【キャンドル礼拝の説教】  「救い主と出会う」  辻 幸宏牧師



  ルカによる福音書2章8〜20節(新共同訳聖書)

2:8 その地方で羊飼いたちが野宿をしながら、夜通し羊の群れの番をしていた。
2:9 すると、主の天使が近づき、主の栄光が周りを照らしたので、彼らは非常に恐れた。
2:10 天使は言った。「恐れるな。わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。
2:11 今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ
   主メシアである。
2:12 あなたがたは、布にくるまって飼い葉桶の中に寝ている乳飲み子を見つけるで
   あろう。これがあなたがたへのしるしである。」
2:13 すると、突然、この天使に天の大軍が加わり、神を賛美して言った。
2:14 「いと高きところには栄光、神にあれ、/地には平和、御心に適う人にあれ。」
2:15 天使たちが離れて天に去ったとき、羊飼いたちは、「さあ、ベツレヘムへ行こう。
   主が知らせてくださったその出来事を見ようではないか」と話し合った。
2:16 そして急いで行って、マリアとヨセフ、また飼い葉桶に寝かせてある乳飲み子を
   探し当てた。
2:17 その光景を見て、羊飼いたちは、この幼子について天使が話してくれたことを人々に
   知らせた。
2:18 聞いた者は皆、羊飼いたちの話を不思議に思った。
2:19 しかし、マリアはこれらの出来事をすべて心に納めて、思い巡らしていた。
2:20 羊飼いたちは、見聞きしたことがすべて天使の話したとおりだったので、神をあがめ、
   賛美しながら帰って行った。


 クリスマスおめでとうございます。世界中の人たちが、今、クリスマスをお祝いいたします。しかしクリスマスをお祝いするのは、自分たちだけ楽しむためではありません。クリスマスは、主なる神様が私たちに、救い主というプレゼントを届けて下さったからです。
 今、日本中が、そして世界中において、クリスマス・イルミネーションが飾られています。それは非常に素晴らしい光です。しかしそこに本当の希望の光はあるのでしょうか?新潟中越の仮設住宅の近くに飾られたものは、人々の支えにはなります。しかし本当の希望の光ではありません。私たちは闇の中を歩んでいるのです。その先にある死という闇です。しかし、私たちには、今、ろうそくの光が灯されています。この闇の中に与えられた光こそが、主なる神様がお与え下さった救い主としてのイエス・キリストなのです。今日、皆さんに、この闇の中に照らされた光であられる救い主に出合って頂きたいと思います。
 通常、子供が誕生する時、まず母となる女性が気がつき、そのことが父親に、そして親戚・友人へと伝えられていくことでしょう。しかし、イエス様の誕生は、全く異なっていました。母となるマリアがその事実を知る前に、神様によって天使が立てられ、天使の言葉により、マリアに、その事実を初めて知ります。そして父となるヨセフ、羊飼い、博士たちに、さらに他の人たちにも、天使によって伝えられていきます。そしてこの受胎告知は、その事実を知ることに留まらず、その子供が私たちを闇から光に導いて下さる救い主であることが伝えられ、伝えられた人々は、それを信じて行動するものとされます。
 ザカリアは、聖所にて祭司職のつとめをしていた時に、天使が現れ、ヨハネの誕生が予告されますが、最初信じませんでした。しかし口が利けなくなり、その天使の言葉を信じ、そして息子ヨハネが誕生した時には、ヨハネが指し示す救い主を讃美することとなります。
 博士たちは、東方の博士と呼ばれているように、ペルシャの星占い師であったと言われています。彼らは異邦人であり、救いから離れた者でした。しかし、主は彼らに救い主を指し示し、救い主の誕生の証人として下さいました。彼れは、ペルシャからイスラエルへと500km以上の道のりを、救い主の誕生を確認するために旅立ちます。時間も動力もいります。しかし救い主に出合うことが、永遠の生命の喜びと希望に入れられるのです。
 また羊飼いも救いから遠い者でしたが、主の天使は彼らを救い主の誕生の証人として立たせます。多くの羊を飼いながら遊牧生活をしており、急速に動くことは出来ません。しかし彼らは、主の天使の言葉を聞いた時、急いでベツレヘムにおいて赴きます。羊を伴ってそのような行動はとることが出来ないでしょうから、羊を誰かに預けたのでしょう。大切な羊よりも大切なものを求めて、お生まれになったイエス様に会いに行ったのです。
 真の光、真の真理に出合うことは、この様に全てを捨ててまでも、その道に従おうとする力が働くのです。その光であるイエス・キリストに出合うことにより、闇における死から解放され、真の光の内に、救いに入れられるのです。これが信仰です。
 そうして羊飼いたちは、みどりごのイエス様と出合います。すると彼らは人々にその事実を知らせます(ルカ2:17)。しかしそれを聞いた人々は、不思議に思います(同2:18)。これは「驚いた」とも訳されている言葉です。つまり信じなかったのです。普通には考えられないことが起こったので、驚いき、信ずることなく、逆に笑っていたことでしょう。
 19 しかし、マリアはこれらの出来事をすべて心に納めて、思い巡らします。マリアにとっては、天使のお告げ、そして自らの妊娠し・出産、そしてその後、羊飼いや博士たちが訪れ、互いに喜びを分かち合います。つまりマリアは、全てを計画され、支配され、導いておられる主なる神様の存在と、救いが示され、それを受け入れたのです。
 2000年前、一人のみどりごの誕生は、多くの人たちにとってはたわごとに聞こえるかも知れませんが、真に救いの光に照らされた人々に取っては、真っ暗な闇から救い出される希望の光であり、何を差し置いても、第一にして、救いをお与え下さる神様に出会い、礼拝する行為へと走らせるのです。そして私たちが今、闇夜の中、ろうそくの灯を頼りに礼拝を守っているのも、まさしく、救いと永遠の生命という希望の光が与えられた喜びに満たされつつ、主を礼拝するために、集っているのです。主はすでに私たちに救い主を通しての救いをお与え下さっています。信じて、喜びを持って、礼拝し続けましょう。

                                              (2004.12.24)



戻る