【クリスマスの説教】  「真の王の支配」  辻 幸宏牧師



マタイによる福音書2章13〜23節
  13 占星術の学者たちが帰って行くと、主の天使が夢でヨセフに現れて言った。「起きて、子供とその母親を連れて、エジプトに逃げ、わたしが告げるまで、そこにとどまっていなさい。ヘロデが、この子を探し出して殺そうとしている。」14 ヨセフは起きて、夜のうちに幼子とその母を連れてエジプトへ去り、15 ヘロデが死ぬまでそこにいた。それは、「わたしは、エジプトからわたしの子を呼び出した」と、主が預言者を通して言われていたことが実現するためであった。
  16 さて、ヘロデは占星術の学者たちにだまされたと知って、大いに怒った。そして、人を送り、学者たちに確かめておいた時期に基づいて、ベツレヘムとその周辺一帯にいた二歳以下の男の子を、一人残らず殺させた。17 こうして、預言者エレミヤを通して言われていたことが実現した。
  18 「ラマで声が聞こえた。
  激しく嘆き悲しむ声だ。
  ラケルは子供たちのことで泣き、
  慰めてもらおうともしない、
  子供たちがもういないから。」
  19 ヘロデが死ぬと、主の天使がエジプトにいるヨセフに夢で現れて、20 言った。「起きて、子供とその母親を連れ、イスラエルの地に行きなさい。この子の命をねらっていた者どもは、死んでしまった。」21 そこで、ヨセフは起きて、幼子とその母を連れて、イスラエルの地へ帰って来た。22 しかし、アルケラオが父ヘロデの跡を継いでユダヤを支配していると聞き、そこに行くことを恐れた。ところが、夢でお告げがあったので、ガリラヤ地方に引きこもり、23 ナザレという町に行って住んだ。「彼はナザレの人と呼ばれる」と、預言者たちを通して言われていたことが実現するためであった。


 一年を振り返りますと、日本全体がどこに行くのだろうか、不安をかき立てられます。しかし、それでも私たちは暗闇の中を歩んでいるのではないのです。そうです。クリスマスの夜にお生まれ下さったイエス・キリストによる救い、つまり希望の光が与えられているのです。私たちの進むべき道は、救いの道、希望の道です。だからこそ、私たちは、クリスマスに、自分の誕生日を祝うように、キリストの誕生をお祝いするのです。
 さて今日与えられた御言葉には、キリストが救い主として王の姿を取られることなく、弱い赤ちゃんが権力者であるヘロデ王に追われ、両親と共に逃げ惑う姿が語られています。
 ヘロデ王はユダヤ人ではなくイドマヤ人であったため、ユダヤ人を治めるため、気を使っていた一面も持ち合わせ、ユダヤ人たちの切望する神殿を再建しました。旧約の時代、ソロモンが神殿を完成させますが、バビロン補囚の時に神殿は破壊されます。帰還した後、神殿を再建しますが、これもBC37年にローマのポンペイウスによって破壊されていたのです。ヘロデ王はこの神殿を再建するのです。これは信仰心の故ではなく、権力を維持するためでした。そのことを証明するのが、妻であろうが、子どもであろうが、自らの王の権力を奪おうとする者を、ことごとく捕らえ、殺していたのです。
 そしてユダヤの王としてお生まれになったイエスにも危険が差し迫るのです(2:16)。そして多くの子どもたちが殺され、その家族は悲しみに包まれるのです。エレミヤ書31章には、バビロン補囚から帰還したイスラエルの民たちの嘆きが語られています。彼らがラマに帰還すると、ここにイスラエル=ヤコブの妻ラケルの墓があり、イスラエルの人々は、この時のイスラエルの状況を、ラケルの悲しむ声に例えたのです。しかし旧約のイスラエルの民たちは、国を復興することにより希望に満たされていくのです。まさしく主イエスがお生まれになった頃、ベツレヘムにおいては、多くの母親たちの嘆き悲しむ声が響き渡っていたわけですが、同時に真の喜びであり希望である救い主がお生まれになったのです。
 つまりメシアの誕生は、ヘロデに命が狙われている人たち、実際に家族の命が奪われ悲しみ嘆きの中にあった人たちに与えられた希望の光であったのです。
 しかし、この真の救い主はヘロデから逃げるのです。真の力ある王であれば、ヘロデ王を成敗し、正義がすぐに人々に示されると、誰もが信じる者とされたことでしょう。しかし、メシアは、両親に抱かれ、エジプトに逃げるのです。
 それはなぜか? 第一には、この世にお生まれになられたメシアは、紛れもなく一人の人間であったからです。つまりイエス様は、神でありつつも私たちと同じ弱さを担う人間となられたのです。暗闇の中を歩んでいる私たちを救い、希望に導くためには、暗闇の中、罪にまみれている私たちのこの罪を償う必要があったのです。そして罪の償いは、人間でなければ出来ないのです。救い主であるイエス・キリストが、真の仲保者となるには、私たちの罪を償うために、人として遜られる必要があったのです。そしてキリストは、私たちに代わって、人として十字架に架けられ、苦しみ、死を遂げて下さったのです。ですから、一見、救い主が逃げ惑い、十字架による死を遂げることは、弱々しく感じられるでしょうが、実はこのことこそ私たちを暗闇から救い出し、真の希望へと導いて下さるためには必要なことであったのです。だからこそ私たちは、クリスマスを喜ぶのです。
 イエス様が逃げ隠れたもう一つの理由は、キリストこそが信の平和をもたらす方だからです。平和をもたらすために武力を用いることは、決して問題を解決した平和には繋がらないことは、歴史が物語っていることです。しかし私たちの救い主幼子イエスは、武器をもってイエスを殺そうとしているヘロデ王に対して、対等に戦おうとはされません。むしろそれを避けられます。これは消極的な方法であり、積極的な方法としては話し合い和解をすることも考えられます。逃げることは消極的な方法かもしれませんが、これも争いを起こさない一つの手なのです。そして主は再臨された時、真の平和を天国にもたらして下さいます。だからこそ、私たちは、この地上にあって主がお与え下さった平和をもたらすための知恵を用いなければならないのです。


                                              (2006.12.24)





戻る