【ヨハネによる福音書連続講解説教】  辻 幸宏牧師

「信じる人は救われる」  ヨハネによる福音書20章24節~29節



ヨハネによる福音書20章24~29節

  24 十二人の一人でディディモと呼ばれるトマスは、イエスが来られたとき、彼らと一緒にいなかった。25 そこで、ほかの弟子たちが、「わたしたちは主を見た」と言うと、トマスは言った。「あの方の手に釘の跡を見、この指を釘跡に入れてみなければ、また、この手をそのわき腹に入れてみなければ、わたしは決して信じない。」:26 さて八日の後、弟子たちはまた家の中におり、トマスも一緒にいた。戸にはみな鍵がかけてあったのに、イエスが来て真ん中に立ち、「あなたがたに平和があるように」と言われた。:27 それから、トマスに言われた。「あなたの指をここに当てて、わたしの手を見なさい。また、あなたの手を伸ばし、わたしのわき腹に入れなさい。信じない者ではなく、信じる者になりなさい。」:28 トマスは答えて、「わたしの主、わたしの神よ」と言った。:29 イエスはトマスに言われた。「わたしを見たから信じたのか。見ないのに信じる人は、幸いである。」



序.
 「信じる人は救われる」つまり信仰義認は、宗教改革の旗印の一つです。宗教改革者たちは、行いや免罪符によって救われるのではなく、聖書を解き明かし、聖書は信じることによって救われる(信仰義認)と語り、それと同時に、自分たちの言葉で聖書を翻訳し、聖書を読むことを求めたのです。

Ⅰ.不信仰者の代表としてのトマス
 弟子たちは「わたしたちは主を見た」と告白したことに対して、トマスはその言葉を信じることが出来ませんでした(25)。トマスの不信仰をおもしろおかしく読むのではなく、主はトマスを通して、私たちの信仰はどうであるかを問いかけていることを忘れてはならないのです。
 またヨハネ福音書20章では、マグダラのマリア、ペトロとヨハネを含む弟子たち、そしてトマスと取り上げられていることに着目なければなりません。つまり、弟子たちはマグダラのマリアが「わたしは主を見ました」と告げ、また、主から言われたことを伝えたにも関わらず、弟子たちは、主イエスの復活を信じることが出来ませんでした。そして家の戸に鍵をかけていたのです。つまり弟子たちも殻に閉じこもり心の扉をも閉じて、誰も入ってこないようにしていたのです。しかし、復活の主イエスは、鍵のかけてあった家の中に入ってきて下さったように、殻に閉じこもり、石の心、不信仰の固まりであった弟子たちの中に入ってきて下さり、心の扉を開けて、主を信じるものへと導いて下さったのです。弟子たちに与えられた信仰とは、まさに主から一方的に与えられた恵みであったのです。

Ⅱ.主の日の祝福
 八日後、つまり次の週の初めの日にも弟子たちは同じように鍵をかけて家の中に閉じこもっていました。旧約の時代、安息日は第七日でした。安息日が明けた、週の初めの日に復活を遂げられ、その日の夕方、弟子たちの前に現れ、八日の後、再度現れになられたのです。だからこそウェストミンスター信仰告白では、主の日のことを「キリスト教安息日」(21:7)と語り、主の日を一日、安息日として覚え、公的・私的に神礼拝を守る日としなければならないのです。
 主イエスの復活の日、トマスはどういう理由かは記されていませんがその場所にいなかったのです。そのためトマスは、一週間待たされ、次の主の日になって、復活の主イエスと出会い、平安が宣言され、主の祝福に満たされたのです。主の日に主を礼拝することにより、主と共にあり、罪の赦しと神の国における永遠の祝福に満たされるのです。つまり、主の日に主を礼拝することは、主イエスの弟子たちに特別に与えられた恵みです。そして主イエスは、主の日の礼拝に招かれている今も私たちに「平安であるように」とお語りくださっているのです。

Ⅲ.信じる者は救われる
 また主イエスはそのトマスに対して、「わたしを見たから信じたのか。見ないのに信じる人は、幸いである」とお語りくださいました。これは何も叱責ではなく、主はトマスの弱さ、罪を指摘されつつ、なおも、主は彼を捕らえ、平安をお与え下さっているのです。
 現代でも「イエスが復活したことは信じられない」と語る人々は多いでしょう。石の心であり、自分の殻に閉じこもっているのです。しかし、復活の主イエスはまさにこういう人たちの心の中に入って下さり、語り続けて下さっているのです。神さまが、私たちにいのちを与え、私たちを救い、私たちを永遠の生命である天国に導いて下さいます。
 私たちに命を与え、私たちに平安をお与え下さることが出来る神さまであるならば、私たちの頭で考えられる範囲に留まるお方であるはずがありません。しかし、嵐がいきなり静まり、病人が癒やされ、死人が復活する力を持っているお方こそが、真の神であり主です。だからこそ、私たちは神さまを私たちの頭で一生懸命理解しようとしても、信じることは出来ないのです。私たちの知的努力においても達成できない信じるという行為を、救い主イエス・キリストが私たちのために死を遂げて下さったこと、死に打ち勝って下さったこと、さらには主が御自身の聖霊の働きを通して、主が真の神であることをお示し下さるのです。石の魂を砕いて下さり、神の愛、キリストによる十字架によって救いが与えられていることを信じることが出来るように導いて下さるのです。
 だからこそトマスは、復活の主イエスと出会うことにより、「わたしの主、わたしの神よ」と告白することが出来たのです。主は、一方的にトマスの前に現れて下さり、平安をお与え下さったのです。復活の主イエスと出会うということは、単に人間イエスが復活されたに留まらないのです。主イエス・キリストが復活されたことは、主イエス・キリストが、単なる人ではなく、自然を超えた力を持つ真の神そのものであり、唯一の主であることを証ししているのです。そして、主イエス・キリストを信じる私たちもまた、主イエスのように復活の体が与えられ、永遠の生命の希望があることを示して下さっているのです。だからこそ、主イエス・キリストこそが、主である、唯一の神であるとトマスは告白し、私たちも告白し、そして礼拝し続けるのです。


                                     (2012.7.22)

COPYRIGHT(C) 2012 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る