トップ > 説教要約 > 2006年復活節週説教


【復活節の説教】  「キリストの復活」  辻 幸宏牧師


  マルコによる福音書16章1〜8節(新共同訳聖書)
  1 安息日が終わると、マグダラのマリア、ヤコブの母マリア、サロメは、イエスに油を塗りに行くために香料を買った。2 そして、週の初めの日の朝ごく早く、日が出るとすぐ墓に行った。3 彼女たちは、「だれが墓の入り口からあの石を転がしてくれるでしょうか」と話し合っていた。4 ところが、目を上げて見ると、石は既にわきへ転がしてあった。石は非常に大きかったのである。5 墓の中に入ると、白い長い衣を着た若者が右手に座っているのが見えたので、婦人たちはひどく驚いた。6 若者は言った。「驚くことはない。あなたがたは十字架につけられたナザレのイエスを捜しているが、あの方は復活なさって、ここにはおられない。御覧なさい。お納めした場所である。7 さあ、行って、弟子たちとペトロに告げなさい。『あの方は、あなたがたより先にガリラヤへ行かれる。かねて言われたとおり、そこでお目にかかれる』と。」8 婦人たちは墓を出て逃げ去った。震え上がり、正気を失っていた。そして、だれにも何も言わなかった。恐ろしかったからである。


 私たちがイースターを喜ぶのは、キリストが死から復活を遂げて下さったからです。しかし人が甦ることを、私たち人間は、簡単に理解できることではなく、受け入れられることでもありません。それはいつの時代でも同じです。このことは、主イエスが復活をしたことの知らせに対して、マルコ福音書が「恐ろしかったからである。」という言葉をもって終わっていることからも納得することが出来るのではないでしょうか。
 さて、主イエスは、金曜日の朝に十字架に架けられ、そしてその日の午後3時頃には、息を引き取られます。ピラトは百人隊長に確認させ、兵士は槍で突き刺してそのことを確認します。そして主イエスは、アリマタヤ出身の身分の高い議員ヨセフに引き取られ、葬られます(15:42-47)。夕方になり日が暮れますと安息日になりますから、急いで埋葬されたことになります。しかし時間のない中、主イエスの遺体は、一通りの埋葬のための手だてがなされていました(15:46、ヨハネ19:40)。
 しかし、安息日が終えた日曜日の朝早く、マグダラのマリアとヤコブの母マリア、サロメは、主イエスの遺体に改めて油を塗るために墓に行きます(1,2)。人の遺体は、日に日に腐敗します。現代のようにドライアイスなどありません。特に主イエスの遺体は、兵士たちによる鞭の跡、手足には十字架の釘の跡、胸には兵士による槍の跡があります。体中、傷だらけです。化膿するのも早いでしょう。足かけ三日目の朝ですから、すでに腐敗は始まっていたと考えられます。しかし女性たちは、愛するイエスさまを、大切に埋葬するため墓に行き、改めて油を塗ろうとしたのです。主イエスが死を遂げた金曜日には、何もすることが出来ず、お別れをすることが出来なかったからです。
 しかし女性たちは、墓の前にある大きな石が気がかりでした(3)。入ることが出来ません。ですから、彼女たちは主イエスの遺体を葬るために墓に来たのであり、復活をすると言うことは、毛頭考えていなかったのです。しかし、墓の前に来るとどうであったか。石は既にわきへ転がしてあったのです(4)。ここでの彼女たちの思いはどうであってでしょうか。石のことを気にすることがなく、墓の中に入れる喜びがあったでしょうか。否。何か不気味なものを感じていたのではないでしょうか。
 さらに彼女たちは、すぐにひどく驚く事となります。墓の中に、白い長い衣を着た若者が座っていたからです(5)。彼は他の福音書を見ると、天使であったことが分かります。この時彼女たちは、ここで、何かは分からないが、何かの力がここに働き、大きな御業を成し遂げられていることに気が付くのです。それが驚きです。呆然として、何も考えられない状態ではなかったでしょうか。
 こうした状況の中で、天使である若者は淡々と語り始めます。6〜7 「驚くことはない。あなたがたは十字架につけられたナザレのイエスを捜しているが、あの方は復活なさって、ここにはおられない。御覧なさい。お納めした場所である。さあ、行って、弟子たちとペトロに告げなさい。『あの方は、あなたがたより先にガリラヤへ行かれる。かねて言われたとおり、そこでお目にかかれる』と。」彼女たちは、何が起こっているのか分からない状態で、この若者の言葉を聞き、初めて主イエスの遺体がないことに気が付いたかも知れません。しかし、この若者の言葉こそが、マルコによる福音書における主イエスの復活を伝える唯一の言葉なのです。すでに彼女たちの想定していたことを超えたことが次々に起こっていたわけですが、主イエスが復活して、この場にはいないことなど、さらに考えられない事だったのです。十字架の上で、苦しみながら息を引き取られた方が、ガリラヤまで行かれたことなど、理解不能です。
 しかし考えられないことであり、不可能であると信じ切っている死人の復活が、主イエスの身に起こったのです。ここに主の偉大な力が及ぶ御業が成し遂げられたのです。この主の偉大な御業に出会った者は、パニックになり、震え上がるのです。常識であったことが、覆されるのです。しかしここにある主の御力を知り、受け入れる事こそが、私たちに求められているのです。
 女性たちは、この後どうでしたでしょうか。女性たちはこの後、復活した主イエス・キリストに出会い(マタイ28:9)、信じて、そして喜んで弟子たちに伝えたのです。それは、キリストが主によって甦えさせられた。この力が主にあり、そして、救いをもたらして下さる主は、私たちにも、同じように復活をお与え下さる希望と約束に入れて下さっているのです。だからこそ、私たちはキリストの復活に感謝し、喜ぶのです。
 昨年、私たちの教会では、二人の姉妹が召されました。そして、今日、この後、墓地において、納骨がなされます。しかし、キリストが復活して、震え上がる程驚いたように、この二人の姉妹も、そして私たちも、肉体の死を遂げても、キリストの再臨の時には、復活し、永遠の生命が約束されているのです。そして、あのずっと寝込んでいたM姉も天国において、元気に復活の体が与えられ、再会することが出来るのです。この驚き、喜びを、私たちは信じて、受け入れていただきたいものです。

                                               (2006.4.16)


COPYRIGHT(C) 2005 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る