【ヨハネによる福音書連続講解説教】  辻 幸宏牧師

「復活のイエスと出会う」  ヨハネによる福音書20章11節~18節



ヨハネによる福音書20章11~18節

  11 マリアは墓の外に立って泣いていた。泣きながら身をかがめて墓の中を見ると、12 イエスの遺体の置いてあった所に、白い衣を着た二人の天使が見えた。一人は頭の方に、もう一人は足の方に座っていた。13 天使たちが、「婦人よ、なぜ泣いているのか」と言うと、マリアは言った。「わたしの主が取り去られました。どこに置かれているのか、わたしには分かりません。」14 こう言いながら後ろを振り向くと、イエスの立っておられるのが見えた。しかし、それがイエスだとは分からなかった。15 イエスは言われた。「婦人よ、なぜ泣いているのか。だれを捜しているのか。」マリアは、園丁だと思って言った。「あなたがあの方を運び去ったのでしたら、どこに置いたのか教えてください。わたしが、あの方を引き取ります。」16 イエスが、「マリア」と言われると、彼女は振り向いて、ヘブライ語で、「ラボニ」と言った。「先生」という意味である。17 イエスは言われた。「わたしにすがりつくのはよしなさい。まだ父のもとへ上っていないのだから。わたしの兄弟たちのところへ行って、こう言いなさい。『わたしの父であり、あなたがたの父である方、また、わたしの神であり、あなたがたの神である方のところへわたしは上る』と。」18 マグダラのマリアは弟子たちのところへ行って、「わたしは主を見ました」と告げ、また、主から言われたことを伝えた。




Ⅰ.弟子たちとマグダラのマリア
 キリストは、十字架の上で死を遂げられ、三日目の朝に死に打ち勝ち復活されました。そして遺体が葬られた墓は、空になっていたのです。そのため安息日が明けた朝に墓に来たマグダラのマリアもペトロも主イエスの愛する弟子であるヨハネも、復活の主イエスと出会うことは出来ませんでした。墓の中に残されていたのは、遺体である主イエスを包んでいた覆いや亜麻布だけでした。主イエスが十字架に架けられる前に語られていた、十字架の死と復活の予告に耳を傾け、信じていれば、弟子たちもここで復活について頭がよぎったはずでありますが、だれもその事実を知ることは出来ません。
 ペトロとヨハネは、墓が空であることを確認すると、家に帰って行きました。この時彼らは、マリアが語ったこと、つまり墓が空である事実が分かれば良かったのです。弟子たちは、主イエスの遺体がどこに行ったかよりも、主イエスが逮捕され、死を遂げられたことにより、自分たちにも同様の危害が加わることの方が恐ろしかったのです。
 しかしマリアは墓の外で立って泣いていました。放心状態です。マリアにとってユダヤ人がどうこうは関係がないのです。自分に取り憑いていた七つの悪霊を追い出し、自分の人生に救いの喜び、生きる希望をお与え下さったイエス・キリストがどうなったのか、なぜ遺体がなくなったのか、確認しなければ納得が出来ないのです。

Ⅱ.天使との出会い
 マリアは恐る恐る墓の中をのぞき込みます。この時、彼女は二人の天使に出会います。旧約聖書では天使や主の使いが度々登場しますが、新約の時代に、天使が出てくるのは、希です。主イエスが誕生する時、マリアに受胎告知がなされたことは有名ですが、ヨセフに対しても天使をとおして様々な告知がなされていきました。また洗礼者ヨハネの母エリザベトや父ザカリアに働きかけたのも、天使です。新約聖書において、天使は重要な場面で登場するのです。最初に墓に入ったペトロとヨハネは天使の存在に気がつきません。天使は霊的な存在であり、それと思う人の所にしか表れないのです。
 しかしヨハネ福音書は、天使に対してマリアが素っ気ない対応をいたと記します。しかし、復活の主イエスがマリアと出会い、「ラボニ」と答えた時、天使たちはそのことの証言者として重要な位置づけが与えられるのです。だから天使は二人だったのです。

Ⅲ.復活のイエスとの出会い
 マリアは、復活の主イエスと出会っても態度は同じでした。イエスだとは気付かないのです。これは不思議なことです。三日前まで一緒にいていた人が声をかけて下さったのです。ルカ福音書24;13~35に記されているエマオの途上の場面においても同様です。
 十字架以前の主イエスと復活された主イエスは、別人の体となったのでしょうか? いままで一緒にいて寝起きを共にしていた者が、姿を見て、声を聞いても分からないのです。しかし主イエスは、御自身の復活を疑ったトマスに対しては、十字架の傷を示されました。ですから、まったく別人に変化したのではありません。これは聖書の奥義であり、私たちにとっては不思議な出来事ですが、興味ながらに踏み込み、詮索するべきではないのです。
 しかし、エマオの途上の二人の弟子たちは、主イエスが食事の祈りを行った瞬間に、そしてマグダラのマリアは主イエスが「マリア」と呼びかけて下さった瞬間に、このお方が復活の主イエスであることを気付くのです。これは人間的な特徴によって理解出来たものではありません。ここに主の御働き、聖霊の御業が、弟子たち、マグダラのマリアに対して働いた瞬間なのです。復活の主イエスに出会うことが出来るのは、主によって、救いの中に入れられ、神の民とされた瞬間に、聖霊が働きかけ、主なる神さまによる救い、主イエス・キリストの十字架の贖いを受け入れ、信じる者へと変えて下さるのです。
 私たちは、直接、目と目を合わせて復活の主イエスと出会うことは出来ません。しかし主は今、御言葉を通じて私たちに語りかけて下さり、聖霊の働きが私たちに与えられているのです。そして復活のイエスと出会うことにより、私たちは十字架の上のイエスを見上げることが出来るのです。そして死から復活をして下さった主イエスが共におられるのです。私たちも、復活の主イエスと出会い、主を救い主として信じる時、救いの希望に入れられるのです。人生は、孤独、艱難、災害、迫害・・・さまざまです。しかしキリストが私たち自身が背負う十字架を担って下さったのです。重荷は軽くされています。乗り越えることが出来るのです。そして救いの希望に生きることが出来るのです。

                                     (2012.7.8)

COPYRIGHT(C) 2012 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る