トップ > 説教要約 > 2006年受難週説教


【受難節の説教】  「キリストの十字架」  辻 幸宏牧師


  マルコによる福音書15章21〜32節(新共同訳聖書)

  21 そこへ、アレクサンドロとルフォスとの父でシモンというキレネ人が、田舎から出て来て通りかかったので、兵士たちはイエスの十字架を無理に担がせた。22 そして、イエスをゴルゴタという所――その意味は「されこうべの場所」――に連れて行った。23 没薬を混ぜたぶどう酒を飲ませようとしたが、イエスはお受けにならなかった。24 それから、兵士たちはイエスを十字架につけて、
 その服を分け合った、
 だれが何を取るかをくじ引きで決めてから。
25 イエスを十字架につけたのは、午前九時であった。26 罪状書きには、「ユダヤ人の王」と書いてあった。27 また、イエスと一緒に二人の強盗を、一人は右にもう一人は左に、十字架につけた。28 (†底本に節が欠落 異本訳)こうして、「その人は犯罪人の一人に数えられた」という聖書の言葉が実現した。29 そこを通りかかった人々は、頭を振りながらイエスをののしって言った。「おやおや、神殿を打ち倒し、三日で建てる者、30 十字架から降りて自分を救ってみろ。」31 同じように、祭司長たちも律法学者たちと一緒になって、代わる代わるイエスを侮辱して言った。「他人は救ったのに、自分は救えない。32 メシア、イスラエルの王、今すぐ十字架から降りるがいい。それを見たら、信じてやろう。」一緒に十字架につけられた者たちも、イエスをののしった。



 主イエスの十字架を覚える受難節に入りました。この一週間は、特に、キリストが十字架に架けられなければならなかった原因となります自らの罪を顧みつつ、悔い改めと救いの感謝をもって、日々歩み続けなければなりません。
 主イエスは、ガリラヤにおいて宣教活動を行っている間、権威ある御言葉と病気の癒しによる奇跡により、人々に賞賛され、いわば英雄として、多くの群衆がイエス様の後を追ってきていました。そのため、イエス様に対して敵対視していました祭司長や律法学者も、群衆の目を気にして、捕らえることが出来ませんでした。しかし、事態は一変致します。イスカリオテのユダの手引きにより主イエスは捕らえられ、最高法院と総督ピラトの前で裁判を受けることとなります。この時、人々は態度を一変させます。主イエスは、犯罪者・死刑囚です。一部の女性の弟子たちを除いて、今までのように主イエスに慕ってくる人々はいません。人々の目には、主イエスは英雄ではなく、死刑囚です。主イエスの弟子たちすら逃げ出したのであり、なおも主イエスに慕っている者があったとしても、同じ罪を背負う羽目に陥ることを恐れます。さらに人々は、主イエスをののしります。神としていた人をののしります(=冒涜)。神を冒涜する者は死に値します(レビ24:15-16)。つまり、人々は、神の子として信じていた主イエスよりも、人を殺す権威を持っている為政者を恐れるのです。罪の赦しと救いによる永遠の生命ではなく、今の肉の命乞いをするのです。
 自己保身に走るこの姿こそ、人間の本質であり、私たちの姿です。私たちは、「人々」・「群衆」・「市民」・「国民」といった言葉を聞くと、自分には関係のない一般の人々と感じてしまいます。ここに、自分の姿を置かないのです。だからこそ、私たちは、キリストの十字架が、他人事となってしまうのです。しかし、十字架の周囲にいる人々こそ、私たち自身であることを、旧約の預言者は語ります(イザヤ53:3〜4)。ここでイザヤは、「人々」を「わたしたち」と言い換えているのです。キリストを十字架に架け、ののしっている人々こそ、私自身の姿なのです。
 キリストの十字架が、私たち自身のためであったことが現実視されないもう一つの原因は、現代人は人の死そのものに向き合うことが非常に少なくなっていることです。十字架の上で苦しむキリストの姿にリアルさがないのです。ほとんどの人が、通常の生活において、人が苦しみ、死にゆく姿を見ることがなくなっています。戦争が行われていることを知っていても、そこで流される映像には、人々の苦しみ・悲しみが映し出されることなく、テレビゲーム感覚です。人の苦しみ、人が殺されゆく姿の残酷さを、私たちは知りません。人の痛みが理解できないのです。人の死が、現実の問題であるにもかかわらず、空想の世界に陥っています。だからこそ、今日、人を殺したり、傷つけたり、だましたり、姦淫したり、人の苦しみを理解することのない犯罪が増えてきているのです。
 しかし、私たちは、十字架に架けられ、苦しみつつ息を引き取るキリストの十字架を現実視しなければなりません。そしてキリストの十字架は、私たちが群衆の一人となり、賛成していったのです。キリストは、まさに私たちの罪のために、十字架に架かられるのです。だからこそ、私たちはもう十字架を担ぎ、十字架上で苦しむ必要はないのです。
 福音書は、15:28の言葉を欠きます。後の時代の加筆とみなされています。しかしここに真理があります。「こうして、「その人は犯罪人の一人に数えられた」という聖書の言葉が実現した」。イザヤ53:12で語られていたを語ります。「聖書の言葉が実現した」。この言葉は、私たちの救いは、旧約聖書においてすでに語られてきた事実であり、主の大きな救いの御業の中に、私たちは組み入れられていることを語っているのです。
 人々が語った「おやおや、神殿を打ち倒し、三日で建てる者、十字架から降りて自分を救ってみろ。」(29)は、主イエス自身がヨハネ2:19において語られた言葉です。この言葉もまた、主イエスの十字架と復活のより、成就したのです。キリストを十字架に架けるような私たちの罪が、このキリストの十字架の死と復活により赦され、命が与えられる者とされているのです。だからこそ、私たちは、キリストの十字架の苦しみという痛ましい現実を覚えつつも、そこにある神さまの愛と救いに感謝して、喜びに溢れたいものであります。

                                               (2006.4.9)


COPYRIGHT(C) 2005 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る