【礼拝説教】  「王に仕える」  辻 幸宏牧師



  ダニエル書1章1〜21節 (新共同訳聖書)

   1 ユダの王ヨヤキムが即位して三年目のことであった。バビロンの王ネブカドネツァルが攻めて来て、エルサレムを包囲した。2 主は、ユダの王ヨヤキムと、エルサレム神殿の祭具の一部を彼の手中に落とされた。ネブカドネツァルはそれらをシンアルに引いて行き、祭具類は自分の神々の宝物倉に納めた。
  3 さて、ネブカドネツァル王は侍従長アシュペナズに命じて、イスラエル人の王族と貴族の中から、4 体に難点がなく、容姿が美しく、何事にも才能と知恵があり、知識と理解力に富み、宮廷に仕える能力のある少年を何人か連れて来させ、カルデア人の言葉と文書を学ばせた。5 王は、宮廷の肉類と酒を毎日彼らに与えるように定め、三年間養成してから自分に仕えさせることにした。
  6 この少年たちの中に、ユダ族出身のダニエル、ハナンヤ、ミシャエル、アザルヤの四人がいた。7 侍従長は彼らの名前を変えて、ダニエルをベルテシャツァル、ハナンヤをシャドラク、ミシャエルをメシャク、アザルヤをアベド・ネゴと呼んだ。8 ダニエルは宮廷の肉類と酒で自分を汚すまいと決心し、自分を汚すようなことはさせないでほしいと侍従長に願い出た。9 神の御計らいによって、侍従長はダニエルに好意を示し、親切にした。10 侍従長はダニエルに言った。
  「わたしは王様が恐ろしい。王様御自身がお前たちの食べ物と飲み物をお定めになったのだから。同じ年ごろの少年に比べてお前たちの顔色が悪くなったら、お前たちのためにわたしの首が危うくなるではないか。」
  11 ダニエルは、侍従長が自分たち四人の世話係に定めた人に言った。
  12 「どうかわたしたちを十日間試してください。その間、食べる物は野菜だけ、飲む物は水だけにさせてください。13 その後、わたしたちの顔色と、宮廷の肉類をいただいた少年の顔色をよくお比べになり、その上でお考えどおりにしてください。」
  14 世話係はこの願いを聞き入れ、十日間彼らを試した。15 十日たってみると、彼らの顔色と健康は宮廷の食べ物を受けているどの少年よりも良かった。16 それ以来、世話係は彼らに支給される肉類と酒を除いて、野菜だけ与えることにした。
  17 この四人の少年は、知識と才能を神から恵まれ、文書や知恵についてもすべて優れていて、特にダニエルはどのような幻も夢も解くことができた。18 ネブカドネツァル王の定めた年数がたつと、侍従長は少年たちを王の前に連れて行った。19 王は彼らと語り合ったが、このダニエル、ハナンヤ、ミシャエル、アザルヤと並ぶ者はほかにだれもいなかったので、この四人は王のそばに仕えることになった。20 王は知恵と理解力を要する事柄があれば彼らに意見を求めたが、彼らは常に国中のどの占い師、祈祷師よりも十倍も優れていた。21 ダニエルはキュロス王の元年まで仕えた。


 2月11日は、建国記念の日で、戦前・戦中では紀元節として神武天皇が即位し、日本が始まった日とされて祝われていました。つまりこれは以前森前首相が語っていた「天皇を中心とする神の国」を建設する趣旨のある休日であり、1966年に制定されました。そして現在検討されています自民党の憲法改正の動きは、この延長線上にあります。日本の教会は戦時中、神社参拝を行い、戦争に協力したのです。同じ過ちを繰り返してはなりません。
 ダニエル書1章では、バビロンがエルサレムを包囲した(1)とありますがバビロンの王ネブカドネツァルは最初BC605年にエルサレムを包囲し、BC586年にエルサレムは陥落し、ユダは捕囚の民となります。
 しかし私たちが覚えなければならないのは、この重大な事件は「主が」なされた行為であることです(2)。つまりユダの王ヨヤキムは、「彼は自分の神、主の目に悪とされることを行った」(歴代下36:5)故に主の裁きとしてユダは滅ぼされます(参照:エレミヤ36:30-31)。
 このことは非常に重要です。つまり地上の国は、軍事力を強めることにより、他国を攻めて勝利し支配することも出来るし、また他国の侵略からの抑止力を持つと考えます。現在日本の憲法改正の動きは、この流れにあります。しかし、国の栄光盛衰は主の御手にあり、主の御意志がなければ、何事も事を始めることはないのです。
 さてバビロンはユダを征服し、補囚の民とし、ダニエルたちも捕らえられバビロンにおいて教育させられていくのですが、一国が他国を支配するとどのようなことがなされるのでしょうか。第二次大戦中、日本が朝鮮を占領した時のことを例に挙げることができます。七奪を行ったと言われています。@国王・A主権・B土地・C資源・D国語(言葉)・E姓名・F人命ですね。他にも、文化・宗教・自由など様々なことが考えられます。戦争になれば、当たり前の如くに行われます。しかしこうした行為は、隣人の苦しみを覚えることのできない罪であり、バベルの塔(創世記11章)以来繰り返されてきたことです。
 ダニエルたちも似た状況に置かれたのであり、非常なる屈辱を味わいます。ダニエルたちは名前を奪われ、バビロン名が与えられます(7)。しかしダニエルたちは屈辱の中、バビロンの王ネブカドネツァルに従います(参照:ローマ13:1-2)。その結果、彼らは王に認められ、王に仕える者となります(19-20)。
 しかしダニエルたちは、一つだけ王に逆らいます。それは信仰です。ダニエルが肉を食し酒を飲まなかったのは(8)、異教の神に献げられていたためであり、偶像崇拝に加わることを彼らは恐れたのです。王に逆らうことは非常に勇気のいることです。そしてこうしたことは誰しも恐ろしいのです。口で語ることは簡単ですが、自らの命に関わることであれば不本意であっても命令に従うことが多いのです。こうして妥協したのが、第二次大戦中の多くの日本の教会であり、朝鮮の教会の中にも妥協を行った人々もいたのです。しかしダニエルのように信仰の戦いを行い、神社参拝を拒否し続けたのが、朱基徹牧師や趙錫玉女史であり、この信仰を受け継ぐのが、私たちと宣教協力を行っている高神派です。
 ダニエルたちは王に逆らうことにより死にいたることも充分考えられる時に、主に従い、王に逆らったのです。こうした行動が私たちにも求められているのです。「命のあっての信仰ではないか」と言われます。しかし、私たちが誰によって救われ、どこに向かって歩んでいるのか、何が一番の喜びであるのかを忘れてはならないのです。私たちは救われたのです。死からの解放です。永遠の生命です。それは万物の創造者であり、統治者である主なる神によって与えられたのです。そのために、御子イエス・キリストは十字架の死に渡され、三日目に復活して下さいました。これこそ私たちの贖いのためだったのです。だからこそ、私たちは希望があるのです。
 私たちが迫害に遭い、尋問される時が来るかも知れません。しかし、戦うのは主であり、私たちは主に従えばよいのです。主が弁明の言葉を語って下さいます(マルコ13:3b〜13)。だからこそ私たちは、信仰の武具を身につけ、御言葉の養いと聖霊の働きを信じて、また永遠の生命の希望を持って、歩み続けましょう(エフェソ6:10〜20)。

                                              (2006.2.12)
COPYRIGHT(C) 2006 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る