トップ > 説教要約 > 2005年聖霊降臨節


【聖霊降臨節の説教】  「一緒になって祈る」  辻 幸宏牧師


  使徒言行録1章12〜26節(新共同訳聖書)

1:12 使徒たちは、「オリーブ畑」と呼ばれる山からエルサレムに戻って来た。この山はエルサレムに近く、
   安息日にも歩くことが許される距離の所にある。
1:13 彼らは都に入ると、泊まっていた家の上の部屋に上がった。それは、ペトロ、ヨハネ、ヤコブ、アンデレ、
   フィリポ、トマス、バルトロマイ、マタイ、アルファイの子ヤコブ、熱心党のシモン、ヤコブの子ユダであった。
1:14 彼らは皆、婦人たちやイエスの母マリア、またイエスの兄弟たちと心を合わせて熱心に祈っていた。
1:15 そのころ、ペトロは兄弟たちの中に立って言った。百二十人ほどの人々が一つになっていた。
1:16 「兄弟たち、イエスを捕らえた者たちの手引きをしたあのユダについては、聖霊がダビデの口を通して
   預言しています。この聖書の言葉は、実現しなければならなかったのです。
1:17 ユダはわたしたちの仲間の一人であり、同じ任務を割り当てられていました。
1:18 ところで、このユダは不正を働いて得た報酬で土地を買ったのですが、その地面にまっさかさまに落ちて、
   体が真ん中から裂け、はらわたがみな出てしまいました。
1:19 このことはエルサレムに住むすべての人に知れ渡り、その土地は彼らの言葉で『アケルダマ』、つまり、
   『血の土地』と呼ばれるようになりました。
1:20 詩編にはこう書いてあります。『その住まいは荒れ果てよ、 そこに住む者はいなくなれ。』 また、
   『その務めは、ほかの人が引き受けるがよい。』
1:21 -22そこで、主イエスがわたしたちと共に生活されていた間、つまり、ヨハネの洗礼のときから始まって、
   わたしたちを離れて天に上げられた日まで、いつも一緒にいた者の中からだれか一人が、わたしたちに
   加わって、主の復活の証人になるべきです。」
1:23 そこで人々は、バルサバと呼ばれ、ユストともいうヨセフと、マティアの二人を立てて、
1:24 次のように祈った。「すべての人の心をご存じである主よ、この二人のうちのどちらをお選びになったかを、
   お示しください。
1:25 ユダが自分の行くべき所に行くために離れてしまった、使徒としてのこの任務を継がせるためです。」
1:26 二人のことでくじを引くと、マティアに当たったので、この人が十一人の使徒の仲間に加えられることに
   なった。



 今日、聖霊降臨節をお祝い致します。今日の御言葉は、主イエスが天の昇られ、聖霊が下る前の弟子たちの出来事であり、本来ですとペンコテステの前の週に読まれるにふさわしい御言葉であるでしょう。しかしここに記されている弟子たちを通して、私たちが聖霊に満たされ教会形成をどの様にすべきかを確認することが出来るのです。ここには、11人の弟子たちが数人の婦人たちと共に祈っていたこと、120名がペトロの説教を聞いていたこと、そしてイスカリオテのユダに代わる使徒が選出されたことが記されています。それぞれに共通していることは、@主に召された者たちが一つの所に集まったこと、A一同が一つとなったこと、Bそして祈ったことです。
 私たちは、教会という一つの場所に集まって礼拝を守っています。しかし神様を信じようとしている人たちの中に、教会に来る意義が分からず、教会に来ようとしない人たちもいます。これは信仰が個人化しているからです。しかし信仰は個人化してはならないのです。私たちは主イエス・キリストの十字架により罪の赦しが宣言され、神様によって救われた時、私たちは神の国(天国)に入り、永遠の生命に与ります。この時、私たちはひとりぼっちではないのです。主なる神様の玉座があり、目と目を合わせることが出来るようになるのですが、同時にそこにはアダムから始まり最後の審判の時に直接天に昇げられる人までの時代を超え、民族を超えた人々全てが集っているのです。この時、私たちの信仰は、個人的な関係に留まるようなことは決してなく、黙示録において繰り返して語られている通り、神の国に集う全ての者たちが一緒に主を讃美し、誉め讃えるのです。従って神の国を目指している地上の教会もまた、個人的ではなく、神の民の共同体が求められており、信仰が個人的・精神的なものに陥ってはならないのです。
 一つの場所に集まった人たちは一つとなっていました(14,15)。教会はいろんな人たちが集います。性別、年齢、民族も異なります。主イエスの使徒たちを見ても、漁師・徴税人・熱心党員などがいたのです。ですから教会は仲良しクラブのような同じ趣味を持つ人たちだけが集う場所ではありません。ですから誰もが入れる雰囲気を作り、また誰でもが受けられる必要があります。しかし同時に、多様な人々が集いバラバラになってはなりません。それぞれが自分の考えで動いてはならないのです。では、何によって一つになるか。主イエス・キリストの十字架による罪の赦し、そして神様による救いによる一致なのです。そして福音宣教の一致なのです。様々な賜物を持つ人々が教会に集うからこそ、一つの目標に進む時、様々な賜物が用いられ、有益に働いていくのです。
 そして彼らは一つとなって祈っていました。最初に11人の使徒たちは、天に昇られた主イエスの言葉を思い返しながら、約束の聖霊が与えられる時のことを祈り求めていたことでしょう。「心を合わせて熱心に祈る」とは、一人の祈りにあわせて、そのことに全く同意しつつ「アーメン」と祈っていたことでしょう。
 続けて120名程の人たちが一つとなっている場所でペトロが語り始めます。これは祈りではなく説教です。この説教においてペトロは、主イエスを十字架に架けるために売ったイスカリオテのユダについての様々な憶測を取り除き、教会の中から誤った解釈や認識が起こらないように、旧約聖書から確認しつつ語り、教会における一致を保っているのです。
 最後に、イスカリオテのユダに代わる使徒を選ぶために、二人の弟子ヨセフとマティアの中から、主に委ねて一人が選び出されるように祈りが献げられています。
 主は祈りを聞き届けて下さいます。この時、バラバラ、つまり個人個人が勝手に個人的な感情を求めつつ祈っていてはならないのです。祈る時には、主が私たちに何を求めているのかを確認しつつ、主のご計画が私たちに示され、そして私たちを通して主が証しされ、恵みと祝福がもたらされるのであり、そうした思いを、教会は一つとなって願い、祈り求めていかなければならないのです。そして大垣教会の場合、礼拝と共に、祈祷会、ならびに聖書日課に基づいて聖書を共に読み、教会のために祈りを献げていくことにより、教会が一つになり、一致した祈りを献げようとしているのです。

                                               (2005.5.15)


COPYRIGHT(C) 2005 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る