【ヨハネによる福音書連続講解説教】  辻 幸宏牧師

「真ん中に立つ主イエス」  ヨハネによる福音書20章19節~23節



ヨハネによる福音書20章19~23節

  19 その日、すなわち週の初めの日の夕方、弟子たちはユダヤ人を恐れて、自分たちのいる家の戸に鍵をかけていた。そこへ、イエスが来て真ん中に立ち、「あなたがたに平和があるように」と言われた。:20 そう言って、手とわき腹とをお見せになった。弟子たちは、主を見て喜んだ。:21 イエスは重ねて言われた。「あなたがたに平和があるように。父がわたしをお遣わしになったように、わたしもあなたがたを遣わす。」:22 そう言ってから、彼らに息を吹きかけて言われた。「聖霊を受けなさい。:23 だれの罪でも、あなたがたが赦せば、その罪は赦される。だれの罪でも、あなたがたが赦さなければ、赦されないまま残る。」




Ⅰ.主イエスと出会う
 弟子たちは、ペトロとヨハネの報告を受け、またマグダラのマリアから「わたしは主を見ました」との証言を受けました。しかしここには喜びはなく、ユダヤ人たちに対する恐れがあるだけでした。事実を聞いただけでは、信じることはできなかったのです。弟子たちは、主イエスが十字架に架けられる前に、様々な福音を聞いてきました。知的理解は深まっていたはずです。5000人養いの奇跡を見、病人の癒やしに立ち会い、ラザロの復活に立ち会っても、主イエスの復活と結びつくことはなかったのです。
 このことは今説教を聞いている私たちにも当てはまることです。説教を聞いて、理解したとしても、聖霊が宿っていないため、信仰とはならないのです。私たちは自分の都合の良いように説教を聞いていてはダメです。石の心に鎧を着飾って説教を聞いていても、信仰に結びつくことはありません。

Ⅱ.平安 神と共にある
 しかし主イエスは、鍵をかけ閉じこもっていた弟子たちの前に現れ、「あなたがたに平和があるように」と語られます。これは「平安・安かれ」と訳すべき言葉です。私たちが「平和」と語れば、戦争のない、また放射能に汚染されることのない、毎日が安定した喜びに満ちた平穏な生活を思い浮かべるかと思います。しかし、ここで主イエスが語られた「平安」は、そうではありません。信じるが故に信仰の戦いが強いられます(参照:パウロ-Ⅱコリント11:23-28)。韓国の殉教者、朱基徹(チュキチュル)牧師や孫良源(ソンヤンウォン)牧師のことも心にとめておくことが出来ます。彼らは殉教しました。しかし地上での生涯は不幸であり不遇であったのでしょうか? 決してそうではありません。苦しみ、迫害されました。しかしキリストが共におられ、主の平安が与えられていたのです。
 今の時代にも信仰の戦いを強いられている人たちがいます。日曜出勤が求められる人々、日の丸・君が代を強制させられている方々。体と霊、魂が引き裂かれるような信仰の戦いを行っておられます。しかし彼らにこそ、主の平安があるのです。
 主がお語りくださる「平安」とは、その場限りの慰めではありません。「わたしがたはいつまでもあなたと共にいる。そしてあなたがたは、罪赦され、神の民として永遠の生命が与えられた、天国における祝福がある」と主イエスは宣言して下さっているのです。主イエスのこの約束は、地上での生涯を終えるまで、いや復活の体が与えられ、天国における永遠の生命が与えられる間、継続する祝福なのです。だからこそ、信仰の戦いを行い続けることが出来るのです。別の視点から語れば、信仰の戦いを行わずして、主の平安は与えられないのです。

Ⅲ.平安 世に遣わされて
 そして、主イエスは再び弟子たちに語られます。「あなたがたに平和があるように」。主イエスは同じことを単に繰り返されたのではありません。初めはまさに、主イエスと弟子たちの関係、一人ひとりが、主イエスによる救いに繋がり、信仰の恵みに入れられていることを確認したのです。
 しかし二度目に主イエスが「あなたがたに平安があるように」と語られた時には、「父がわたしをお遣わしになったように、わたしもあなたがたを遣わす」との言葉が続くのです。つまり神による平安に生きるキリスト者、罪の赦しと永遠の生命の希望に生きるキリスト者は、個人的な信仰に留まることはないのです。公同の教会の広がり、宣教の広がりがあるのです。キリストの復活は、宣教との繋がりが不可避なのです。だからこそ、復活の主イエスは大宣教命令を語られるのです(マタイ28:18~20)。
 ここには疑いはありません。日曜日だけキリスト者として教会に来ていれば良いと言った思いもありません。主はあなたのすべてに対して、あなたのすべての時間に対して、あなたのすべての人生に対して主は「平安であるように」と宣言して下さっているのです。だからこそ私たちは、主の平安の内にこの世での歩みを続けていくことが出来るのです。この時、信仰の戦いも生じますが、それと同時に、どのような時にも、信仰を貫き、それが主を証しし、宣べ伝える者となっていくのです。

                                     (2012.7.15)

COPYRIGHT(C) 2012 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る