【ヨハネによる福音書連続講解説教】  辻 幸宏牧師

「失敗は成功のもと」  ヨハネによる福音書21章15節~19節



ヨハネによる福音書21章15~19節

  21:15 食事が終わると、イエスはシモン・ペトロに、「ヨハネの子シモン、この人たち以上にわたしを愛しているか」と言われた。ペトロが、「はい、主よ、わたしがあなたを愛していることは、あなたがご存じです」と言うと、イエスは、「わたしの小羊を飼いなさい」と言われた。21:16 二度目にイエスは言われた。「ヨハネの子シモン、わたしを愛しているか。」ペトロが、「はい、主よ、わたしがあなたを愛していることは、あなたがご存じです」と言うと、イエスは、「わたしの羊の世話をしなさい」と言われた。21:17 三度目にイエスは言われた。「ヨハネの子シモン、わたしを愛しているか。」ペトロは、イエスが三度目も、「わたしを愛しているか」と言われたので、悲しくなった。そして言った。「主よ、あなたは何もかもご存じです。わたしがあなたを愛していることを、あなたはよく知っておられます。」イエスは言われた。「わたしの羊を飼いなさい。21:18 はっきり言っておく。あなたは、若いときは、自分で帯を締めて、行きたいところへ行っていた。しかし、年をとると、両手を伸ばして、他の人に帯を締められ、行きたくないところへ連れて行かれる。」21:19 ペトロがどのような死に方で、神の栄光を現すようになるかを示そうとして、イエスはこう言われたのである。このように話してから、ペトロに、「わたしに従いなさい」と言われた。




Ⅰ.失敗を引きずる
 復活の主イエスの御前にペトロが立っています。この時、ペトロは頭を上げて、主イエスを見つめることなど出来ません。なぜならば、主イエスが逮捕される前の夜、主イエスはペトロに躓きを予告されました(マルコ14:30)。この時ペトロは強く否定したのです。しかしペトロは主イエスを裏切り、呪いの言葉さえ口にしたのです(同14:71-72)。
 ペトロはこの出来事を引きずっていました。人は大きな失敗をすると、迷惑をかけた人から隠れようとします(参照:創世3:7)。罪意識を持つことは大切なことです。
 失敗学を提言し、多くの書籍を記されている方として、畑村洋太郎さんがいます。本来は機械工学の専門家であですが、失敗学の普及に携わっておられます。今回の原発事故でも政府の事故調査委員会の委員長になられた方です。彼は著書「失敗学のすすめ」(p26)で次のように語っています。与えられた設問への答えの出し方を最短距離で学ぶ、まさに合理的学習法ですが、残念ながらこれだけでは吸収した知識を本当に身につけることはできません。とおりいっぺんの形だけの知識は身につくものの、それは深い部分にまでは根づかず、したがって本当の意味での自分の知識として使うことができないからです。この隙間を埋めるには、やはり体感・実感がともなった体験学習が必要で、失敗することをいとわず、失敗体験を積極的に活用する必要があります。・・「小さな失敗を不用意に避けることは、将来起こりうる大きな失敗の準備をしていることだ」ということを、もっと私たちは知るべきなのです。

Ⅱ.主イエスの愛と悔い改め
 世における失敗学を確認したが、信仰においても同じで良いのか? 失敗を繰り返さないために失敗から学び、努力することは必要なことです。しかしこれは信仰的な対応ではありません。
 ペトロは、主イエスの御前に立っています。主イエスは、ペトロの失敗に対して、叱責されることも、怒られることもありません。主イエスは、ペトロを愛により赦して下さいます。ペトロはもう主イエスの十字架によって罪が赦されているのです。
 三度も主イエスを拒絶したペトロの罪は大きいです。しかし、その罪を主イエスは赦して下さったのです。罪がどれだけ大きくとも、主は主の御前に立つ者の罪を赦して下さいます。サマリアの女(ヨハネ4章)、姦通を犯した女(同8章)、主イエスと共に十字架に架けられた囚人も同様です。彼らに共通していることは、①主イエスの御前に立つこと。②自らの罪をはっきりと受け止めていること。③主イエスの愛と罪の赦しに感謝し、救いの感謝に生きようと、信仰の告白をしていることです。
 「水に流す」という言葉がありますが、主イエスはペトロの罪を水に流して下さったように見えます。しかしそうではありません。水に流してはなりません。罪は罪として、いつまでも刻み続けなければなりません。それ以上に、主なる神さまが罪を赦し、義と認め、神の子として、神の国に入れて下さることを宣言して下さっているのです。世の中では、遺憾の意を表し、水に流して終わりといこうとがあります。そういうことではないのです。石丸新牧師は、講演の中で次のようにお語りになります。「遺憾、反省、自省、自責、悔恨、悔悟、懺悔、悔改=最も聖書的かつ包括的な語。悔改あってこそ、真の謝罪は成り立つ。その内容は、『ウェストミンスター小教理問答』問87の答にいとも明白。罪の自覚と、キリストにある神の恵みの理解とから、罪を悲しみ、憎み、罪を離れて神へ立ち返ること。神に赦され、人に赦されて、新しい服従を決意し、そのように生き抜く努力を傾けて、悔い改めの証しを立て続ける」。

Ⅲ.神の愛、キリストの愛
 主の御前に私たちが求められていることは、罪をいつまでも覚えつつ、主の御前に悔い改め、信仰を表すことです。そして救いをお与え下さった主イエスの御前に生き続けることです。常に罪を顧み、罪を赦して下さった主イエス・キリストが共にいるのです。主イエス・キリストが担われた十字架の痛みを担い続けなければなりません。自らの犯した罪がどれだけ大きいか、主イエスの十字架の苦しみがどれだけ神の愛に満ちたものであったか、それがはっきりと示された時、救い主である主の御前に遜ることが出来るのです。だからこそ、私たちは常に主の御前に立ち、律法により自らを顧みる必要があります。
 そうすると、主の御前に遜り、主の御言葉、主の命令に聞き従う者へと変えられるのです。主のお与え下さる罪の赦し、救い、永遠の生命は、非常に大きなものであります。そうであるならば、主の命令に対しても、私たちはどこまでも聞き従うこととなるのです。それも殉教の死に至るまでです。ここに救いがあるからです。真理があるからです。永遠の生命と天国の祝福があるからです。罪の刑罰は死です。死すべきペトロが、死すべき私たちが、死から救い出され、天国に入ることが赦されているのです。だからこそ、どこまでも主に従い行くのです。

                                     (2012.9.2)

COPYRIGHT(C) 2012 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る