【クリスマスの説教】  「真の喜び」  辻 幸宏牧師



マタイによる福音書2章1〜12節
  1 イエスは、ヘロデ王の時代にユダヤのベツレヘムでお生まれになった。そのとき、占星術の学者たちが東の方からエルサレムに来て、2 言った。「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。わたしたちは東方でその方の星を見たので、拝みに来たのです。」3 これを聞いて、ヘロデ王は不安を抱いた。エルサレムの人々も皆、同様であった。4 王は民の祭司長たちや律法学者たちを皆集めて、メシアはどこに生まれることになっているのかと問いただした。5 彼らは言った。「ユダヤのベツレヘムです。預言者がこう書いています。
  6 『ユダの地、ベツレヘムよ、
   お前はユダの指導者たちの中で
   決していちばん小さいものではない。
   お前から指導者が現れ、
   わたしの民イスラエルの牧者となるからである。』」
  7 そこで、ヘロデは占星術の学者たちをひそかに呼び寄せ、星の現れた時期を確かめた。8 そして、「行って、その子のことを詳しく調べ、見つかったら知らせてくれ。わたしも行って拝もう」と言ってベツレヘムへ送り出した。9 彼らが王の言葉を聞いて出かけると、東方で見た星が先立って進み、ついに幼子のいる場所の上に止まった。10 学者たちはその星を見て喜びにあふれた。11 家に入ってみると、幼子は母マリアと共におられた。彼らはひれ伏して幼子を拝み、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた。12 ところが、「ヘロデのところへ帰るな」と夢でお告げがあったので、別の道を通って自分たちの国へ帰って行った。



 人々は、イルミネーションの光により、クリスマスを満喫します。しかし、そこには本当の喜びはありません。その時ばかり、虚像に過ぎません。クリスマスの本当の喜びとは、肉体の死を遂げても復活し、永遠の生命に導いて下さる真の救い主と出会うことです。
 マタイ2章の御言葉には、救い主(メシア)に出会い、真に喜び、多くの時間と経済的なものを主に献げ、御子の御降誕に駆けつけ、礼拝する東方の博士たちについて語られています。彼らはバビロン人か、アッシリア人であったと言われていますが、どこの人であり、何人いたのかも聖書は、はっきりとは語りません。しかし、ユダヤ人からすれば異邦人であり、占星術の学者であったことからも偶像を拝んでいた者であったのです。さらにバビロン人であったとしても、アッシリア人であったとしても、彼らにとってはユダヤ人はかつて征服した国であり、小国に過ぎない存在であったのです。
 しかし、主の御霊によって指し示され、召された彼らは、ユダヤ人の王としてお生まれになる御子の御降誕に駆けつけるのです。500kmなり、1000kmなりを旅するには、往復で数ヶ月は必要であったでしょうし、経済的な負担も多大です。しかし、彼らは、小国であり、いわば蔑んでいた国に生まれた王の誕生を祝い、拝みに行くのです。ここに真の救いの喜びに満たされた者の姿が伺えます。
 ユダヤ人にとっては、アブラハムの子孫、ダビデの子孫として、メシアが与えられることが主によって預言されていたのです。そのことが真実に、成就したことを、マタイに夜福音書は、1章において、証しいたします。しかし、救い主の誕生を、イエスの母となるマリアを初め極少人数を除いて、ユダヤ人たちは誰も祝おうとはしないのです。否、ユダヤ人の王として立てられているヘロデは、御子の誕生を祝わないばかりか、権力欲の故に、幼子を皆殺しにしようと行動を起こすのです。
 このことは、福音がユダヤ人に留まることなく、異邦人にも、そして異教徒の人々にも届けられることを、主は語っているのです。事実、福音書を閉じるにあたり、復活した主イエスは、「わたしは天と地の一切の権能を授かっている。だから、あなたがたは行って、すべての民をわたしの弟子にしなさい。彼らに父と子と聖霊の名によって洗礼を授け、あなたがたに命じておいたことをすべて守るように教えなさい。わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる。」(マタイ28;18-20)と、全世界への真の救いの喜びを宣べ伝えるように語っておられます。

 真のクリスマスの喜びとは、表面的な装飾の美しさを魅了する所にあるのではありません。また、自分は神の民であると信じつつも、神の御言葉を信じて、神の御声に聞き従うことなく、自らの欲望を追い求めている者の上にも、真の喜びはありません。真のクリスマスの喜びは、主の御霊によって示され、真の救い主(メシア)に出会う者、イエス・キリストに出会い、信じる者、信じて御声に聞き従う者、主のために時間と財政的なものと、賜物とを献げ、主に仕える者の上に訪れるのです。
 そして真の喜びは、一瞬にして過ぎ去るものではありません。一生の喜びであり、人生を変えるものです。


                                              (2006.12.13)





戻る