【クリスマスの説教】  「幼子を祝う者たち」  辻 幸宏牧師



ルカによる福音書2章1〜20節
  1 そのころ、皇帝アウグストゥスから全領土の住民に、登録をせよとの勅令が出た。2 これは、キリニウスがシリア州の総督であったときに行われた最初の住民登録である。3 人々は皆、登録するためにおのおの自分の町へ旅立った。4 ヨセフもダビデの家に属し、その血筋であったので、ガリラヤの町ナザレから、ユダヤのベツレヘムというダビデの町へ上って行った。5 身ごもっていた、いいなずけのマリアと一緒に登録するためである。6 ところが、彼らがベツレヘムにいるうちに、マリアは月が満ちて、7 初めての子を産み、布にくるんで飼い葉桶に寝かせた。宿屋には彼らの泊まる場所がなかったからである。
  8 その地方で羊飼いたちが野宿をしながら、夜通し羊の群れの番をしていた。9 すると、主の天使が近づき、主の栄光が周りを照らしたので、彼らは非常に恐れた。10 天使は言った。「恐れるな。わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。11 今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。12 あなたがたは、布にくるまって飼い葉桶の中に寝ている乳飲み子を見つけるであろう。これがあなたがたへのしるしである。」13 すると、突然、この天使に天の大軍が加わり、神を賛美して言った。
  14 「いと高きところには栄光、神にあれ、
    地には平和、御心に適う人にあれ。」
  15 天使たちが離れて天に去ったとき、羊飼いたちは、「さあ、ベツレヘムへ行こう。主が知らせてくださったその出来事を見ようではないか」と話し合った。16 そして急いで行って、マリアとヨセフ、また飼い葉桶に寝かせてある乳飲み子を探し当てた。17 その光景を見て、羊飼いたちは、この幼子について天使が話してくれたことを人々に知らせた。18 聞いた者は皆、羊飼いたちの話を不思議に思った。19 しかし、マリアはこれらの出来事をすべて心に納めて、思い巡らしていた。20 羊飼いたちは、見聞きしたことがすべて天使の話したとおりだったので、神をあがめ、賛美しながら帰って行った。


 御子が、私たちのために遜られ、人間の姿を取られました。私たちは、この事実を喜び称えます。神様から、主イエスという最高のプレゼントいただいたからです。
 ところで最初のクリスマス、御子がお生まれになられた時はどうであったのか? 誰も祝う者がいない寂しいクリスマスであったのです(2:1-7)。その中、イエスの誕生をお祝いに来たのが羊飼いでした(2:8-20)。主の使いが羊飼いたちに現れたのです(8)。その時彼らは非常に恐れます。羊飼いたちは、恐れをもってクリスマスが始まったのです。
 私たちはクリスマスに恐れがあるでしょうか? 彼らは恐れがあった科こそ、天使立ちの語った良い知らせを受け入れる事が出来たのです。つまり彼らは、救い主がお生まれになったことが真実として受け入れ、心からの喜び、神を讃美することが出来たのです。
 なぜ『恐れ』が重要なのか? 羊飼いたちの恐れは、真っ暗な夜に光り輝く天使が、突然現れたからでした。人間誰しもが持っている、宗教的な恐れでしょう。しかし天使は「恐れるな」と語ります。この天使の言葉は、彼らにのみ語られたのではなく、日々の歩みの中、不安・恐れ・恐怖の中生活している私たちに語られているのです。
 そして天使は「わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる」と語ります(10)。主が私たちに喜びを与えて下さるのです。だから恐れることはないのです。主が与えて下さった喜び、つまりこれが救い、福音です。
 聖書の中で、羊飼いは重要な働きを担います。主は良い羊飼い(ヨハネ10章)であり、詩編23編も有名です。ところが当時ユダヤ人社会では、羊飼いは軽蔑された存在でした。特別の教養もなく肉体労働です。定住もせず野宿です。また獣たちと常に一緒におり、獣くさい臭いを漂わせています。そして彼らはユダヤ人から「うそつき」の代名詞が与えられ、差別の対象でした。つまりこの時代、羊飼いは最も蔑まされていた人たちだったのです。
 この羊飼いたちに対して、天使は現れ、良い知らせを伝えたのです。将来に対する特別な希望もなく、人々にさげすまされ、軽蔑されていた人たちに対して、戸惑うこともなく、天使は、近づき、語って下さいました。これこそが福音です。福音とは、求めるものではなく、与えられるものです。人々にさげすまされている者、将来に対して希望のない者、病気で苦しんでいる者、悩みに陥っている者、それぞれの人々が痛みを覚え、不安を覚え、将来が見えない生活をしている人たちに対して、主は使いを通して語りかけて下さいます。この羊飼いの姿こそ、肉体の死と罪による永遠の裁きを待ち受けている私たちです。
 羊飼いに、そして私たちに与えられた福音とは何か?「今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである」のです(11)。ここでお生まれになられたイエスは、主によって油注がれた王です。まことに神であられる主が、私たちのために遜って下さり、貧しい姿を取られたのです。恐れを抱き、恐怖を抱いて歩んでおりました私たちに、喜びをもたらして下さるために、永遠の主である方が、遜って人間の姿をとられたのです。それだけではなく、生涯、そして死にあっても遜られたお方です。罪もなく、十字架に架かられ、血を流され、苦しまれ、死にて葬られたのです。そして、主を信じる羊飼いに、そして私たちに罪の赦しと永遠の生命の祝福をお与え下さったのです。羊飼いたちは、この救い主(メシア)である幼子イエス・キリストに出会ったのです。地上の生涯の中では、苦しみが多く、虐げもあります。希望も見えないです。しかし、救い主に出会い、この方による救いが与えられたのです。その救い主と出会ったのです。だからこそ、彼らは喜び祝うのです。そして私たちもクリスマスを喜び祝うのです。
 私たちは、恐れを知るからこそ、真の救い、真の命が知らされ、与えられた時、心の底からの喜びと感謝が出てくるのです。


                                              (2006.12.24)





戻る