【ヨハネによる福音書連続講解説教】  辻 幸宏牧師

「イエスの言葉に従う」  ヨハネによる福音書21章1節~14節



ヨハネによる福音書21章1~14節

  1 その後、イエスはティベリアス湖畔で、また弟子たちに御自身を現された。その次第はこうである。:2 シモン・ペトロ、ディディモと呼ばれるトマス、ガリラヤのカナ出身のナタナエル、ゼベダイの子たち、それに、ほかの二人の弟子が一緒にいた。:3 シモン・ペトロが、「わたしは漁に行く」と言うと、彼らは、「わたしたちも一緒に行こう」と言った。彼らは出て行って、舟に乗り込んだ。しかし、その夜は何もとれなかった。:4 既に夜が明けたころ、イエスが岸に立っておられた。だが、弟子たちは、それがイエスだとは分からなかった。:5 イエスが、「子たちよ、何か食べる物があるか」と言われると、彼らは、「ありません」と答えた。:6 イエスは言われた。「舟の右側に網を打ちなさい。そうすればとれるはずだ。」そこで、網を打ってみると、魚があまり多くて、もはや網を引き上げることができなかった。:7 イエスの愛しておられたあの弟子がペトロに、「主だ」と言った。シモン・ペトロは「主だ」と聞くと、裸同然だったので、上着をまとって湖に飛び込んだ。:8 ほかの弟子たちは魚のかかった網を引いて、舟で戻って来た。陸から二百ペキスばかりしか離れていなかったのである。:9 さて、陸に上がってみると、炭火がおこしてあった。その上に魚がのせてあり、パンもあった。:10 イエスが、「今とった魚を何匹か持って来なさい」と言われた。:11 シモン・ペトロが舟に乗り込んで網を陸に引き上げると、百五十三匹もの大きな魚でいっぱいであった。それほど多くとれたのに、網は破れていなかった。:12 イエスは、「さあ、来て、朝の食事をしなさい」と言われた。弟子たちはだれも、「あなたはどなたですか」と問いただそうとはしなかった。主であることを知っていたからである。:13 イエスは来て、パンを取って弟子たちに与えられた。魚も同じようにされた。:14 イエスが死者の中から復活した後、弟子たちに現れたのは、これでもう三度目である。



序.
 復活の主イエスと出会うことは救いそのものです。しかし復活の主イエスと出会うことと、復活の主イエスと共に歩み続けることとは異なります。2000年前に行われた主イエスの復活を信じていれば良いのではありません。信仰は過去の出来事ではなく、今、私たち自身の問題です。私たちは、神の御前で、神と共に歩むことが求められているのです。

Ⅰ.主と共に歩む
 復活の主イエスと出会った弟子たちは、ディベリアス(ガリラヤ)湖畔において、漁に出ていました。ペトロたちが先頭に立ち、その日の食料となる魚を捕ろうとしていたのです。ガリラヤ湖は、彼らの地元であり、いつ・どこに網を下ろせば良いのか、十分把握していました。しかしこの日に限っては、一匹も取れなかったのです。私たちは、この現実をはっきりと知らなければなりません。つまり、彼らは復活の主イエスと出会い、復活の主イエスを信じたのです。しかし、ここに主イエスはおられません。弟子たちは自力でで魚を取ろうとしたのです。つまり、復活のキリストを信じたとしても、自分の力に頼って何かを行おうとすれば失敗するのです。ここには信仰がないからです。
 その後、彼らは復活の主イエスと出会います。そして主イエスの「舟の右側に網を打ちなさい。そうすればとれるはずだ」との言葉を信じて行動した時、網がはじけんばかりの魚を獲ることが出来たのです。つまり信じることは、復活の主イエスを信じると共に、今も主イエスと共に歩むこと、主イエスにすべてを委ねること、主イエスの恵みに与ることが必要なのです。私たちは聖霊をとおして、常に主イエスと共に歩むことが出来るのです。
 主イエスはペトロたちを弟子とする時、「今から後、あなたは人間をとる漁師になる」(ルカ5:10)と語られました。つまり私たちの日々の生活において主イエスと共に歩むのですが、伝道においても同様なのです。つまり伝道を行う時も人間的な方法で行うのではなく、私たち自身が霊的に満たされ主イエスのお与え下さる御力をもって、主イエスに委ねて伝道することが求められるのです。人間的に何かを行えば失敗するのです。

Ⅱ.主の養い
 次に、弟子たちは主イエスによって食料が与えられたことに着目します。私たちは、飢え渇きを覚えることがなく、飽食の時代です。しかしここにある主の恵みを忘れてはなりません。主の祈りの第四祈願は「日用の糧を今日も与え給え」です。
 弟子たちも、漁をすれば食事が食べられると疑いませんでした。しかし、主はこの時、彼らの求めに答えて下さらなかったのです。主の許しがなければ、食べたいと願っても、食べることが出来ないのです。そして主の恵みに入れられた時、網が破れるほどの魚が与えられたのです。そればかりか、主はそれとは別に、弟子たちのために魚を準備し、パンも準備して下さっていたのです。主は溢れんばかりの恵みに満たして下さいます。
 私は今日の御言葉において断食について考えました。断食をすることは主の求めです。日々与えられている食事を絶つことで、日々与えられている食事を主に感謝することが出来、主に対する遜りが与えられるのです。近い将来、教会でも行いたいと願っています。

Ⅲ.主イエスと出会った弟子たち
 私たちは、ここで改めて、主イエスと出会った弟子たちを確認しなければなりません。ペトロは、主イエスが逮捕され十字架に架けられる裁判を受けている時に、主イエスのことを三度知らないと語ったのです。そのペトロに対して、復活の主イエスは改めてお会い下さり、主イエスの弟子としての召命が与えられていくのです(21:15-19)。
 トマスは、他の弟子たちが復活の主イエスと出会ったことを告白しているにも関わらず、彼は最後までそれを信じることが出来なかったのです。復活の主イエスは、トマスの前に立って下さり、信じる者へと導いて下さったのです(20:24-29)。
 ナタナエルについては1:43-51に記されています。彼もまた、疑っていたのに、主イエスと出会うことにより、信じる者とされ、忠実に主の働き人とされたのです。
 つまり三人は、いずれも疑うものでした。主は私たちに対して、疑う者、あるいは自分の力に頼る者ではなく、主なる神さまであるイエス・キリストを信じる者、主イエス・キリストに委ねる者であるよう求めています。
 イエス・キリストは、今も聖霊をとおして、私たちと共にいて下さいます。私たちはみなしごではありません。ないものに不平不満を語ることなく、日々与えられている食事に対しても主の恵みとして感謝して、主イエス・キリストと共に歩み続けましょう。

                                     (2012.9.2)

COPYRIGHT(C) 2012 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る