【礼拝説教】  「神の計画の実現」  辻 幸宏牧師



  エフェソの信徒への手紙1章3〜14節 (新共同訳聖書)

  3 わたしたちの主イエス・キリストの父である神は、ほめたたえられますように。神は、わたしたちをキリストにおいて、天のあらゆる霊的な祝福で満たしてくださいました。4 天地創造の前に、神はわたしたちを愛して、御自分の前で聖なる者、汚れのない者にしようと、キリストにおいてお選びになりました。5 イエス・キリストによって神の子にしようと、御心のままに前もってお定めになったのです。6 神がその愛する御子によって与えてくださった輝かしい恵みを、わたしたちがたたえるためです。7 わたしたちはこの御子において、その血によって贖われ、罪を赦されました。これは、神の豊かな恵みによるものです。8 神はこの恵みをわたしたちの上にあふれさせ、すべての知恵と理解とを与えて、9 秘められた計画をわたしたちに知らせてくださいました。これは、前もってキリストにおいてお決めになった神の御心によるものです。10 こうして、時が満ちるに及んで、救いの業が完成され、あらゆるものが、頭であるキリストのもとに一つにまとめられます。天にあるものも地にあるものもキリストのもとに一つにまとめられるのです。11 キリストにおいてわたしたちは、御心のままにすべてのことを行われる方の御計画によって前もって定められ、約束されたものの相続者とされました。12 それは、以前からキリストに希望を置いていたわたしたちが、神の栄光をたたえるためです。13 あなたがたもまた、キリストにおいて、真理の言葉、救いをもたらす福音を聞き、そして信じて、約束された聖霊で証印を押されたのです。14 この聖霊は、わたしたちが御国を受け継ぐための保証であり、こうして、わたしたちは贖われて神のものとなり、神の栄光をたたえることになるのです。


 エフェソ書は、囚人となり牢屋に入れられているパウロからエフェソの信徒へ送られている手紙です(3:1、4:1)。しかしパウロは、挨拶に続く最初の言葉で「誉め讃えられよ」と語ります(3、原典より)。「ほむべきかな、わたしたちの主イエス・キリストの父なる神。神はキリストにあって、天上で霊のもろもろの祝福をもって、わたしたちを祝福し、」(口語訳)となります。つまりパウロは、祝福の言葉を三度繰り返しているのです。牢屋におり、死も覚悟しなければならない状態で、パウロは主の栄光を称えます。主こそが真の神であること、そして到着点として死で終わるのではなく、復活し神の国における永遠の生命が約束されているからです。私たちは将来が定まっていることで平安を得るのです。
 それだけではなく、主が全ての創始者として天地万物を創造されたこと、またその天地万物の前に全てを御計画し予定されていることをパウロは語ります(4)。人間は先祖をたどり、根源も知り安心したいのです。それを遡れば神の創造にたどり着くのです。主は私たちを選び、神の子にし(5)、神の子にふさわしい者として罪の贖いと罪の赦し、救いが、御子イエス・キリストの十字架によって成し遂げられたのです(7)。つまり、私たちがどこから生じ、どこへ向かおうとしているのか、またなぜ救われるのかが明らかにされることにより、平安と揺るぎない信仰の確信が与えられるのです。
 この救いの計画は、秘められた計画(奥義)であったが、聖書を通して私たちに示されたのです。そして神の子に定められた者は、聖霊の助けにより、知恵と理解が与えられ、この計画を受け入れ、信じるように導かれるのです(8,9)。
 そして神の子に定められることは、同時に神の相続者とされたことを意味します(11)。「相続者とされる」とは「予定される」とも訳せる言葉です。予定という言葉は、なんだか神の意志に縛られ、人間に自由意志が奪われているような思いがあり、嫌われています。では、私たちには自由な意志がないのでしょうか? 決してそういうことはありません。例えば自分の子供のことを考えて頂きたいと思います。親は、子供を常に見守り、なるべく子供の意志を尊重して、一から十まで自分の定めたとおりに行動させることは行わず、またそういうことは出来ません。しかしその一方、子供が罪となることを行った時には叱り、病気の時は看病して元気になるまで見守ります。社会人として生きていくために必要な教育を施し、さぼろうとすれば尻をたたきます。つまり子供には自由な意志がありますが、一方で大きな意味では枠にはめ、社会生活が出来るように教育していくのです。
 ようするに、神さまが私たちを予定され、神の子として選んで下さる時、私たちの自由な意志を奪って、一から十まで神さまの予定通り型にはめて行動させることはありません。しかし、私たちが神さまを信じることなく滅びに行く様なことはなさらず、神さまの御計画された通り、神さまを求め、神さまを信じるように、導いて下さるのです。
 だからこそ、私たちは、先行きのことを不安に思ったり、嘆いたりする必要はないのです。主が私たちの行くべき道を備えて下さり、ゴールは定められているのです。だから安心・平安があります。もちろん、日々の生活の中には、苦しみ・悩み・嘆きがあることでしょう。いつになったら乗り越えられるのかわからないような苦しみに陥ってしまうこともあるでしょう。しかし、主なる神さまは、私たちと共にいて下さり、私たちに最も良いゴールをお与え下さるお方であり、だからこそ、私たちの日々の苦しみ・悩み・嘆きも全てご存じであり、乗り越えられないような試練はないのです(参照:Tコリント10:13)。
  Tコリント10:13 あなたがたのあった試練はみな人の知らないようなものではありません。
      神は真実な方ですから、あなたがたを耐えることのできないような試練に会わせる
      ようなことはなさいません。むしろ、耐えることのできるように、試練とともに、脱出の
      道も備えてくださいます。
 だからこそ私たちは、予定され、救われ、神の子としての約束にあることを信じて喜び、全てを定め、導いて下さる主なる神さまを信じて、礼拝し、栄光を称えるのです(12)。
 そして、この信仰こそ、今私たちに求められています。神のこの大きな御計画を信じるということは、同時に、今、私たちの教会に与えられようとしている道が、主によって備えられることも信じることです。
 「あなたがたもまた、キリストにおいて、真理の言葉、救いをもたらす福音を聞き、そして信じて、約束された聖霊で証印を押されたのです。」(13) 神によって予定され、選びに定められている私たちは、同時に証印されています。契約書があり、シールが貼られ、印鑑が押されています。この契約は、神の契約書であるからこそ、決して破られることなく、必ず成し遂げられます。だからこそ、私たちは、喜びに満たされて、安心して、信仰生活を送っていくことが出来るのであり、主のために仕えていくことが出来るのです。

                                              (2006.1.15)
COPYRIGHT(C) 2006 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る