【クリスマスの説教】  「喜びの約束」  辻 幸宏牧師



ルカによる福音書2章8〜20節

2:8 その地方で羊飼いたちが野宿をしながら、夜通し羊の群れの番をしていた。
2:9 すると、主の天使が近づき、主の栄光が周りを照らしたので、彼らは非常に恐れた。
2:10 天使は言った。「恐れるな。わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。
2:11 今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。
2:12 あなたがたは、布にくるまって飼い葉桶の中に寝ている乳飲み子を見つけるであろう。これがあなたがたへのしるしである。」
2:13 すると、突然、この天使に天の大軍が加わり、神を賛美して言った。
2:14 「いと高きところには栄光、神にあれ、/地には平和、御心に適う人にあれ。」
2:15 天使たちが離れて天に去ったとき、羊飼いたちは、「さあ、ベツレヘムへ行こう。主が知らせてくださったその出来事を見ようではないか」と話し合った。
2:16 そして急いで行って、マリアとヨセフ、また飼い葉桶に寝かせてある乳飲み子を探し当てた。
2:17 その光景を見て、羊飼いたちは、この幼子について天使が話してくれたことを人々に知らせた。
2:18 聞いた者は皆、羊飼いたちの話を不思議に思った。
2:19 しかし、マリアはこれらの出来事をすべて心に納めて、思い巡らしていた。
2:20 羊飼いたちは、見聞きしたことがすべて天使の話したとおりだったので、神をあがめ、賛美しながら帰って行った。



 クリスマスおめでとうございます。ホワイト・クリスマスを迎え、幻想的な赴きもありますが、私たちは2000年前にあったクリスマスに目を留めることにより、本当の意味で、クリスマスを喜ぶことが出来るのです。今日与えられた御言葉には、イエス・キリストがお生まれになった時に、お祝いに駆けつけた羊飼いについて記されています。羊飼いたちは、夜通し羊の群れをしていた時に天使が現れ、救い主がお生まれになったことを聞きます。そして天使たちが離れて天に去ったとき、羊飼いたちは、ベツレヘムに旅立ちます。
 思い立つが吉日という言葉がありますが、ことを急げば仕損じるという言葉もあり、物事の判断能力が求められるのであり、本当ならば少しばかり時間をおいて考えた上で、決断するのが良いのではないかと思います。しかし、羊飼いたちは即行動します。それは主の天使の言葉が真実であることを聖霊によって示されたからです。これはスゴイことです。
 彼らは、ベツレヘムの近くいたのではありません。ベツレヘムに行くために、何日も旅をしなければなりませんでした。さらに彼らは羊と共に生活していたのであり、羊と共に行くことなど考えられません。つまり羊を置いていったのです。何人かは残ったのかもしれません。しかし勇気と決断が求められます。そこに何があったでしょうか。彼らは恐れました。しかし天使の言葉を信じて行動したのです。神さまはここに聖霊を通して働かれるのです。そして彼らは、救い主がダビデの町ベツレヘムでお生まれになったことを信じて、即座に行動したのです。
 そしてベツレヘムに到着した羊飼いたちは、飼い葉桶に寝かせてある乳飲み子を捜し当てます(16)。町は人で溢れている中です。しかしこれは奇跡ではありません。ここに神の必然があるからです。主なる神さまは、天地万物を創造し、そして全てを定めておられます。人々にとって偶然・奇跡と思われることも、主にとっては定められたことであり、羊飼いたちは、まさしく主によって導かれて、生まれたばかりの救い主と出会ったのです。
 ですから天使の言葉は当たったのではなく、成就したのです。占いや賭け事のように当たるも八卦当たらぬも八卦と一緒にしてはなりません。
 更に言いますとこれは約束が果たされたのであり契約の成就です。通常、私たちの社会では、契約書が作成され、互いにサインを交わし、印鑑を押します。しかし契約が途中解除になったり、不正があったりして契約が事実上無効にされることもあります。しかし神さまが私たちにお語りになられる契約は決して破られる事はありません。ですから羊飼いたちは、天使の言葉通りに、ダビデの町ベツレヘムにおいてお生まれになった救い主イエス・キリストと出会うことが出来たのであり、この方こそが救い主であると信じたのです。
 そして、この救い主であるイエス・キリストは、真の救い主としての御業を成し遂げるために、十字架にお架かり下さったのです。つまり、私たちは、誰一人として死を免れることが出来ません。それは人間が神さまの前に、日々罪を犯すからです。神さまは、真に義・聖・真実な方ですから、私たちの行いはもちろん、私たちの口から発せられる言葉、心の内までご存じであり、神の律法に反する全ての行為は罪です。そして罪の刑罰は死です。だからこそ、誰一人として、死を免れることが出来ないのです。
 しかし、私たちの刑罰としての死を、キリストが私たちに代わって十字架の死を遂げられることにより、私たちの罪を償って下さったのです。だからこそ、信じる者は救われるのです。もちろん、それでもなお全ての人が死の時を迎えます。しかし、キリストは死から三日目に復活を遂げて下さり、天に昇られたのです。今も天におられます。だからこそ、キリストが再び降りてこられた時に、神さまを信じて死を遂げた人々も、キリストと同様に復活の体が与えられ、神さまと共に永遠の生命に与ることが出来るのです。こうした希望、喜びが私たちに与えられているのであり、この約束は、神さまの約束だからこそ、破られることがないのです。
 そして羊飼いたちは、この救い主イエス・キリストによって成し遂げられる約束に希望を持つことが出来たのです。そして、人々にこの喜びを伝える者とされていくのです(17,20)。本当のうれしさは、体全体でその喜びを表し、そして口から自然と発せられていくのです。これが宣教です。

                                              (2005.12.25)





戻る