 その日はユダヤ人の準備の日であり、この墓が近かったので、そこにイエスを納めた。


序.
 日本では、キリスト者が人口の1%にも達していません。そのためキリスト者は日々の生活の中、様々なところで信仰が問われ、キリスト者であることを隠す人もいます。

Ⅰ.ヨセフに見る信仰
 主イエスは十字架の上で息を引き取られ、遺体が十字架上に取り残されています。このままでは、犯罪者たちが葬られている墓に、主イエスも一緒に葬られることとなります。弟子たちは恐れを抱いて逃げ去り、女性たちも遠巻きに見ているだけです。
 この時ヨセフという人物が、ピラトの下に行き、主イエスの遺体を取り下ろしたいと願い出ます。ヨセフがどのような人物であったのか? 四福音書を読み比べることにより、ヨセフがどのような人物であったか明らかになります(マタイ27:57、マルコ15:43、ルカ23:50-51、ヨハネ19:38)。彼は身分の高い議員つまり最高法院の議員であり、ファリサイ人でした。そしてイエスを神として信じていながらも、誰にも隠していたのです。
 ヨセフは、主イエスの裁判において、ユダヤ人たちと共に主イエスを有罪にすることに対して反対することに同意しないだけ、つまり黙ったままでいたのです。しかし主イエスは息を引き取り、もう言葉を発せられることも奇跡や癒やしを行われることがなくなった今、ヨセフは主イエスへの信仰の表れとして、遺体を引き取ることを申し出るのです。
 彼が、自らの信仰を隠し続けてきたことは、褒められたことではありません。しかし彼は長い間、自らの信仰をどのように表そうとするのか、悩んできていたのです。自分たちの仲間であるユダヤ人たちは、主イエスを逮捕すること、殺すことに躍起になっていました。そうした中、彼は一人でそれに反対を表明することは、ユダヤ人であることを辞める決意、ファリサイ人を辞める決意が必要だったのです。仕事を投げ捨て、生活を捨て、そして社会から出て行く覚悟がいるのです。彼はそれが出来ませんでした。特に彼は、金持ちでああり、新しい墓を持つほどだったのです。
 しかしヨセフは隠れクリスチャンでは終わらなかったのです。勇気を出して、主イエスを引き取る決意が与えられたのです。主イエスが罪人と共に葬られようとしている中、自分に与えられた使命が示されるのです。「自分は他の弟子たちのように、主イエスを信じると表明し、主イエスに従うことが出来なかった」。彼は負い目がありました。しかし今、他の弟子たちが逃げて行き、主イエスの遺体を引き取ることが出来ない中、安息日まで3時間と迫っている中、彼は遺体を葬ることが決意が与えられたのです。彼にしか出来ないこと、キリスト者として、自分に与えられた使命がここにあることを彼は知ったのです。
 神さまは、キリスト者一人ひとりに賜物を与え、異なった働きを求めておられます。ローマ12章では、一つの体が多くの部分から成り立っていると語り、キリスト者が異なった賜物、働きがあることを語ります。そして彼は、もう皆に信仰を表明し、キリスト者としての歩みを初めて行くのです。ここに集う一人ひとりもまた、主によって神の民として、すでに召されているのです。しかし一人ひとりが主によって召しを受け、与えられている賜物を用いて、主に仕え、主を礼拝し、信仰生活を送る者とされていくのです。

Ⅱ.ニコデモ
 さて、今日の御言葉には、もう一人、この時に自らの信仰を人々の前で明らかにした人物がいました。それがニコデモです。ヨセフは信仰を明らかにしピラトの前に申し出る勇気ある行動を起こしたことに対して、ニコデモはヨセフにつられるように、ようやく信仰を人々に明らかにして、主イエスを葬るためのものを準備するのです。
 ニコデモも、ヨセフ同様に隠れクリスチャンでした。3章で彼について記されています(39)。彼はファリサイ派に属する議員であり、人々に信仰を隠すために、夜に主イエスの所に行き質問していたのです。彼はまさに主イエスが救い主であることを信じていたのですが、それを人前で表明することが出来ないでいたのです。
 そしてこの3章における主イエスとのやりとりにおいて、ニコデモは主イエスから次のように語られていたのです。3:10~12「あなたはイスラエルの教師でありながら、こんなことが分からないのか。はっきり言っておく。わたしたちは知っていることを語り、見たことを証ししているのに、あなたがたはわたしたちの証しを受け入れない。わたしが地上のことを話しても信じないとすれば、天上のことを話したところで、どうして信じるだろう。」ニコデモは主イエスからユダヤ人の代表のごとくに、「あなたは主を信じることが出来ないのだ」と宣言されていたのです。
 そのニコデモが、死を遂げられた主イエスを丁重に葬るために、進み出たのです。没薬と沈香のまぜた物を100リトラばかり持ってきたと記されています。100リトラは、約32kg程です。ヨセフがピラトの所に行き、主イエスの遺体を引き取りたいとの申し出を行っている最中、主イエスを葬るために、ニコデモは自分の家に帰り、これらのものを持ってきたのです。
 ヨセフが信仰を表し、墓を提供できたように、ニコデモは主イエスを丁重に葬るための一式の道具がすぐに用いることが出来る状態で持っていたのです。主なる神さまは、ヨセフにしろ、ニコデモにしろ、この時に信仰を告白し、行動することが出来るように準備して下さっていたのです。
 まさに、ニコデモにとっては、自分でも予想もしていなかった信仰の表明だったのではないでしょうか。しかしこの時に、主は聖霊をとおしてニコデモに働きかけ、そして主を信じる主の民として生きるように押し出して下さったのです。

Ⅲ.それぞれの信仰の歩み
 主イエスが葬られる時、電光石火のごとくに、ヨセフとニコデモが登場します。ここから私たちが考えなければならないことは、主は一人ひとりの信仰者をお覚え下さり、その働きを準備して下さっているのです。長い間、人々の前で信仰を告白し、キリスト者として生活を送ることが出来なかった人がいたとしても、主が神の子として御計画に入れて下さっていれば、時が与えられ、信仰者としての歩みを始めるのです。
 私たちは、今から聖餐式に与ります。聖餐に与ることにより、私たちは、神さまによって召されたキリスト者であることを確認することが出来るのです。ペトロでもヨハネでもなく、ここに出てくるヨセフでもニコデモでもなく、今、主の御前に集められているあなたを救うために、主イエスは十字架で死を遂げて下さったのです。
 主による救いを覚えつつ、キリスト者として歩み続けていきましょう。



                                     (2012.6.3)

COPYRIGHT(C) 2012 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る